恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ:婚活 > ノウハウ編

『結婚するために20代でやるべきコト』30代オトナ女子が教える!!という、切実な記事を発見した。ど真ん中には荒々しい書体で、『その20代、いつまでもあると思うなよ!』と書いてあるではないか。孝行したい時分に親はなしではないが、婚活したい時分に若さなしかい。確実

『結婚するために20代でやるべきコト』



30代オトナ女子が教える!!という、
切実な記事を発見した。


ど真ん中には荒々しい書体で、
『その20代、いつまでもあると思うなよ!』
と書いてあるではないか。


孝行したい時分に親はなしではないが、
婚活したい時分に若さなしかい。


確実に地上に存在していたが、
20代の感覚がわずかしかない。


22歳の頃も、25歳の頃も、27歳の頃も
ハッキリとした記憶があるのに
全て10年以上も昔のことなんてー!


誰もが通過する20代でやるべきこと、
まずは仕事編から・・・。


『仕事にのめり込みすぎないで!』


仕事に手を抜けという意味ではなく、
忙しさにかまけることなかれ!ということだ。


仕事に遊びにルンルンしていると、
あっという間に30代。


婚活しなきゃ!と思ったときには
相手がいない!とならぬよう
同時プロジェクトで進めていきたい。


激務で忙しい女に限って、
しっかりと彼氏を作っている現実もある。
『時間がない』は、言い訳にならん。


『30代になると選択肢がグッと狭まる。
結婚できる相手と付き合う!!』


20代の時間は貴重。


長年付き合ってフラれるなんてことに
ならぬよう、見極めよとのことだ。


・・・とはいえ、まだまだ20代。
フラれても未来はある・・・というか
未来しかない!


39歳でフラれて起死回生した友はいるが、
血で血を洗う戦いを強いられた。


再生は早ければ早いほど、
労力は少ないのは間違いなし。


また、アイドルも卒業せよと書いてある。


確かに、アイドルにハマり過ぎて
35を過ぎて焦り出した友がいる。


ひょんなことからヨン様ツアーに
参加したことがあるのだが、
中年既婚女性ばかりであった。


ということは、
アイドル活動は死ぬまで楽しめる。


一度しかない20代全てを捧げずに、
按分して活動にも回したい。


『一緒にいる友達は自分の鏡!』

 
7C4505AE-9CF1-4A94-B436-74DBCEEE7D69


周りの結婚願望が薄いと、
引っ張られる。


居心地がよくていつの間にやら、
彼氏の作り方すらわからなくなる。


年上の独身女性とばかり、
つるんでいるA子(アラフォー)。


永遠に縮まらない歳の差により、
グループ内では最年少をキープ。


男っ気の『お』の字もない周りを見て、
『あぁはなりたくない!』


と常々言ってはいるが、
もれなくそうなるであろう・・・。


私は幸い?意識高い変態系の
女たちが周りにたくさんいたので
気持ちを奮い立たせることができた。


水は低きに流れるように、
人はどんどん楽なほうへ流れがち。


自力で立つのが難しければ、
強烈な友人に引っ張ってもらうのも手。


no title


最後に、
結婚を遠のかせた20代の過ちご紹介する。

 
どれここれも、
よく見聞きするケースばかり。
決して他人事ではない・・・。 


・ホストにハマってボロボロに。

こちらもアイドル同様、
趣味くらいの軽めポジションに留めたい。


・不倫したら結婚が遠のく

不倫癖により、
マトモな人物では物足りなくなる。


その刺激や優しさは、
彼の負い目からくる幻に過ぎない。


実際、10年単位でのめり込んでいる
女たちもチラホラ存在している・・・。
周りもサジを投げ、独自路線を爆走中。
 


・出会いは数よりも質が大事

・・・とはいえ、
質を語るには数もこなさねばならない。
体力のあるうちに1000本ノック。



・彼のプロポーズを断ってしまった

まだまだ先がある!と断ったら、
それ以降めぼしい人が現れないケースかい。


同じチャンスは二度とないので、
全て忘れて次の波を。


かつてのananの記事で、『あなたの不安解消』を読んでいた。    恋愛&結婚系をざっくりご紹介すると、 『早く結婚したいけど、出会いの場に行けない毎日。 好きな人すらできません!』 知らんがな。   の

