恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ:婚活 > ヤリ手な者たち編

国内トップクラスの人材が現れた!  40カ国の男性と付き合った女性が、『婚活モンスター』としてTVで紹介されていた。 知的なしゃべり方で、声に色気がある彼女。 この方がモンスターとは・・・! しかも日本で仕事をしながらの5年間で40カ国という、驚異的な記録よ。 
国内トップクラスの人材が現れた!
 
 
40カ国の男性と付き合った女性が、
『婚活モンスター』として
TVで紹介されていた。

 
知的なしゃべり方で、
声に色気がある彼女。

 
この方がモンスターとは・・・!

 
しかも日本で仕事をしながらの
5年間で40カ国という、
驚異的な記録よ。

  
路上スカウトマンの男性と、
タイ旅行したことがキッカケだ。
どんな展開じゃい。
 
 
一夜を共にしたが、
カラダの関係を拒むと激怒された。
 
 
『ヤラせないなら出て行け!』
 
 
スーツケースが飛んできたが、
何故か出て行ったのは彼のほう。
謎の男気を出してきたな。
 
 
たった1人でタイに置いていかれ、
楽観的なフランス人から
ピピ島を推された彼女。
 
 
向かう道中、
バスで睡眠薬を盛られ、
パスポートを盗まれる大惨事!
 
 
まずはリラックス♪という
現地民の慰めを受け、
ピピ島の夕日を眺めていると・・・。
 
 
人生で初めて見るレベルの
海、夕日、そして『腹筋』が
目の前に飛び出してきたそうな。
並びがおかしい。 
 
 
腹筋の主とそのまま恋に落ちる。
パスポートのダメージはどこへ。
 
 
私なら我を失い、
海どころではない・・・。
 
 
彼とは結婚寸前で破綻するのだが、
そのときに言われた言葉がこちら!
 
 
『あなたには世界一、
幸せになってほしい。
世界一幸せになるためには
世界一の男と一緒になるべきだ』
 
 
ふーん・・・という感じだが、
婚活モンスターはポジティブ。
 
 
『ほな、世界一と出会ってやろう!』
 
 
ここから、
世界を舞台にした戦いが始まる・・・。
 
 
マフィアのボスから、
出会った瞬間に言われたのが、
 
 
『よし!結婚しよ!子ども作ろう!』

 
チャラ男もビックリのこのセリフに、

 
『その行動力と即決力、私、嫌いじゃない』

 
とポジティブに捉える彼女。
その前向きさこそ、私、嫌いではない!
 
 
ハイチにて聖職者との出会いでも、
モンスターは己を持っていた。
 
 
ひょんなことから同じベッドに入り、
『神とかもういい!我慢できない!』
豹変する彼に対して、流されずにお断り。
 
 
『今までの彼の信念や人生を
変える責任を持てるのか?
欲望のままに動いてはいけない』
 
 
アッサリ神を捨てた男にこそ
見習ってほしい、冷静な判断である。

 
世界を股にかける女は違うのだ。
目の前の誘惑などに負けない。 
 
 
各地でアツい恋愛を繰り広げ、
帰国後にインタビューされた男性から、
 
 
『僕じゃダメですか?』
 
 
と告白を受け、
サクッと結婚した。
 

結果、日本人かーい。(現在は離婚)
 
 
 

彼女に軽いオンナ感が全くないのは、
自分の意思で動いているから。
 

フラフラついていって、
『遊ばれた!』
なんて喚いているうちは
モンスターの足下にも及ばないのだな。

 

全て自己責任、
主導権は自分であった。

 

友人A子(アラフォー)は、韓国アイドルに陶酔中。  その情熱たるや、空港で張り込みをするレベルだ。 愛が高まり過ぎて、日常生活にも影響が出てきた。  本日はアイドルとの距離感について考えてみた。  彼女のお目当てのアイドルが、緊急来日した。 彼は渋谷で仕事
友人A子(アラフォー)は、
韓国アイドルに陶酔中。
 
 
その情熱たるや、
空港で張り込みをするレベルだ。

 
愛が高まり過ぎて、
日常生活にも影響が出てきた。
 
 
本日はアイドルとの
距離感について考えてみた。
 
 
彼女のお目当てのアイドルが、
緊急来日した。

 
彼は渋谷で仕事中だと
Twitterにて知る。

 
A子はその日、
男性とデートの約束があった。
 
 
もう、居ても立っても居られない。

 
何を捨ててでも、
張り込みに行きたい・・・!
 
