恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ:婚活 > こりゃいかん編

恋愛で何かあると仕事を休む女子社員A子がいた。特に週明けは休む率が高く、不安定ランキング1位である。彼女の上司のコメントに驚いた。『仕事しなくてもいいから、とにかく会社に来る習慣だけでも身につけようか!』なんという平和さであろうか・・・。 ここからA子は二日
恋愛で何かあると
仕事を休む女子社員A子がいた。


特に週明けは休む率が高く、
不安定ランキング1位である。


彼女の上司のコメントに驚いた。


『仕事しなくてもいいから、
とにかく会社に来る習慣だけでも身につけようか!』


なんという平和さであろうか・・・。

 
ここからA子は二日酔いでも休みだし、
どんどんメンヘラ化していった。
甘やかされたことが気の毒でもある。


『俺だって、月曜日なんて来たくないんだよー!
サザエさん症候群だよ?三重県さんもそうだろう?』


急に話をふられた。


『月曜に苦しいってことは、ないですね・・・』


小さな声で答えた。


小学生や中学生の頃は
月曜日が苦しかった記憶がある。


あぁ、また一週間が始まるのか・・・と。
早起きが苦手だったのだ。


そんなこんなで一応、
サザエ経験済みである。


大人になって婚活を始めてからは、
『曜日』という概念が消えた。


婚活の予定がある日が平日(仕事)、
婚活の予定がないと休日。


もはや昼の仕事は、
予定としてカウントしていなかった。


職場は容姿や年齢で
人格を否定されることもない。


自分を結婚相手として、
必死に売り込まなくてもいい。


自分が選ばれない現実を知って、
心がざわつくこともない。


OLの仕事は安心できたものだ。
職場に行って働けばいいだけ・・・!


・・・いや、
普通は仕事の方が大変だろうから、
私が異常だったのか。


仕事よりも、恐怖の婚活・・・・!


47

突然だがこちら、朝に起こしてほしい芸能人ランキング。(過去記事です)第1位 向井理さん・・・12.4%第2位 福山雅治さん・・・8.7% 第2位 西島秀俊さん・・・8.7% 第4位 三浦春馬さん・・・3.7% 第5位 岡田准一さん・・・2.5% 第5位 岡田将生さん・・・2.5% 起こし

突然だがこちら、
朝に起こしてほしい芸能人ランキング。
(過去記事です)



第1位 向井理さん・・・12.4%
第2位 福山雅治さん・・・8.7%
第2位 西島秀俊さん・・・8.7%
第4位 三浦春馬さん・・・3.7%
第5位 岡田准一さん・・・2.5%
第5位 岡田将生さん・・・2.5%



起こして欲しいというか・・・、
世紀のイケメンを並べただけな気もする。


大歓迎の面々。
きっと6位以降もイケメンが
ずらっと並ぶのであろう。


それにしても起きぬけの汚い姿
(スッピン&ぼろぼろ)を、
イケメンズに晒すなんて・・・。


彼らに会う機会があれば朝一ではなくて、
完璧に身支度をした後にしてほしい。


それでも真っ直ぐに見る自信はないが。


起こしてほしいという目的でいくと、
目が覚めるのはアントニオ猪木さんだな。


E12E02F8-6445-4E74-8351-E4FE657F3E9F



朝から鬱陶しい可能性があるが
声の大きな人が安心よ。
尚、ビンタは勘弁いただきたい。


ちなみに、女性バージョンもあった。


 第1位 綾瀬はるかさん・・・11.5%
第2位 新垣結衣さん・・・10.1%
第3位 石原さとみさん・・・7.9%
第4位 上戸彩さん・・・5.0%
第5位 ベッキーさん・・・4.3


これ・・・
どこかでみたことがあるな。


そうだ嫁にしたい芸能人ランキングだ。


きっと30位くらいまで
美女が並ぶのであろう。


美女メンバーは固定のまま、
様々なランキングに応用可能。


・一緒に花火に行きたい芸能人
・海に行きたい芸能人
・恋人にしたい芸能人


微妙なニュアンスの違いで、
美女たちの順番が前後するだけ。


固定の30名の中から選ばれるので大差なし。


どんなランキングに名前を変えようが
名が上がるのは上位30人なのであった。
(※抱かれたくないなどの、負のランキングも同じ)