かつてのananの記事で、
『あなたの不安解消』を読んでいた。
   


恋愛&結婚系をざっくりご紹介すると、


『早く結婚したいけど、
出会いの場に行けない毎日。
好きな人すらできません!』


知らんがな。
  
のっけから手強い相談、
スタートラインすら踏めていない。


出かけていなければ、
ゼロは何を掛け算しても永遠のゼロよ。


寝る前に10分あれば、
婚活アプリもできる。

 
仕事が21時に終わっても、
22時からデートもできる・・・。


アンアンの壮大なるお答えが、こちら。

 
『生への感謝を忘れ、
逃げ道を作っている自分を断つ』


本当に結婚したいのか?
本心と向き合って、
生きてることに感謝せよという
ややスピ寄りの解説が。


確かに結婚は自由なので、
無理にしなくても良い。


ここで重要になってくるのは、

 
(目先の婚活が嫌だから)
結婚はしなくていいかな〜』
という現実逃避との戦いである。
 

本心と向き合っているようで、
蓋をして後回しにしている。


結婚が嫌になったら
やり直しもできる、 
食わず嫌いは程々に。


『30代になり、周りがどんどん結婚&妊娠。
自分は変化もなく相手もいません。
人間はいつか平等に幸せが訪れるのでしょうか?


訪れるわけがない、
人間なんて不平等だらけであろう。


何をもって平等かはわからないが、
それぞれの持ちカードにて
折り合いをつけていくのが人生なのでは。
   


『たましいの視点から見れば
誰にでも人生のテーマがあります。
狙って落とすハンターになって、
待つより行動を!』


スピと現実のコンボで締められていた。
急に引っ張り出された魂さんもびっくり。


『このまま独身だったらと思うと、
生活、家族のこと様々な意味で不安です』


これはもう、
結婚するしか解決法がないだろうな・・・。


仕事の悩みは仕事で、
結婚の悩みは結婚でしか解決しない。


アンアンサイドも現実を推奨していた。


『結婚していてもしていなくても、
1人で生きていく基盤が大事。
つまり経済力。
無駄遣いをなくし、自分を律する強さを持って』


サラっと書かれているが、
これを一生貫き通すほうが相当難しいぞ。


一時的に爆発力を出す婚活の方が、
ある意味楽なのではなかろうかー!


他にもたくさんの不安が紹介されていた。


そのページの先には、
江原啓之さんと酒井順子さんの対談記事が。


不安について、あれこれ議論している。
どうやら『暇』が感情の不安を呼ぶと言う。


確かに納得!
忙しい時に邪念など湧かない。


EDCDD9E5-F41E-4D09-B5F3-2CF847D6C654
 

昔は畑を耕さなければ死んでしまう、
今はご飯がなければ近所のコンビニへ。
川に行かなくても家で洗濯もできる。


どれほどバタバタしていても、
昔の人よりずっとずっと暇なのだ。


食洗機、ルンバ、を時短♪
と思って購入したが、
不安との戦いは激化しそうだー!


また、
『結婚したい』という不安に関しては
気を紛らわす代替の解消法ではダメで、
やはり行動せよと仰っている。


ここで衝撃の一文を見つけてしまった・・・。


『男性に声をかけてほしいなら、
パワースポットより湘南あたりのビーチでしょ』


何に驚いたかって、
この台詞の主が江原さんなのだ・・・!


勝手なイメージで、
彼こそパワースポット推しかと思っていたら
まさかのビーチを出してくるとは。


意外に現実的だったんだな・・・江原さん。

 
しかも、チャラ度が高い海を
選ぶあたりもナイス。
彼に謎の親近感が湧いた。


神への頼り方を間違ってはいかんのだ。
出会いは海へ、心の清めは神社へ。


『狩りをする、それが不安解消の要ですね』


今度は江原さんの口から
『狩り』という単語まで!

           
『魂の声に従いましょう』
なんてイメージだったが、
狩りまで推奨してくれるとは。 


私は婚活時代に京都の寺まで
縁結びに出向いたなんて言えない・・・!