 
ドタキャンもできないので、
男性を渋谷に呼び出すことにした。
 
 
『観たい映画があるんだ~♪』
などと適当なことを言って。
 
 
気もそぞろで、
映画の内容など全く頭に入ってこない。
 
 
街を徘徊して、
彼を探したい衝動が抑えられぬ。
 
 
苦しい時間であったそうで、
彼女が出した結論が・・・。
 
 
『もう今後、(男との)予定なんて入れない!!』
 
 
・・・捨てたのは
現実世界のほうか!

 
男性からのお誘いが
邪魔と化してしまった。
 
 
更に別の弊害もあるようで・・・。
通勤電車が苦痛になってきたというのだ。
 
 
その理由が驚きで・・・。
 
 
美形アイドルを
眺め過ぎてしまったので、
一般人の容姿に
ギョッとしてしまうのとのこと。
 
 
こりゃ、いかん。
重症患者になってしまった。
 
 
そこで躍り出たのは、
同じく韓国アイドルにハマるB子(アラフォー)。
彼女はA子を諭した。

 
『電車にいる人が普通だと理解すれば、
彼(アイドル)のありがたみが、
さらに倍増するじゃない!』
 
 
なるほど・・・。
スターをさらに特別な存在に仕立てるのだな。
 
 
Aはアイドルを、人間の基本とみなす。
Bは一般人を、人間の基本とみなす。
 
 
B子の目線を持つと、
無駄に一般人に腹が立つこともない。
 
 
アイドルの有り難みが
増す効果もあるようだ。

 
彼らを心の潤いとして活用している。


同じアイドル好きのA子とB子。
彼女たちに共通するのは、
人生が楽しそうなことである。
 
 
 

その日も韓国アイドルの映像を見て、
キャーキャーしていた。

 

どちらも絶対、長生きしそうだ・・・。

 

 

 『高齢美女の独身率が高いのは若い頃のチヤホヤを引きずっているから!』  ・・・のような記事はよく見るが、逆に自信を失っているパターンもある。  〜〜  『あぁ、私だけ結婚してないー!』  ある集いでA子(アラフォー)が嘆いた。  彼女は美人でキャリアもあ

 『高齢美女の独身率が高いのは

若い頃のチヤホヤを引きずっているから!』
 
 
・・・のような記事はよく見るが、
逆に自信を失っているパターンもある。
 
 
〜〜
 
 
『あぁ、私だけ結婚してないー!』
 
 
ある集いでA子(アラフォー)が嘆いた。
 
 
彼女は美人でキャリアもあり、
男も途切れない女・・・。
 
 
誰もが1番に結婚するかと思ったが、
意外にも苦戦中なのだ。
 
 
つい先日も交際間近までいったが
最後の最後で振られたとのこと。
 
 
『もう私、結婚は無理ー!!』

 
絶望を隠しきれない彼女。
 
 
・・・聞けば相手は10も歳下の、
イケメン医師というではないか。
 
 
『そこを攻めようとする心が強い!』
『25歳美女でも、手強い相手だ!』
 
 
結果云々よりも、
『よくぞ挑んだ!感動した!』
かつての小泉首相のような声が響いた。 
 
 
敗れたところで問題はない、
さ、次ですよ次!である。
 
 
ところが本人は完全に自信をなくし、
『私なんて相手にされない・・・』
モードにどっぷり浸かっている。
 
 
同じような事例で、
B子も10ほど歳下のイケメンに振られ、
『私なんて・・・』と失意のどん底に。
 
 
これは美女ならではの特性だ。
 
 
通常ならば挑まないであろう、
手強い相手との試合が成立してしまう。
 
 
箸にも棒にもかからないならば
傷付くこともないが、
少々でも関わってしまうとダメージ大!
 
 
敗れた相手が強ければ強いほど、
他の男性では物足りなくなるので、
次も手強い相手を見つけてくる。
 
 
 
 
逆に、異性から人気がなくとも
なぜか自信満々の者だっている。
 
 
『俺の女遊びのこと、言わないでくれよ?』
 
 
全くモテないC男に釘を刺されたときは、
目が飛び出るほど驚いたものだ。
 
 
女遊びと呼ぶには乏しく、
数名の女性と食事しただけ・・・!
そんな情報、誰得じゃい。
 
 
しかし、
生き様は見習いたい。

 
彼らは少しでもいいことがあると、
己の養分として吸収する。大げさなほどに!
 
