恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ:婚活 > ノウハウ編

『なんか怒ってる・・・?』はっ!?何も怒ってませんが? むしろその台詞にムッとしてますけど!こんな人に是非とも伝えたい・・・。周りのモテ子を研究した結果、彼女たちの顔は常に笑っていることに気付いた。本当にゲラゲラしている訳ではない。 『顔つき』が笑ってい
『なんか怒ってる・・・?』


はっ!?
何も怒ってませんが?

 
むしろその台詞に
ムッとしてますけど!


こんな人に是非とも伝えたい・・・。


周りのモテ子を研究した結果、
彼女たちの顔は
常に笑っていることに気付いた。


本当にゲラゲラしている訳ではない。

 
『顔つき』が
笑っているように『見える』だけだ。


ただ立っているだけなのに
楽しそうに見えるのかよく声がかかる。


走って苦しい時でも、何だか笑顔。(に見える)
 
怒って文句を言っていても、何だか笑顔。(に見える)

PCモニターを見ていても、何だか笑顔。(に見える)



『何笑ってるの~?』と
男性が嬉しそうに
からかう姿をよく見かけた。


デメリットもあるのだが・・・。

 
口説かれて逃げたい、
困っていても笑顔。(に見える)


『この顔のせいで
断っているのが通じなくて困る・・・』

 
本人は迷惑こいているのに、
『嫌よ嫌よも好きのうち』
と勘違いされるのだ。


健やかなる時も病める時も、
常に笑顔。


困ったものを
引き寄せることもあるが、
笑顔顏(えがおがお)は
人生のチャンスには恵まれる。

 
天然の笑顔顔を持つ友人が数名いるのだが
全員、男性人気が非常に高い。


この法則を知ってか知らずか、
『口角を上げよう!』
という風潮が世に漂っている。


割り箸をくわえて、
口角を引き上げろだの。

 
意識的に口角を引き上げて、
脳を『笑っている』と騙せだの。


天然の笑顔顏には敵わないが、
養殖だって十分に戦えるということだ。


せっかく美人に生まれて
ラッキーこいても、
口角の引き下がったへの字口では、
魅力も発揮できまい。


 


『おい、彼女の顔見てみろよ・・・』

 
若かりし頃、
同僚の男性に耳打ちされた。

 
目線の先には
バリバリと働く先輩(アラフォー・美人)がいた。


『すごい表情だよ・・・
ゴリラか般若だな。
あれは抱けないよ・・・』

 
抱いてくれてと
頼んだ訳でもないのに、
彼女も災難だ。


稼ぐには般若にならねば
ならない時もある。 


ふとした表情で
評価しないでくれ!と思ったが、
他人が見ているのは
自分のふとした表情であった。


キメ顔にて鏡を覗き込んだ表情など、
まずしていない。

 
普段の己はゴリラ界に
片足を突っ込んでいる率高し。


アンチエイジングにも
免疫力の向上にも
人生のお得にも、
全ての鍵は笑顔だな。


『自然に出会いたい』 女たちは口を揃えて言う。思い出して欲しい。 今まで何十年も生きてきて、 あっただろうか・・・自然な出会い。 ・・・私は、ない。 青春時代ならば同じクラス、同じ部活があるだろう。 こんなにも独身の男女が自然に集結する場はない。 社会に
『自然に出会いたい』


女たちは口を揃えて言う。
思い出して欲しい。


今まで何十年も生きてきて、
あっただろうか・・・自然な出会い。


・・・私は、ない。


青春時代ならば同じクラス、
同じ部活があるだろう。


こんなにも独身の男女が
自然に集結する場はない。


社会に出たなら同じ職場か。
こんなにも内面をアピールできる場はない。


これらで出会いを形に残せなかった者が、
どうしてこの先、
自然に何とかなると思うのだろうか・・・。


友達の紹介だって、
わざと仕組まれた会だ。


合コンだって、
計画された男女の集まりだ。


お見合いパーティは
綿密に計算されているし
結婚相談所に至っては不自然の極みだ。


早いうちに結婚する者は
同級生、同僚などの
『自然な出会い』が多数だが
その波に乗り遅れたら、
同じ波は二度と来ない。


あるとしたら・・・
同じ本を取ろうとして、
手が重なるのを狙うのか。


ハンカチを落として、
拾われるのを待つのか。


角でぶつかって、
鞄の中身が入れ変わるよう仕組むのか。
少女マンガの世界である。


可能性ゼロではないが、
機会が来るのは来世になるだろう。


何だかんだ言っても
周りの既婚者を見ると
9割は合コンで出会っている。(自然派を除く)