楽しむことだけに注力し、
深追いしてはならぬ。


『年下もいいかなって思ってきた~!』友人A子(アラフォー)からLINEがきた。どうやら深田恭子さんと亀梨君のドラマで触発されたようだ。 年下イケメンとの恋愛ものである。 当時はこの手のストーリーが多く、綾瀬はるかさんと福士君など目にも優しい作品がずらり。世の流

『年下もいいかなって思ってきた~!』


友人A子(アラフォー)からLINEがきた。


どうやら深田恭子さんと亀梨君の
ドラマで触発されたようだ。

 
年下イケメンとの恋愛ものである。


 
当時はこの手のストーリーが多く、
綾瀬はるかさんと福士君など
目にも優しい作品がずらり。


世の流れに対し、
男友達が一言ピシャリ。



『あんな年上はいない』


 
そう言われるとぐうの音も出ないが、
あんな年下だっていない。

 
存在しない者同士の、
演劇であったか。


ここで待ったをかけたのがディズニーである。
実写版・シンデレラが公開された。


シンデレラストーリーという言葉があるように、
ある日突然、
人生がガラリと変わる代名詞・シンデレラ。


棚ボタ世界ランク1位。


今回の映画、
プリンセス願望は危険!と
教えてくれようとしたのか
シンデレラ自らの手で、
運命を切り開くストーリーとなっていた。


いまどきだ・・・。



幼い女の子がお姫様の
コスプレをしているのを見かけると
可愛い半面、
王子待ちの大人にはなるなよ?
・・・といらん心配をしてしまう。


姫が自ら狩りをする時代に突入。
行動しなければ、運命は変わらない。

 
クリエイターたちからのメッセージ、
しかと受け取った。





結婚詐欺のニュースが流れた・・・。  30代女性をお見合いパーティで騙し、800万以上を奪ったという。  しかも犯人の男が既婚者、まれに見る凶悪犯、死罪に値する。  詐欺に遭わないためのポイントが、番組内で紹介された。 ①親や親友を紹介してくれない②すぐに結婚
結婚詐欺のニュースが流れた・・・。
 
 
30代女性をお見合いパーティで騙し、
800万以上を奪ったという。
 
 
しかも犯人の男が既婚者、
まれに見る凶悪犯、死罪に値する。
 
 
詐欺に遭わないためのポイントが、
番組内で紹介された。

 
①親や親友を紹介してくれない
②すぐに結婚の話をする
③お金を要求してくる


 
 
 
うーん。
文字だけで見ると、いかにもである。
 
 
とくに③、お金の要求となると、
なぜ騙されるのか?気付かないのか?
疑問を持つ方もいるだろう。
 
 
・・・しかしだ。いざとなった時、
人間の判断能力はいとも簡単に崩壊する。
 
 
特に、感情が大きく波打った時は危険。(恋愛でも、恐怖でも)

 
ちょっと例は違うが、私の親族に
振り込め詐欺の被害に遭った者がいる・・・。(※数百万の損失)
 
 
普段は真面目でマトモな人物(50代)、
とても騙されそうもなく誰もが驚いた。
 
 
『私だけは大丈夫』 
と思いたいところだが
決して他人事ではないのだ。
 
 


さて、話を結婚詐欺に戻す。

 
一番気付きやすいのは
お金の要求であろう。


問題は①や②のケースである・・・。
 
 
結婚しようと言いながら、
まったく動きがない。
彼の親も兄弟も出てこない。
 
 
しかし一見、
順調に普通に交際している。(ように信じている)

 
これは流行の結婚するする詐欺ではないか、
半径5メートルでもよく見聞きする有名なヤツ。


結婚願望はゼロだが、
さも結婚するように見せかける行為も紙一重・・・。


しかし合意で付き合っているので、
彼だけが問題ではないのが厄介である。
 
 
ここに金銭が加わると
結婚詐欺と化し刑罰が加えられる。


結婚するする詐欺と結婚詐欺。
似て非なるもの・・・。


法は時間までは守ってくれないので、
自分の時間は自分で守るより他なし。


詐欺師の方々は
人の弱みの上に成つ商売をせず、
その企画力を世の平和に使ってほしいものだ。



⇨アンミカさんの面白結婚詐欺はこちら





友人A子が合コンで知り合った男性と食事に出かけたところ、 『うちの奥さんがさ・・・』と言いだした。 奥さん・・・?? どうやら彼は既婚者のようだ。 あろうことに、『付き合ってくれ』と言いだすではないか。 付き合うも何も、 お前は結婚しているだろう。 それでもしつ