 
冒頭の美女たちにとっては、
興味のない男性との食事なんぞで
自己肯定感は上がることはない。
ほんの日常だから。
 
 
フラれた事実1つで自信を失うか、
日々の小さなことで自信を付けるか、
どちらが生きやすいのかは明らかである。

 

『行きたくない・・・ドタキャンする!!』  友人A子(アラサー)の十八番はドタキャン。相手は婚活で知り合った男性たちだ。  針の穴のほどのストライクゾーンの狭さを自覚してか、デートのお誘いはなるべく受けることにしている。  ・・・が、日にちが近づくにつれて、
『行きたくない・・・ドタキャンする!!』
 
 
友人A子(アラサー)の十八番はドタキャン。
相手は婚活で知り合った男性たちだ。
 
 
針の穴のほどのストライクゾーン
の狭さを自覚してか、
デートのお誘いは
なるべく受けることにしている。
 
 
・・・が、
日にちが近づくにつれて、
目に見えて病んでいく彼女・・・。
 
 
『行きたくない、行きたくないよ・・・』

 
聞けば何も問題のない相手で、
『会いたくない』というわけではなく、
『行きたくない』のだ。
 
 
準備して時間を割いて、
出向くことが億劫。

 
家でゲームをして、
ゴロゴロしていたい。
 
 
表情はどんどん暗くなり、
身内が死んだかのような落ち込みに。

 
ただ、デートに行くだけ・・・!
 
 
同じようなことを、
村上佳菜子さんが仰った。
 
 
『3日以上先のデートは憂鬱になる!』
 
 
曰く、行けば楽しいのだが、
先々の予定だと面倒に感じる。
 
 
この意見に、
世論が盛り上がっていた。
 
 
『わかるー!行くまでが面倒!』

 
『自分で誘っておいて、当日は面倒になる』
 
 
等々、共感の声が多数。
なんなら誘った側でも面倒とのこと。
 
 
しかし村上さんは違い、
 
 
その時間があればジムにいけるのに!
将来のためにはデートより大事!
 
 
という、
アスリート魂からきていた。
 
 
一日でも休むと調子が狂う、
あの日やっておけばミスしなかったのに・・・
と後悔するのも嫌。
 
 
仕事命!な脳である。
 
 
彼らをお誘いするには
先々の予定を抑えてるよりも、
突然空いた時間のほうが
心理的負担が少ないのだろうな〜。
(恋愛がうまくいくかは別として)
 
 
BA0258B9-3A58-41EC-BE6B-2898B604BFCE

 
少しでも休むと命を賭けた本業に
支障が出る『行きたくない』と、 
娯楽や休息を優先させたいがための
『行きたくない』は似て非なるモノ。

 
後者はとりあえず行ってみたらよい。
半径5メートルでこんな事例がある。
 
 
・当日の飲みの誘い『とりあえず』行ってみた
→同じく当日に呼ばれた彼と、ゴールイン
 
 
・ヒマだから『とりあえず』
知り合いの男性全員にメールを打ってみた
→ただの知り合いから、夫に昇格
 
 
気合い入れずに、とりあえず・・・。
 
 
KYならぬ、
TYという言葉があるらしい。
T(とりあえず)Y(やってみる)
縁起の良さそうなフレーズではないか。

 

 

  『今は(結婚)しなくていいかな~』昔からよく聞くセリフだ。 一生、しないわけではない。ひとまず『今は』という意味である。  『今は』の前に入る枕詞が数種あるので、一部ご紹介~。 ①超・好みの男にプロポーズされても(今はしなくていいかな~)  王者しか

  『今は(結婚)しなくていいかな~』

昔からよく聞くセリフだ。

 
一生、しないわけではない。
ひとまず『今は』という意味である。
 
 
『今は』の前に入る枕詞が
数種あるので、一部ご紹介~。

 
①超・好みの男にプロポーズされても
(今はしなくていいかな~)
 
 
王者しか吐けないセリフだが、
稀にこのような強者が存在する。
 
 
友人A子(アラフォー)は
常に
求婚されていたが、
恋愛人生を優先。
 
 
どれほど好きな男からでも
決してプロポーズを受けなかった。
 
 
ところが寄る年波には勝てず、
自分のしたいタイミングにて
アッサリと結婚を決めたものだ・・・。
 
 
まさに『今はしない』を
名乗るに不足なし。
自分でコントロール可能な『今』である。
 
 
②相応しい相手はいるけど
もろもろの状況で
(今はしなくていいかな~)
 
 
こちらのグループも、
王者率が高し。
 
 
自立した大人のカップルで
籍を入れる必要を感じていない、
貴族・B子(アラフィフ)。
 
 
自分の会社を持っているため、
名義変更に伴う手続きが
面倒だというC子(アラフィフ)。
 
 
もう結婚は懲りたが、
火葬だけはしてほしいので
そのうち入籍してもOKなD子(アラフォー)
 
 
真剣に『今は』を感じるグループである。
 
 
『仕事が忙しすぎて・・・』
はマトモな相手がいる場合は②グループ。
 
 
手持ちカードゼロの場合は、
以下③グループへ仲間入り。
 
 
③めぼしい相手はいないが、
出会いを探すのも面倒だし
(今はしなくていいかな~)
 