結局効いたのは、
神頼みではなくて狩りであった。
江原さんの言う通りである。


148


続いて、酒井順子さんのお言葉・・・。


『変な逃げ道は作らないほうがいい。
私はお酒を飲んでいれば幸せ!とか』


・・・これも確かに紙一重。


『⚫️⚫️していれば幸せ』ネタは
たくさん持っていたほうが生活は彩られるが、
そのカードのお陰で
人生の目的を見失ってはいかん。


東方神起がいれば幸せだった友人は
彼らが兵役に行ってしまい、
人生の要を失った。


すると後ろに控えていた結婚願望が
ムクムクと湧き上がってきたのだ・・・。


趣味と人生設計は同時に行うほうが、
時間の省エネとなる。


『これをご覧あれ!』読者の方から情報が送られてきた。なんと性サービスのプロの、接客マニュアルであった。一体どのような接客を・・・!?目を通してみると、真新しいことは何もない。 どこかで見たことがある、昭和的な内容であった。時代は変わったとはいえ、古き良き

『これをご覧あれ!』
読者の方から情報が送られてきた。


なんと性サービスのプロの、
接客マニュアルであった。
一体どのような接客を・・・!?


目を通してみると、
真新しいことは何もない。

 
どこかで見たことがある、
昭和的な内容であった。


時代は変わったとはいえ、
古き良き手法は伝承されていくのだな・・・。


ということは
婚活でも応用できるのではないか?と
目をつけた部分をご紹介させていただく。


当ブログは爽やかさがコンセプトのため、
ベッドシーンでのテクは割愛させていただいた。


まずは、お客様のお出迎えから!
(=合コンなどで、出会った瞬間)


・芸能人の⚫️⚫️さんに似ていて、⚫️⚫️ですね!
・昔好きだった人に似ている!


よく聞くセリフではあるが、
どちらも言われて悪い気はしないだろう。
(どれほどファンでも、
えなり君などの個性派は避けたほが吉)


もっと簡単に、見た目で一言!


・普通のおじさん→オトナの男って感じでステキ!
 
・太い→プーさんみたいで可愛い!
 
・ガリガリ→引き締まっていてステキ!
 
・背が高い→モデルみたい!


これらは比較的、
口に出しやすいのでは。
小学生でもできそうな難易度である。


『ええ~!思ってもいないことなんて言えないよ!』


まぁまぁ、そう言いなさるな。
あくまでも接客『マニュアル』の話じゃい。
 
 
『元気な声でいらっしゃいませ!と言いましょう』


飲食店でいうところの、この程度だ。
誰が来ようが唱えるだけ・・・。


オトナの男って感じ!モデルみたい!など、
誰もがどこかで口にしたことはあるのでは。


それはオトナ度やモデル度が
80点を超えるようになると、
自然と口から出てくるのだろう。
心からそう感じたからだ。


ところがマニュアルになると、
モデル度5%でも『モデルみたい!』と格上げする。


無理やりどれかにカテゴライズするが、
適当では通用しない。


ガリガリの男性に
『プーさんみたいで可愛い!』はNG。
プー度は0%である。嘘八百だ。


ところが5%でも褒められ要素があれば
本人も心当たりがゼロではないはず。


『こいつ、トンチンカンなおべんちゃらを・・・!』
と思われることはないだろう。


嘘をついておだてよ!という意味ではなく、
小ーさな長所を最大級に膨らませせ!!
ということだ。


 


そんな私も
婚活時代は男性を褒めることが苦手であった。
褒める時は90点以上の場合のみ。


褒めたら負ける!みたいな
妙なプライドでもあったのだろう。

 
今では30%ほど満たしていれば、
お世辞ではない褒めの言葉が出るようになった。


本来はこれぐらいが普通なのではないか・・・!