婚活で傷つくのが怖いのはわかるが、
不自然派に足を
突っ込んでしまった以上は仕方がない。


腹を括って街に出てみるほうが
ハンカチを拾ってもらうより
確実に出会える。

7F26FAF9-C9E5-4739-965F-363205FCE04D



一番驚いた偶然の出会いは・・・


10円玉を落として、
転がってしまったところを バンッ!と、
踏んで止めてくれた男と結婚した人がいる。


100万人に1人の逸材・・・!


宝くじのような確立に期待するのもアリだが、
コツコツ出会い貯金すれば結果は出るはず。
 

芸能人が教えた恋愛テクニックを婚活女子が実践する番組があった。  福田萌さんが二度目のご登場。  前回は以下3つを提案し、カップリングに失敗したそうな。 ①男っぽい趣味で盛り上がれ②男っぽくご飯を食べよ ③徹底マークで気持ちを伝えよ  一見する限り、悪くは
芸能人が教えた恋愛テクニックを
婚活女子が実践する番組があった。
 
 
福田萌さんが二度目のご登場。
 
 
前回は以下3つを提案し、
カップリングに失敗したそうな。

 
①男っぽい趣味で盛り上がれ
②男っぽくご飯を食べよ 
③徹底マークで気持ちを伝えよ
 
 
一見する限り、
悪くはなさそうだが・・・。
 
 
VTRを確認すると、
実行した女子がやらかしていた。

 
男性に喋る機会を一切与えず、
マシンガントークで知識を披露し・・・。(①)
 
 
貪るように肉を平らげている姿は
男らしいというよりも不思議ちゃん。(②)
 
 
文字通りに受け入れすぎたのだな・・・。
これでは撃沈するのも無理はない。
 
 
前回の失敗を踏まえて、
同じ女子がリベンジ参戦だ。
 
 
さて、
今回の婚活テクニックをご紹介〜。

 
①恥じらいながら、男ぽい趣味で盛り上がれ

 
『恥じらいながら』
というポイントが新たに加わった。
 
 
さすがに前回の押しの強さでは
イカンと思ったのだろう。微調整入った。
 
 
『ちょっと恥ずかしいんですけど・・・』と

内しょ話風に顔を近づけて手をかざす。

 
 
日高屋が好きと言うもよし、

サッカーを愛していると言うもよし、

好きなテーマで喋ってみる。
 
 
この作戦が功を奏して、
6人中5人もが彼女をご指名する事態に。
 
 
『話しやすい』『話を聞いてくれる』『庶民的』
男性陣から大好評であった。
 
 
同じ内容を話しているのに、
マシンガントークと恥じらいながらでは
男性への印象が全然違う。
 
 
失敗は成功の母・・・!
 
 
『何を喋るか』も大事だが
『喋り方』はさらに重要なのだな・・・。
 
 
ドラゴンボールやドラクエの話になると
ついつい前のめりになってしまうが、
一歩引いて演出する大切さを知った・・・。
 
 
婚活中に知りたかったテクニックである。
 
 
得意分野の話になってもぐっと堪えて、
知識量で戦うのはここではないのだ。
 
 
②おかわりで庶民をアピール
 
 
こちらも前回の失敗を踏まえて、
控えめな作戦にチェンジされた。
 
 
『美味しかったので、
おかわり持ってきていいですか?』

 
1人で貪るではなく、
男性の分も一緒に取りに行き

気遣いもアピール作戦である。

 
 

これは自然にできている者が多そうなので、

特に注目せずに次をご紹介する。

 
 