友人A子が合コンで知り合った
男性と食事に出かけたところ、


『うちの奥さんがさ・・・』と言いだした。


奥さん・・・??
どうやら彼は既婚者のようだ。


あろうことに、
『付き合ってくれ』
と言いだすではないか。


付き合うも何も、
お前は結婚しているだろう。


それでもしつこく、
付き合おう付き合おう付き合う・・・。


更に下ネタも加速し、
A子は逃げるように帰ってきた。


その後も、
既婚男からのメール攻撃が止まらない。


『付き合おう』

⇨付き合いません。


『俺と付き合うとメリットがあるよ。
美味しいご飯を食べられるし』

⇨ご飯は自分でも食べられる。


『海外旅行にも連れて行くよ』

⇨あんたも来るのでは、意味がない。


『飛行機もビジネスクラスだよ』

⇨席ではなく、そもそも行きたくないと言っている。


『別荘にも連れていくよ』

⇨スネ夫か!


 
彼はメリットを勘違いしているな。


婚活女が既婚男の別荘に行くことに、
どこに利点があるのか。


A子はあまりのしつこさに腹が立ち、
『毎回10万円くれるなら、食事に行きます』と返信。


以降、パタリと連絡が来なくなったそうな。
めでたしめでたし。


彼女は結婚がしたい女である。
欲しいのは婚姻届、時間!


そんな子に対して
『俺との恋愛(無料で)』が売れるはずがない。


『とんでもない女だ!』
と彼は思っただろうが
仕事でない限り会いたくないと思われたこと、
重く受け止めてくれ・・・ 。


不倫は一人ではできない・・・。
相手が必要なのだ。


どちらかが激しく断れば、
生まれることのない関係。


恐ろしいのは既婚男の口説きは、
独身男よりも数段活発なこと。


断ったくらいでは、
余裕の彼らはへこたれない。


うっかり魅力的な肉食なんぞに
見えてしまったら大変。



特に婚活でくたびれてくる、
世代は要注意・・・!


弱った心の隙間に入り込み、
不倫ウィルスは爆発的に増殖する。


病に侵される前に、
『既婚男は、婚活の敵!』ワクチンを
朝から晩まで激しく打ち込んでいきたい。


発病したら最後。
治療法は時間薬のみ。
一にも二にも、予防である。


10年以上患っている者が
知っているだけで3名いる・・・。
誰も目が覚めずに闘病中だ。


E0808DF3-B590-4F7E-9544-C84B571C576E

 

 『理想の相手が見つかりません。妥協するべきですか?』 30歳女性からの雑誌相談であった。 この手の話はメディアでよく見かける。 社会的身分が高く、自慢できるような男性と結婚したい。 なかなか出会えないのでレベルを落とそうかしら・・・そんな内容であった。 『

 『理想の相手が見つかりません。妥協するべきですか?』


30歳女性からの雑誌相談であった。
この手の話はメディアでよく見かける。


社会的身分が高く、
自慢できるような男性と結婚したい。


なかなか出会えないので
レベルを落とそうかしら
・・・そんな内容であった。


『妥協』という言葉は後ろ向きだ。
『ストライクゾーンを広げる』
の方が救いがある。


それよりも、
私が一番驚いた部分がここだ・・・。


『好きな人に、人間が薄っぺらいと言われました』



こ、これは・・・
一番のダメージではないのか! ?


人格、全否定。
最大級の酷評である。


ブスやデブと言われるほうが
全然マシである。


いい所を一つも見つけられない男性と
出会ったことは多々あるが、
本人に向かってなど絶対に言えない。


よほどの薄っぺらさだったのか、
彼こそが薄かったのか・・・神のみぞ知る。


薄っぺらいと言われた後の
彼女の方向性がえらいことになった。



『だから今、お茶やヨガ、ゴルフで自分磨きしています!』




出た、自分磨きー。
手当たり次第となる気持ちは
わからんでもないが・・・!