5%では無理やり感が否めないが、
30%あれば堂々と口にしてもいいか。


人間関係の潤滑油となること間違いなし。
褒められて伸びる子は多いのだ。


また自分が褒められても
30%のつもりでいれば、
調子に乗りすぎて
自滅することも防げるだろう・・・。



2F687E0A-3C3F-41DB-896F-DBBF2B2CB288



婚活の末に結婚する者、苦戦する者・・・。  半径5メートルという狭い範囲で、ある共通点が見えたのでご紹介する〜。(アラフォー以上限定)  ①結婚する者は、別れる勇気を持つ  結婚する女たちは、男を切る決断力に長けていた。  彼との関係が熟してきたところで、

婚活の末に結婚する者、
苦戦する者・・・。
 
 
半径5メートルという狭い範囲で、
ある共通点が見えたのでご紹介する〜。(アラフォー以上限定)

 
 
①結婚する者は、別れる勇気を持つ
 
 

結婚する女たちは、

男を切る決断力に長けていた。
 
 
彼との関係が熟してきたところで、
結婚する気があるのかどうかを
尋ねるストレート方式。

 
結婚は考えているか?それはいつなのか?
 
 

文字にするのは簡単であるが、

実際に聞くには勇気が必要。
 
 
ここで曖昧な態度を見せようものなら、
彼女たちは思い切って捨てる。
 
 
二人の関係に
問題があるわけではないので、
自ら切るのは苦渋の決断だ。
 
 
しかもこちらはover30、
また1からの戦いを意味する。

 
否応なしにフラれたほうが諦めはつく。
自ら選択するには重すぎる・・・!
 
 
もちろん別れた後は
涙の1つ2つくらいは流すが、
後の彼氏とあっさり結婚を決めた。
 
 
あの時の苦しさは、無駄ではなかった・・・!
過去の自分に感謝している彼女たち。

 

苦戦している者たちは、
未来が見えない男でも手放さない。

 

『この人と結婚するのはどうなんだろう・・・?』


 
信頼を寄せきれていない彼氏でも、
ひとまず手元には置いておく。
 
 
それが月単位、
年単位となってくると、
妙な情も湧いてしまい
よけいに離れられず・・・。

 
他の男性を探そうとはするも
やはり手持ちゼロの状態よりは
新規に対する意欲は半減。
 
 
彼氏でモヤモヤしているところを、
婚活でもモヤモヤしてしまう結果に。 

 
驚くことに長く付き合っていても、

 
『(結婚について)怖くて聞いたことがないし、
これからも聞けない』
と言うではないか。
 
 
出会うことはもちろんであるが、
合わない相手と離れることも婚活。
言いたいことを伝えるのも婚活。 
 
 
片手に荷物(男)を持ったままよりも
両手を空けて大きなものを捕まえたい。
 

 
②苦戦する者は、アリかナシで男を判断する
 
 

老いて結婚した者たちは、

出会いの間口がとにかく広い。
 
 
お店で例えると、
ドアがオープンで気軽に入りやすい1階。

 
たとえ商品を買わなくても
嫌な顔をされないであろう雰囲気。
 
 
よって様々なタイプの男たちがやってくる。
ウェルカムな姿勢が客を呼んだ。

 
彼女たちはそこから吟味し、
これは・・・!という
お客にだけに商品(己)を売る。

 
誰でも入れるが、誰でも買えるわけではない。

 
一方で苦戦組のお店は、
ドアが非常に頑丈な地下1階。
一部のお客にしか、入店は許されない。
 

指紋、網膜認証、パスワード・・・。(喋り、職業、ルックス・・)

 
全てをクリアした選ばれし者だけが、
ようやく店内に入ることができる。
 

その客が商品を買うかどうかは別問題。
非常に効率の悪い商売である。
 
 
『アリ』か『ナシ』かがハッキリとし過ぎており、
その中間の『いいかも!?』が存在しない。

 
1531FDA8-B625-4F1C-80F6-1AD92A9B74E8

 
器用な者たちは、
①と②をうまいこと使いこなした。
 
 
悪い縁を長々と持ち続けることもなく、
出会った瞬間に男を切り捨てることもなく・・・。
 
 
婚活をうまくいかせるかどうかは、
ほんの少ーしな差であった。
 


デヴィ夫人の婚活論で、こんなのを発見。  『男の視線はサプリメント』  『見られている』という緊張感がいい刺激となって女は綺麗になる。 人の視線を栄養にして、美しくなる生き物なのだと仰る・・・。  脚が太い人ほどミニスカートを履くべし!とのことだ。  見られ

デヴィ夫人の婚活論で、
こんなのを発見。

 
 『見られている』という緊張感が
いい刺激となって女は綺麗になる。

 
人の視線を栄養にして、
美しくなる生き物なのだと仰る・・・。
 
 
脚が太い人ほど
ミニスカートを履くべし!とのことだ。
 
 
見られる意識で細まるのか・・・?
 