③今日の記念にボールペンを手渡せ

 
素人が扱うには難しいが、
キマれば高得点を獲得できる技だ。
 
 
『お気に入りのもの』トークに持ち込んで、
自分は愛用のボールペンを出す。
 
 

相手に書きやすさを体験してもらう。

 
 

そのペンを使ってコースターにでも
『今日はありがとよ』と一言メッセージを書く。
 
 
出会いの記念ということで、
ボールペンごとプレゼントするのだ。
 
 
難しそうだ、自然にできるだろうか・・・。
自信がなければ友達で練習するべし。
 
 
番組ではこの作戦がグっときたようで、
見事にカップルが成立していた。

 
 
 
余談だが、
番組ではジェットストリームという
ボールペンが使われていた。
 
 
私も長年愛用している、
安くて書き易いメーカーである。
 
 

初めて使ったときは、

『おおー!』と叫んだものだ。
 
 

この感動が婚活に使えたとは盲点・・・!

身近なものも、工夫次第である。
 


一瞬、婚活パーティの会社でアルバイトしていた頃がある・・・。 飲み物は格安のジュースを立派なグラスに入れて出した。何だか素敵な飲み物に見えた。お酒が出る場合はワインが大量に配達された。1本400円ほどの超激安ボトルが。さも希少価値の高いワインとして宣伝文句と

一瞬、婚活パーティの会社で
アルバイトしていた頃がある・・・。
 

飲み物は格安のジュースを
立派なグラスに入れて出した。
何だか素敵な飲み物に見えた。


お酒が出る場合は
ワインが大量に配達された。


1本400円ほどの超激安ボトルが。


さも希少価値の高いワインとして
宣伝文句とされている。


『フランス●●地方の厳選されたワインを片手に、
スタイリッシュな出会いを!』的に・・・!
 

決して嘘はついていないが、
盛りすぎではなかろうか。

 
なんせやってくるのは、
いつもの常連男子たち。
 

全く同じメンツではないか
・・・昨日のパーティと!
 

『これ・・・ワインの意味あるんですかね?』

 
私はぼやいた。


『女の子ってさ、
エクスキューズを大事にするでしょ?』

 
男性スタッフが言った。
彼はさらに続ける。


『女の子ってさ、
婚活パーティに行くって
響きを嫌がるんだよ。
 
でも、ワインが飲めるし!
でも、ケーキが食べられるし!
こうやって納得させるのが大事なんだ』


・・・なるほど。
わからなくもない!
 

『いつもの常連と会議室で
婚活パーティをします!』

 
『ハイスペックな男性と、
夜景を見ながらワイン片手に会話を!』


・・・私なら、
後者の方に引き寄せられる。
単純ですまん。

 
メンバーは同じだとしても、
イメージが随分違う。
日本語の印象たるや。

 

どの道、体力を使うパーティだ。

 
ならば場所がよかったり、
酒が出るほうが気が楽。

 
やはりパーティサイドの
戦略は当たっているー! 


一番大事なのは
出会いがあることなので
いくらワインが出ようが、
素敵な場所だろうが
あくまでも『おまけ』であったか。


おまけに目が行きすぎて
目的が達成できなければ本末転倒。

 
ワインにスイーツなど、
いつでも食せたな・・・。


思えばちゃんと出会いを
収穫していたのは、
お茶を飲んでいる女性であった。

 
酒が出るときは、
男性が運んできてくれる女性・・・。


その横では自らガンガンと杯を重ねる
女たちがへべれけになっていたり・・・。

 
完全に酒に逃げてしまった組だ。
私もこうだったわい・・・。
 



もしやワインもケーキも出ない方が、
出会いに集中できそうだ。気が散らない。

  

しかしあまりに悲惨なときの
逃げ道も欲しい。

 
おまけとの付き合い方、
難しいところである・・・。


最初からおまけに寄りかからず、
あくまでも救命道具
くらいの意識で行きたい。


そのワインボトルは400円かもしれない、
二日酔いになるだけだ。




 