君の柔軟性がない身体は短所だ
・・・ と言われたのなら
ヨガを始めるもいいかもしれない。


本気でお茶が点てたいと思うのなら、
茶道を学ぶのも素敵よ。 


彼が言った『薄っぺらい』とは
もっと深刻な部分を指しているような・・・。


ちなみにその記事には、
正しい自分磨きはこうだと書いてあった。


『どうすれば、人の役に立つ人間になれるだろう?と模索すること』



壮大すぎる表現だが
まぁ言いたいことはわかる。


気遣いであったり
場を和ませる喋りであったり
相手を心地よい気分にさせる力。


人間関係の中でしか
磨かれないスキルを伸ばす。


婚活では対人スキルの習得をこなし、
ヨガで精神統一すればいいのか。


習い事はあくまでも
心の栄養であった・・・。


使い方を間違えなければ
人生の養分となる。


BC33E20C-2E2F-4947-9476-82F24660926C

 

『親の縁は子どもの縁!51歳息子の代理お見合い!81歳の母の奮闘記・テレ朝』友人A子から無駄のないメッセージが届いた。 すぐにでも見たいのに、テレビが近くにない・・・!『息子の写真みた。感じ若いけど、撮ったの13年前』何が起きているのか端的に知らせてくれる友。 

『親の縁は子どもの縁!
51歳息子の代理お見合い!
81歳の母の奮闘記・テレ朝』


友人A子から
無駄のないメッセージが届いた。 


すぐにでも見たいのに、
テレビが近くにない・・・!


『息子の写真みた。
感じ若いけど、撮ったの13年前』


何が起きているのか
端的に知らせてくれる友。 


それにしても13年前て・・・!

 
もはや他人の写真、
禿げ上がるにも十分な期間だ。


遺影に使う分には誰にも迷惑かけないが、
お見合いはいかんだろう。


『母親と参加の47歳男性、
狙うは35歳女性。
母一言、若すぎる!』


こちらは自営業で
跡継ぎ目的のようだ。


先ほどの51歳男性も、
先祖を守ってほしいとのこと・・・。


本人が結婚するだけでも大変なのに、
なんてオマケをつけてきた。
いらんプラスアルファである。


代理お見合いするということは、
当の本人は結婚願望が薄いのだろう・・・。


ただでさえやる気のないところに、
先祖まで抱き合わせ販売するのは
欲張りすぎだ。


私の周辺にも
跡継ぎマニアは存在する。


息子に子どもができることが
何よりも最優先。


まずは自分の心配をしてほしいところだが、
自身亡き後の『家』が大切。


息子の彼女にケチをつけまくり、
しまいには距離をおかれることに・・・!


こうなるともはや、
跡継ぎどころの騒ぎではない。


『いま』を大切にしたいものだ・・・。


64


中国の代理お見合い番組を
見たことがある。


親同士が子どもの
プロフィールを交換する。


せっせと写真交換をする老親。
持ち帰っていざ息子に見せると、
『可愛くないな!』
とアッサリ却下するのだ。


親の苦労も報われず、
誰も幸せにならない・・・。


何十年も好きで今の生活を
貫いてきたのだ。


人に言われて結婚するくらいなら、
とっくにしている。


関連記事↓↓代理婚活に泣けた・・・



・・・その昔、婚活パーティ会社にてアルバイトをしていたことがある。  会ごとに様々なテーマが設けられていた。それはほぼ、男性の参加資格に関係するものばかり。・職業を限定する会(社名限定まであった)・身長を限定する会(175cm以上など)・年収で絞る会(600万以上な

・・・その昔、
婚活パーティ会社にて
アルバイトをしていたことがある。
 
 

会ごとに様々なテーマが設けられていた。


それはほぼ、
男性の参加資格に関係するものばかり。



・職業を限定する会(社名限定まであった)

・身長を限定する会(175cm以上など)

・年収で絞る会(600万以上など)



時に複数の条件を満たすことも求められた。
(600万以上 ➕ 175センチ以上など)



それに引き換え
女性に条件はほぼない。

 

 

年齢制限のみ。



男性の参加資格は細々と書かれているが

女性は『○歳までの方』
・・・以上、終わり!