 
『カブのようなシルエットは大根に、
大根だった脚はきゅうりのようになりますわ』

 
なんとー!!
カブからキュウリとは大変身だ。
 

その前に、
カブほど膨らんでしまったら、
健康状態も心配よ。
 
 
脚以外のパーツにも、
カブが散りばめられているはず・・・。
 
 
この方法で、驚くほど
身体のラインが変わるというのだ。

212A45BF-DC84-4B89-A09D-24B064683637
 
 
確かに・・・
太ると体型カバーの服ばかり
着てしまっている。
 
 
何だか守られているような気がして
身も心も緩み・・・さらにサイズアップ!
 
 
服のゆとりある部分に
脂肪が近づいていき、
隙間を埋めていくイメージだ・・・。
 
 
これではカブを通り越して、
桜島大根と化してしまう。
 
 
ゆる服は鎧かと思っていたが、
呪いであったか・・・。
 
 
夫人は78歳の現在でも、
ウエストがギュッと引き締まった服、
胸元の開いたドレスを着用。
 
 
絶えず緊張感を持たせて
いるとのことで恐れ入る・・・!
 
 
以前、テレビ番組で彼女が
全身ヒョウ柄のレオタードにて
ポールダンスを披露していた。
 
 
70代とは思えぬ抜群のスタイルで、
胸元も真っ白で美しい・・・!

 
そもそも、ポールダンスができる
筋力があることが見事。


 
日々の習慣があの身体を
作り上げていたのだ。
 
 
品良くオトナの肌見せをしつつ、
身体は緩ませてはならぬ・・・
という教え、説得力抜群。


全ての締め付けから解放された
服ばかりを着て、長年経つ・・・。
 
 
婚活時代の写真がやけに
ギラついて見えるのは、
単に若さだけではなく、
圧倒的な緊張感であった。
 
 
男の視線はサプリメント・・・納得!

 

 

美人の友人が常に行っている恋愛作法があった。 『この男の、ここが嫌だ!』『こいつの、ここが駄目だ!』 こんな思考に陥った時は、まず自分を指差す。 『じゃぁ、お前はどうなんだ?』と。 他人の粗を探しそうになったら、己の総合点から再確認。 我々の間では『指差


美人の友人が
常に行っている恋愛作法があった。

 

『この男の、ここが嫌だ!』
『こいつの、ここが駄目だ!』

 

こんな思考に陥った時は、
まず自分を指差す。

 

『じゃぁ、お前はどうなんだ?』と。

 

他人の粗を探しそうになったら、
己の総合点から再確認。

 

我々の間では『指差し確認』と
親しまれていた作業である。

 

車掌のように全方位、
指を動かして安全確認。

 

自分に指を向けてみると、
ドキっとする。

 

人のことを言えるくらい、
お前はいい女なのか?

 

駄目だと切り捨てた彼は、
自分よりも立派な人物なのでは?


自問自答して、
心をコントロールしていた。

 

言うのは簡単だが、
実行するのは意外に難しい。

 

この作業を怠ると、
こんなことが起きる・・・。

 

私はあるカツラメーカーの
シャンプーを探していた。


ハゲた父が欲しがっていたのだが、
インターネットも普及していない頃。
 
 

何処にも売っておらず諦めかけた時、
そのカツラメーカーの看板を見つけた!

 

雑居ビルの一室で、
エステのような店舗であった。


私はそこに飛び込んだ。
『シャンプーくださーい!』

 

店員に驚かれ、
すぐさま別室へ移された。

 

女が入ってはマズかったのか・・・。

 
カタログを見るように促され、

しばらく待たされた。

 

頭皮マッサージ器が10万円、
頭皮用の謎エッセンスが8万円。

なかなか高額である。


人の弱みに付け込んだ商売は強気だな、

ほどなくして店員がやってきた。

 

『お待たせしました~』

 

ネームプレートに『店長』と刻まれた、
ハゲ散らかした男性が入ってきた。

 

私は驚きのあまり、
目を見開いてしまった。


『ええっ!?』と
声も漏れていたかもしれない。

 

これらの商品を売るのに、
その頭で飛び出してきてはイカンだろう。

 

ハゲでもいいから、カツラ被ってくれー!