片思いに見切りをつけた友から、『これから、婚活したい!』との声をよく聞いた時期がある。 片思いといってもその彼と何ヶ月も連絡すら取っていない・・・。完全なる『無』である。 ようやく待つのを止め、新しい恋を探しにいくとのこと。他にも、婚活宣言する女子が急増

片思いに見切りをつけた友から、
『これから、婚活したい!』
との声をよく聞いた時期がある。
 

片思いといってもその彼と
何ヶ月も連絡すら取っていない・・・。完全なる『無』である。


 
ようやく待つのを止め、
新しい恋を探しにいくとのこと。

他にも、
婚活宣言する女子が急増してきた。
春は新しいことをしたくなる季節よ。


『具体的に、何から始めようかね?』

 

婚活の仕方を聞かれる。
私が今から始めるならば、
下記を全て同時にやるかな・・・。


①スマホに入っている知り合い(恋愛関係除く)全員に合コンか紹介を頼む

②週末は婚活パーティをハシゴする

③隙間時間にはアプリをする

④結婚相談所に入会する


若い頃は①②だけでも
何とかなりそうだが、
出会いが枯渇してきたら
③④も加えたい・・・。


女子会する日だって
オッサン系の男らしい店か、
チャラい店ばかり行く。


街中に目を光らせ、
職場から決して直帰はしない。


私のアホな独り言にも関わらず、
素直な友はすぐに行動に移した。


『これが(出会いに)いいらしいよ』と言うと、
次に会った時には、
既にパトロールを済ませている早さ。


一方で、全く動けない友も。

 
『わかった~。
じゃ、Aちゃんに合コン連れてってもらう!!』




そんなAちゃんは絶賛婚活中で、
日々頑張っている身。


さほど仲良くない者にまで、
枠を用意する余裕はなかろうに・・・。


『人に連れてって欲しかったら、
自分からも誘わないとー!』


まずは自ら提供だ。
 
 
『え~、私、ネタないもの~』


それを何とかして作ってくれ〜!
 自分で動く気ゼロである。


さらに言うとAちゃんに
頼むことすらしなかった・・・。
果てしない無の世界。 


『ほな行きたいパーティでも見つけて、誘ってみたら?』

『そうだね・・・』


もちろん彼女は、
それから何ヶ月も変化なし。

 
婚活以前に足腰が
全く動かなくなっている。


考えてもみてほしい、
合コンにも定員がある。

 
その少ない人数に
自分を思い出してもらえるのか?


私が婚活の頃は、
こんな感じでメンバーを呼んでいた。


①仲が良くて、自分を誘ってくれる子
↓↓
②仲が良い子
↓↓
③自分を誘ってくれる子
↓↓
④そういえば、婚活中の子
 



大体、①~③だけで集まってしまう。
④まで声がかかるのは稀。


レギュラードタキャン時の、
緊急代打くらいか・・・。

 
そんなものを待っていたら、
いつになることやら。


ならば、自分で開催した方が話が早い。
『誰かいたら、紹介してね!』は、④である。


いつか声はかかるかもしれないが、
話があったらラッキーくらいの位置。


 


2年ほど経った頃、
上記の動けない女子が
まだ動いてないことに気付いた・・!


そして同じように
出会いがないとぼやいておる。


婚活人生、
2年もあればゴロっと変わる。
何もしないと2年前と同じ場所に。


次の2年後のために
今から手足を動かしたい。
春ですから。

人間ドックでの待合室に、名言集が置いてあった。   『wise words~人生を素敵にする60の言葉』wise words―人生を素敵にする60の言葉ジョー ライアンパイインターナショナル2011-11-25  洒落たモノクロ写真とともに気の利いた言葉が並んでいる・・・。  読み進めてい
人間ドックでの待合室に、
名言集が置いてあった。

 
 
『wise words~人生を素敵にする60の言葉』



wise words―人生を素敵にする60の言葉
ジョー ライアン
パイインターナショナル
2011-11-25

 
 