若い女性であったら
何でもOKという構造だ。


男性の身長制限だけは
身体的なことなので、
条件にするにはどうなんだ・・・。

 
 

女性にEカップ以上なんて
参加条件が加わったら、
暴動が起きそうだ。



そもそも身長なんて
目視でわかる。 



知りたいが目に見えない情報を
条件にしてくれい。



そうなると女性は
年齢や乳になってしまうのかー!!
現実は厳しい。
 


若く見えるよりも
実際に若いことが大事か 。



確かにお金持ちに見える貧乏と
貧乏に見えるお金持ち・・・。


真実が大事、お互い様であった。



さて、
高身長の会を何度か見たことがある。


そこに来るのは
態度が悪いことで有名な
常連男性ばかりであった。



ただ、縦に長いだけ・・・!!

 

いつもの見慣れたメンバーである。



中には身長だけ条件を満たしている
石像系(生命反応がない)も多数紛れ込んでいた。



この制限・・・
まるで実りがないじゃないか。


数値的なことであれこれ検討するのは
もっと先の段階でも遅くはなかった。
割とどうでもいい項目なのである。


 


深夜番組にて、情けない犯罪特集が紹介されていた。★女性のサドルを200個盗む。『残った匂いを嗅ぎたかった』(35歳)★ハイヒール450足を盗み、逮捕。『ロッカーは宝箱だった』(28歳)他人のサドルや靴で幸せを感じられるなんて・・・!価値観の多様性を感じる。出演していた

深夜番組にて、
情けない犯罪特集が紹介されていた。


★女性のサドルを200個盗む。
『残った匂いを嗅ぎたかった』(35歳)

★ハイヒール450足を盗み、逮捕。
『ロッカーは宝箱だった』(28歳)



他人のサドルや靴で
幸せを感じられるなんて・・・!
価値観の多様性を感じる。


出演していた若いタレントが

『気持ち悪い!!』と、
犯人に対して嫌悪感を示した。



盗むから犯罪なのであって

正式に売ってもらえば
変態で済む話である。


 

そんな討論が起きたがタレントは、
『1000万でも無理ですぅ!』と全身で拒否。



あんた、1000万円って・・・。

マイケルジャクソンの遺品クラスではないか。

ちょっと強気な価格設定だぞ。




ここでふと。
大昔の記憶が蘇った。



~~


『聞いてー!ストッキングを
売ってくれって言われたんだけど!!』



友人A子(20代前半)からの報告。
・・・一体、何が起きたのだ。



 

どうやら道を歩いていたら、
男に声をかけられたらしい。

 

『そのストッキング、1万円で売ってください!』と・・・。

 

彼はきちんとスーツを着こなした、

まともな仕事をしている人物に見えたという。 



友人は少し迷ったが、承諾した。

ビルの物陰に隠れてそっと脱ぎ、
商品を渡したようだ。


男は代金を払い、
丁寧に礼を言って去ったとのこと。

 

最後まで良識ある人物だったようだ。
メルカリでいうと『良かった』の評価。
 


一連の話を聞いて
我々は気持ち悪いとは微塵も思わず、

 

『また、その人に会いたい!!』
と盛り上がった。(←アホ)
 


意識して彼が出没した道を使ったが、

二度と出会うことはなかった。



彼女はかなりの美人だったので

スカウトの声がかかり、
高値がついたのでだろう。
 


私もよく歩く道であったので
すれ違っていたかもしれないが、

売り物にはならないと判断されたようだ。



一般人は普通に働け・・・

神のお告げとして重く受け取る。



あの彼はストッキングを
そっと鞄に忍ばせて
職場に戻ったのだろうな・・・。


微笑ましいというのも妙だが、
きっと幸せだったはず。


 

飛び込み営業で商談を持ちかけ、
希望価格で取引した。


冒頭の変態たちとは一線を画する、
仕事のできる男である。


守るものがある者だと、
きちんとした手順を踏むのだな・・・と実感。


冒頭で逮捕された面々は、
どれもこれも無職であった・・・。
働いて取り引きしていたら、
違う未来があったはずだ。 



それにしても一般美人が1万円か・・・。

 

タレントとはいえ1000万が
適正価格から外れるのは理解した。

 

息子を持つ身として考えさせられる。
趣味嗜好は抑えられないので仕方ないが、
きちんと契約を踏まねばならぬ。