 

商品の効果はないですよと
言っているようなものだ。


67


ハゲたお客を相手にするなら、髪を植える。
太ったお客を相手にするなら、痩せる。
人の文句いう前に、己を整える。

指差し確認は大事であった・・・。

 


『オトコが結婚を決めた瞬間』このような特集を女性誌で見たことがある。気になるー!まずはこちらから、ご紹介〜。『念願の出世もでき、気持ちに自信と余裕が出たとき。人生着実に!』よく聞く養う自信ができてから結婚!というやつかい。 気になるのが末尾の『人生着実に

『オトコが結婚を決めた瞬間』



このような特集を
女性誌で見たことがある。

気になるー!
まずはこちらから、ご紹介〜。


『念願の出世もでき、気持ちに自信と余裕が出たとき。人生着実に!』


よく聞く
養う自信ができてから結婚!
というやつかい。

 
気になるのが末尾の
『人生着実に!』部分だ。


完全に『自分が』
結婚したい時期ということだ・・・。
彼女の希望時期はもはや眼中にない。


こちらも同じく男性の計画色が濃い。


『年収600万、年齢33歳が到達ライン。
達成したので、プロポーズしました!』


ここまで待てずに、
痺れを切らした彼女もいたのでは・・・。


彼らが結婚したいと思ったときに
たまたま付き合っていた
彼女と結婚するのだろう。


結婚はタイミングとは
よく言ったものだ。

 
このタイプに出会ったら、
自分の希望時期は通らないと心得ねば・・・。


心温まる!?こちらのご意見。

 
『30半ばで放出(婚活界に)
するのは悪いから、責任を取った』


彼女を『売れ残ると悪いから』という
かなり後ろ向きの意見ではあるが、
腹を括ったからまだよし。


一番厄介なのは放出もせず、結婚もせず、
はぐらかして付き合い続ける男である。


こちらの男性がさらに泣けるー。


『1歳でも1日でも若くて美しい時に、
彼女にドレスを着せてあげたかった』


知り合った時に32歳だった彼女の幸せを考え、
1年以内に結婚を決めたそうだ。


相手のことを考えた、
思いやりのあるコメントである。


己の人生計画を重視する者が大半の中、
ほっこりしだ。


かなり荒技だが、こんなものも!


『遠距離の彼女が仕事を辞めて、自分の所に来たとき』


結婚というよりも、
男としての責任を取ったそうな。

 
良い子はなかなか真似できない、
大博打である。


無言のプレッシャーも効いたそうな。
30歳という年齢・・・仕事を捨てた事実・・・。
でも結婚を迫るわけでもない・・・。


ここでギャーギャー言ったら、
OUTだった可能性も大。沈黙は金・・・!

 


結婚の決め手で多かったのが、

 
『手料理が旨かった』


あくまでも『結婚を考えられる彼女』の場合。
そこに到達するまでは効力が弱い。


それにしても、
どれもこれも『男に』結婚を
決意させねばならない。


婚活とは大仕事である。




かつての東京カレンダーで丸の内特集があったときのこと・・・。  この街のリアルを見せるため、3名の男女が登場した。まずはこちらから!『丸の内3M男子』  丸の内で・メジャーに・モテるの略・・・。  無理やり作った感・満載だが、欲望がプンプンして血が騒ぐ〜! 

かつての東京カレンダーで
丸の内特集があったときのこと・・・。

 
 
この街のリアルを見せるため、
3名の男女が登場した。



まずはこちらから!
『丸の内3M男子』
 
 
丸の内で・メジャーに・モテるの略・・・。
 
 
無理やり作った感・満載だが、
欲望がプンプンして血が騒ぐ〜!