洒落たモノクロ写真とともに
気の利いた言葉が並んでいる・・・。
 
 
読み進めていくと、
これは婚活本ではないか〜!?と
思うような言葉が散見された。
 
 
ご紹介する~。
 

 
『まず成し得てから考えよう』
 
告白されたら困るから会いたくない!
結婚したら自由がなくなるから嫌だ!
付き合っても住まいが離れているし!
・・・等々。
 
 
専門筋の間ではこれらを
『いらん心配』と呼んでいる。
 
 
何かが起きてから
初めて心配しても遅くはない・・・。

 
 
『ゼロからのスタートは得るものばかり』
 
交際相手がいるからといって、
結婚が近いとは限らない。
 
 
結婚するする詐欺であったり、
不倫であったり(そもそも交際ではない)。
 
 
手持ちカードがあることによって
逆に遅れをとることもある。
 
 
何も持たざる者は両手が空いているので
新規を掴みたい放題。


悪縁にまみれて身動き取れないよりも
希望を持ったゼロが吉。 
 
 
 
『1つの別れから1つの出会いへ 』
 
いらぬ縁は手放すと
次の縁が舞い込んでくる。

 
『障害は乗り越えるために置かれているのです 』
『経験とは失敗から学ぶこと 』

 
合コンに行ったら全員が既婚者!
自慢大会からの下ネタ祭り!

 
神は乗り越えられない試練を与えない。
その証拠に今、こうして生きている・・・。
 
 
悲劇がストレス耐性を上げ、
肉体と精神を強化してくれるはず。
 
 
 
『取り柄は必ずあります』

 
前述のような悲惨集団に出くわしても、
取り柄があるということか・・・!
 
 
何一つ良いところがない者のことを、
『犯罪者よりマシ』と形容した友がいる。
 
 
スケールの小さい取り柄だが
何かあるはずだー。

 

『あなたの価値は他の人が判断するものです』
 
プロフィールで度々みかける、
『年より若く見られます』。
 
 
それは他人が判断するものであって、
自ら発信するものじゃなかった・・・。
 

 
『毎日一秒でもいいから続けることです 』
 
下手に休むとテンションの下がる婚活。
狂った状態で突き進むくらいがちょうどよい!?

 
完全に止まると、
再び動き出すにはパワーが数倍必要・・・。
 
 
少しでもいいので進めておきたい。
1秒ならいけそう・・・。
 
 
 
『あなたは自分のいいところばかり話していませんか』
 
幸せになるには歩み続けることだ、
話し続けることではないと書かれていた・・・。
 
 
自虐するのもトーク力が必要だし、
いいところばかり話してもダメ、加減が難しい!!
 

 
『成功は問い続けることから生まれる 』
 
何故、誰からも声がかからなかったのか?
今日の出会いは本当に無駄だったのか?
 
 
反省会を挟むことによって、
確実に実力がついていくと思う。
良質な婚活仲間を持ちたい。
 

 
『なぐさめあうより励まし合いたい 』
 
世の男が我々の良さをわかってない!
あんた可愛いし大丈夫だよ!
 
 
傷の舐め合いよりも、
戦略を話し合える仲間を持ちたい。
みんなで沈没してはいかん。

 
 
『自分自身に打ち勝とう』
 
他人がどれほど輝いて見えようが
張り合うのはそこではなく、 
己との戦いに集中したい・・・!
 
 
 
最後は結局、こちらか・・・。
 
 
『心配事をなくすには 心配事を済ますこと』

結婚できるのだろうかと心配するなら、
心配の元を取り除くことが一番の解決策。


やはり突き進むのみ。



 

ある日、3万円近いワンピースを見つけた。・・・これはCan Camでエビちゃんが着ていたものだ!私は絶対に勝たねばならないある勝負に立たされていた・・・。強い鎧(勝負服)が欲しい。エビちゃんの力を借りる時がきたか。普段はしまむら、ヤフオクで洋服を仕入れている身。 3

ある日、
3万円近いワンピースを見つけた。


・・・これはCan Camで
エビちゃんが着ていたものだ!