 
33歳、一橋大学卒、NY赴任帰り。
彼女いない歴は3年である。
 
 
『何でもそつなくこなすエリートが
唯一解けない結婚という方程式』
 
 
かっちょいいタイトルだが、
まとめると『結婚できない男』かい。

 
私も『婚活』ではなく、
『方程式』と呼べばよかった!
 
 
『どこに出しても恥ずかしくない商社ブランド。
当の本人も自覚している』
 
 
この一文が恥ずかしいわい。

 
CA、モデル、などの王道から、
医師、弁護士まで幅広く出会ってきたが
付き合うことになった女性は少ないと。
 
 
これは。・・若い美女に境遇が似ておるな。
 
 
いくらでも出会いがある故に、
決め手に欠けて危機感もなくなる。
 
 
女は年齢が上がれば『マズイ!』だが、
男は年収が上がれば『ここからだ!』となる。
 
 
もはや1人には決められない・・・。

 
『丸の内3M男子の行きつけはここだ!』
 
 
色々なお店の紹介ページが。
 
 
私が婚活中だったら素直に従って
店に張り込みたい気分である。
 
 
続きまして
『丸の内バリキャリOL』の登場。

 
外資系製薬会社勤務の34歳、
仕事もできて美人。

 
『男と付き合っているみたいだ』と
元彼に振られるものの、婚活はしていない。

 
皇居ランで男性と出会うも、
なかなか誘ってこない彼はショップ店員。

 
『正直に言ってくれたらデートするのに』

 
な、なんと前向き・・・!
ただ誘ってこないだけである。
 
 
キャリアに引け目を感じる男性が多いとあるが、
興味を持たれていないのでは・・・。
 
 
『大事なのは世帯年収、
男女の内訳はどうでもいい』
 
 
私も稼ぐ!というのは頼りになるが、
それよりも大事なことは、
自分から誘うことであった。
 
 
トリを飾るのは、
『丸の内にゃんにゃんOL』。
 

どんどんネーミングが雑になってきたが
最も戦闘力が高そうな匂いがする・・・! 

 
26歳、銀行の一般職、
交際1年の彼氏ありだ。
 
 
『婚活中の丸の内OLにとって、
この街のエリートたちはキラキラ輝く
『夢の原石』のようなもの』

 
ええのう、
清々しいスタートである。

 
『経済力のある男性と結ばれて優雅に家庭を守る・・。・
そういう将来に憧れることは悪いことじゃない』
 
 
ハッキリしていてよろしい。
にゃんにゃんOL、最強物件である。
 
 
『より経済力のある男性へ目を向けたくなるお年頃』

 
いいぞ、いいぞ、どんどん攻めてくれ。

 
ファッション系の仕事をしている彼氏。
結婚となると違うのは、経済力なんだとか。

 
彼女の夢は主婦インスタグラマー。
 
 
ハイブランドの服を着たいし、
マンションの壁も綺麗じゃないと困る。

 
結婚式はパレスホテル・・全てを叶えるのは
丸の内エリートしかない!

 
文字だけ読むとえげつないが、
正直に生きているんだな・・・。 

 
『生きているだけで誘われる、
それが26歳、美人OL』
 
 
最後の一言に現実を感じた。
26歳だけではなく、美人も必要。
 
 
この見出しが全てを物語っている。
チャンスがあるから、夢もみる。

 
逆をいうと、
生きているだけで誘われないなら、
その理想は叶いにくいということ・・・!

 
『高値なこの時期をふいにしたくない。
若くて可愛いのは当たり前。
当たり前があるうちに、チャンスを掴みたい』
 
 
現状を把握している、しっかり者である。

 
多くの若い美女はこの時期を
永遠に続くような錯覚で過ごし、
アラサー、アラフォーへと変身する。
 
 
モテた記憶だけは
しっかりと身体に刻みながら・・・恐怖!
 
 
『若さ余命』を意識する者は強い、
この子は何かを掴むのであろう。
 
 
『こんなに美味しいお肉、初めて食べました!』
 
 
美人OLとなると三度目でも
さらりとこんなセリフが出てくる。
全方位、抜かりなし。
 
 
金曜の夜はエリートの集う
スタンディングバーで狩りをする努力家。

 
モデル軍団を見つけると不利だと踏んで
別の店に移動するという瞬発力。
 
 
ここで超・大物にナンパされ、
『彼氏いるの?』と聞かれる。
 
 
『いるって答えるんだったら、
ここには来ない』
 
 
東京カレンダーらしい、
ギラギラしたラストであった。シビれた・・・。

 
3M男子、バリキャリOL、にゃんにゃんOL。
婚活に強いのはいうまでもない。
 
 
はっ、にゃんにゃんが3Mを
根こそぎ持っていくので、
バリキャリOLが不利になるのか・・・!
やはり自ら誘うしかない。
 
 

素晴らしい合コン動画がありまして、 笑いあり、哀愁あり、オチあり・・・。 曲に合わせて風景が めまぐるしく移り変わる、壮大なスペクタクルなのです。 歌詞の一部をご紹介します! 『ゆれるアクセ透けるレース 鎖骨のよく出た白い服』 『攻め

素晴らしい合コン動画がありまして、
笑いあり、哀愁あり、オチあり・・・。


曲に合わせて風景が
めまぐるしく移り変わる、
壮大なスペクタクルなのです。


歌詞の一部をご紹介します!





『ゆれるアクセ透けるレース 鎖骨のよく出た白い服』
『攻める夜なら3つの首出せ 首に手首に足の首』


雑誌に出てくるような、
モテファッションから始まったが・・・。


『作り笑顔の常習犯 上目遣いは中2でマスター』


すでにプロの域に達しているのではー!
これだけで十分に戦える。


『友達チョイスは躊躇なく キャラ被りは絶対NG』


自分が1番可愛くなるように仕組む
幹事MAXの法則ではタチが悪いが、
仲間うちで潰し合わないためなら良質な作戦。


『メニュー差し出す 軟骨青筋チラ見せて』


芸が細かすぎるー!誰も見てない!
プロの真髄は細部に宿るのだ。


『この子はすごく真面目なの レッテル貼ってライバル足止め』


いい歳こいた婚活女性からすると
『こいつ真面目なんだよー』と言われる
男性なんて優良物件である。


女性は真面目すぎるイメージを持たれると、
『近寄るのが面倒な女』となるのだな・・・無念。


109e08f676815a30d9806ca7bda0d091-e1492061291977


『小食な子に見られるよう 事前にたくさん食べておく』


ただしデブはこの限りではない、
辻褄が合わなくなる。


『あのテクこのテク 重ねてカサネテク
したたかあざやか 女の豊かなテクニック』


馬鹿の一つ覚えではいかんのだ、
複合技で攻めるべし。


〜〜
 
 
21時を過ぎると、本番が始まる。
ここから戦士は勝ちにいくのだ。


『目当ての彼にお酒渡す ちゃっかり隣の席ゲット』


間合いを詰め・・・。


『茶色のアイシャドウで描く谷間は まるで浮き出るトリックアート』


装備を整え攻撃力アップ、
だまし絵まで活用するとは。


『あざといタッチは株が暴落 できる女は足タッチ』


かいしんの一撃!お見事。


『割り勘でいいよと財布は出すけど 出・し・た・だ・け』


ゴールドを稼ぐことも忘れない・・・。


EA783DFE-FC4D-4867-80B2-4C5F31E104FE


さて、
これらのテクニックを駆使した女子が
家に帰った姿が映し出された・・・。


『強くなきゃ戦えない 技がなきゃ戦えない
泣きたい夜もあるけど 掴みたい幸せがあるから』


maxresdefault


なんと・・・
最強かと思われたしたたか女子が
家で自主練しているではないかー!


陰で頑張っていたんだな・・・
急に努力家に見えてきた。


見えている部分は優雅、
水面下は大パニックの白鳥スタイルである。 
 
 
ギャップにキュン死。


『少しの勇気で 世界は変わるから』


したたか女を笑っている場合ではない。


彼女たちは掴みたい幸せのために、
勇気を出した。


と感慨に浸っていたら・・・。


『4つのオイシイを重ねた 重ねドルチェ♪』


スイーツのCMかーい!
最後まで気付かなかったー!

img_57238_1


このご時世に、
思い切ったものを作ってくれて感謝。


何だか商品まで愛おしく思えて
さっそく買いにいったが、
スーパーには売っていなかった。ガーン。