私は絶対に勝たねばならない
ある勝負に立たされていた・・・。


強い鎧(勝負服)が欲しい。
エビちゃんの力を借りる時がきたか。


普段はしまむら、
ヤフオクで洋服を仕入れている身。

 
3万はとてつもなく高い、
身を切られる思いだ。


エビちゃんのご利益が3万円・・・。


着用するのは凡人、
もはや効果はないだろう。
着なくともわかる。


私は悩み、
友にメールをした。

 
 
『素晴らしい勝負服3万円。買うか悩んでいる』



すぐに返信がやってきた。



『買うべきだ。
巨人のエースにいくらかかると思っている?
エースの獲得にはお金が必要だ』



・・・なるほど。


活躍するかはどうかは別として、
欲しいメンバーを入れるには
それなりの対価が必要だ。


私は決意しエースを手にしてレジへ、
大活躍を信じて・・・。
 

 


・・・結果、
その勝負には惨敗した。

 
しかしワンピースだけは
長年愛用していたところ・・・。



『お前・・・年甲斐もなくそんな若い服を着るなよ!』



男友達にズバリと指摘され、
エースはベンチへ。

 
そしてヤフオクで他のチームへ
トレードされていった。


ありがとうエース、
お世話になりました。


『エースがチームに入ってくれた!』
という心強さが勝負服の役割である。


彼1人だけでは試合には勝てない。


優秀なチームメイト(喋り、美貌、もろもろ)
と組んで、初めて力が発揮される。


1人だけに多大な期待を
寄せるのはやめよう・・・。


はるか昔、結婚相談所で働く友人が言った。 『結婚相談所は最後の砦!女の子なら誰でも結婚できるよ!』 若き日の私は鵜呑みにした。・・・それから20年。時代は婚活氷河期へ突入、完全に時代は変わった。   最後の砦などこの世に存在しなかった現実を知った。 ーーー

はるか昔、
結婚相談所で働く友人が言った。

 
『結婚相談所は最後の砦!
女の子なら誰でも結婚できるよ!』

 
若き日の私は鵜呑みにした。



・・・それから20年。
時代は婚活氷河期へ突入、
完全に時代は変わった。 
  

最後の砦などこの世に
存在しなかった現実を知った。 


ーーーーー

 
恋愛本を読んでいて、
気になる箇所を見つけた。

 
『33歳までの女性は、結婚相談所へ行け!』
 
 
条件がいい男を見つけやすいのは
33歳までと書いてあるー。

 
若い女性だし合コンでもいいのでは?
とは思うが効率が悪いのだという。
 
 
年齢で勝負ができるうちに
有利な場所で活動せよ!と勧めていた。
 
 
確かに何人か相談所に
登録していた友人がいる。

 
彼女達が口を揃えて言っていたことは・・・。
 

 
『32歳になった途端、
一切申し込みがなくなったー!』

 
 
なんと、32歳である。
まだまだピチピチではないかー!
 
 
ちなみに彼女たちが入会していたのは
男性は医師などの高収入限定。


女性の会費が
べらぼうに高い相談所であった。
完全に男性優位の場所である。
 
 
普通の相談所ならば
ここまで露骨ではないはず・・・。(と信じている)
 
 
33歳以降の出会いの場としては
対面で勝負ができる
合コンやパーティを勧めていた。

 
年齢は言うまではわからない、
仲良くなってしまえば
最初の掴みはよさそうだ。

 
そのためにもいつまでも
身だしなみは大事か・・・。

 
超・美人の友人(アラフォー)が、
自分磨きについてこう言及した。

 
『美を磨くのは、当たり前だから省くよ?』


美を磨くのは当たり前・・・。
そして初めてスタートラインに立つ。


 
 
 『さあ、磨くぞー!』
なんて気合を入れるものではなく、
歯を磨くのと同じ感覚で、
単なるマナーとのこと。


それよりも年齢以上の
トーク術を身に付けて、
精進せよとの教えを受けた。


彼女はおはようからお休みまで、
美の努力を惜しみなく重ねている。
(月に数万円のサプリ、トレーニング、食欲コントロールまで、仙人レベル)


33歳の壁、仙人と化して
芸を磨けば打ち破れる。



『結婚するために20代でやるべきコト』30代オトナ女子が教える!!という、切実な記事を発見した。ど真ん中には荒々しい書体で、『その20代、いつまでもあると思うなよ!』と書いてあるではないか。孝行したい時分に親はなしではないが、婚活したい時分に若さなしかい。確実

『結婚するために20代でやるべきコト』



30代オトナ女子が教える!!という、
切実な記事を発見した。


ど真ん中には荒々しい書体で、
『その20代、いつまでもあると思うなよ!』
と書いてあるではないか。


孝行したい時分に親はなしではないが、
婚活したい時分に若さなしかい。


確実に地上に存在していたが、
20代の感覚がわずかしかない。


22歳の頃も、25歳の頃も、27歳の頃も
ハッキリとした記憶があるのに
全て10年以上も昔のことなんてー!


誰もが通過する20代でやるべきこと、
まずは仕事編から・・・。


『仕事にのめり込みすぎないで!』


仕事に手を抜けという意味ではなく、
忙しさにかまけることなかれ!ということだ。


仕事に遊びにルンルンしていると、
あっという間に30代。


婚活しなきゃ!と思ったときには
相手がいない!とならぬよう
同時プロジェクトで進めていきたい。


激務で忙しい女に限って、
しっかりと彼氏を作っている現実もある。
『時間がない』は、言い訳にならん。


『30代になると選択肢がグッと狭まる。
結婚できる相手と付き合う!!』


20代の時間は貴重。


長年付き合ってフラれるなんてことに
ならぬよう、見極めよとのことだ。


・・・とはいえ、まだまだ20代。
フラれても未来はある・・・というか
未来しかない!


39歳でフラれて起死回生した友はいるが、
血で血を洗う戦いを強いられた。


再生は早ければ早いほど、
労力は少ないのは間違いなし。


また、アイドルも卒業せよと書いてある。


確かに、アイドルにハマり過ぎて
35を過ぎて焦り出した友がいる。


ひょんなことからヨン様ツアーに
参加したことがあるのだが、
中年既婚女性ばかりであった。


ということは、
アイドル活動は死ぬまで楽しめる。


一度しかない20代全てを捧げずに、
按分して活動にも回したい。


『一緒にいる友達は自分の鏡!』

 
7C4505AE-9CF1-4A94-B436-74DBCEEE7D69


周りの結婚願望が薄いと、
引っ張られる。


居心地がよくていつの間にやら、
彼氏の作り方すらわからなくなる。


年上の独身女性とばかり、
つるんでいるA子(アラフォー)。


永遠に縮まらない歳の差により、
グループ内では最年少をキープ。


男っ気の『お』の字もない周りを見て、
『あぁはなりたくない!』


と常々言ってはいるが、
もれなくそうなるであろう・・・。


私は幸い?意識高い変態系の
女たちが周りにたくさんいたので
気持ちを奮い立たせることができた。


水は低きに流れるように、
人はどんどん楽なほうへ流れがち。


自力で立つのが難しければ、
強烈な友人に引っ張ってもらうのも手。


no title


最後に、
結婚を遠のかせた20代の過ちご紹介する。

 
どれここれも、
よく見聞きするケースばかり。
決して他人事ではない・・・。 


・ホストにハマってボロボロに。

こちらもアイドル同様、
趣味くらいの軽めポジションに留めたい。


・不倫したら結婚が遠のく

不倫癖により、
マトモな人物では物足りなくなる。


その刺激や優しさは、
彼の負い目からくる幻に過ぎない。


実際、10年単位でのめり込んでいる
女たちもチラホラ存在している・・・。
周りもサジを投げ、独自路線を爆走中。
 


・出会いは数よりも質が大事

・・・とはいえ、
質を語るには数もこなさねばならない。
体力のあるうちに1000本ノック。



・彼のプロポーズを断ってしまった

まだまだ先がある!と断ったら、
それ以降めぼしい人が現れないケースかい。


同じチャンスは二度とないので、
全て忘れて次の波を。