本気で『今はしたくない』と
思っていたわけではなく、
『いい人が目の前に現れた場合はOK!』
という条件付き。
 
 
いい人とは出会いたいが、
自分から動くのは『今』ではない。
 
 
そしてその『今』がやってきたとき、
『もっと早く動いておけば・・・!』と
悔やむ声を多く聞いた。
 
 
もちろん、
何歳からでも間に合うが
労力が全然違ってくる。
 
 F0E2B28A-7D81-4735-B443-5B366674F0D0

 『後悔しない生き方(著・堀江貴文)』に
このような事が書いてあった。

 

変えたいけどできないというのは
本当は変えたくないのだ。
 
なぜだろうか?
それは結局のところ楽だからだ。
 
毎日運動するなら、
早く起きなければならないだろう。
そしてそれは面倒なことなのだ。
 
だが、何かを得るためには
何かを捨てねばならない。
 
全てのことに当てはまるー!
婚活にも、ダイエットにも、仕事にも。
 
 
先延ばしの『今はしない』なのか
能動的な『今はしない』なのか・・・。
 
 

コミュニケーション能力が とてつもなく高い友人たち(アラフォー)がいる。  彼女らは単体でも素人離れしているが、束になると更なる力を発揮した。  どんな場であろうが、どんな人物であろうが盛り上げる能力に長けている。 若い人たちとノリのいいトークはお手の物で上
コミュニケーション能力が
とてつもなく高い友人たち(アラフォー)がいる。
 
 
彼女らは単体でも素人離れしているが、
束になると更なる力を発揮した。
 
 
どんな場であろうが、
どんな人物であろうが
盛り上げる能力に長けている。

 
若い人たちと
ノリのいいトークはお手の物で
上の年代と
堅い話もすることも得意。
 
 
相手に合わせて会話の内容、
テンションの幅を
自由自在に操ってきた。
 
 
あまりの喋りの巧さと貫禄に、
銀座のママと
勘違いされることもしばしば・・・。
 
 
その技量は年々、
上達しているように見える。

 
重要な接待から、
パリピの巣窟、
ややこしい親戚の集いまでOK。


どんな場でも任せられる、
絶大なる信頼感といったらない。
 
 
彼女たちは若い頃から
可愛いらしい顔をしており、
言ってしまえば、
座っているだけでモテるタイプ。
 
 
常に男は途切れないし 
恋愛での苦労は一度も
聞いたことがない・・・。
 
 
そんな手練れでも、
喋りの技を磨き続けている。
 
 
あんたたちはなんて立派なんだ、
と伝えたところ・・・。


 
『だって、喋れない年増、いらなくない??』
 

 
喋れない年増!!いらない!
強烈ワード食らった。


流行語大賞、決定!
 
 
いくら美魔女だ何だと言われても、
年齢は年齢。

 
魅力的な喋りこそが、
熟女の必須アイテムであった。

 
美に陰りが出ることはあっても
トーク技術は増やすことができる。
むしろ一生モノの宝・・・。
 
 
シワが1本増えたら、芸も1本増やすぞー。おー。
 
 

50CDEFE8-51F5-4B78-BA6B-D216122897A9


婚活界では強い勢力を誇る『若い女性』。  さて、近頃は最強と謳われる彼女たちですら、強力装備にて婚活界に参入してきている。  厳しい時代を生き抜く姿をご紹介~。   A子(24歳)は気付いてしまった。 『結婚するには、今こそ有利である!』と・・・。  遊びた

婚活界では強い勢力を誇る『若い女性』。

 
 

さて、近頃は最強と
謳われる彼女たちですら、

強力装備にて
婚活界に参入してきている。
 
 

厳しい時代を生き抜く姿をご紹介~。

 
 

 
A子(24歳)は気付いてしまった。

 
『結婚するには、今こそ有利である!』と・・・。
 
 
遊びたい盛りの時期に開眼。

 
誘惑にも負けず、
婚活に力を入れることにした。

 
彼女、そこにいるだけで
モテそうな風貌だった。

 

マシュマロみたいな
ふっくらプリプリ美肌。


ムチっとした健康美で 

妖しい色気を放っている。
 
 
さらに高学歴で、高収入ときたかー。
 
 
財力をフル活用して、
芸能人もいるような
高額なジムに入会した。
 
 
『出会いのためには、投資は惜しまない!!』

 

もはや敵なしの行動力である。

 
 
合コンにも数々参加しており、
開始時間まではビジネスマンが多い
カフェで時間を潰しながらも、
狩人の目で周りを見渡す徹底ぶり。
 
 
時は金なり、命なり。
 
 
狙う男性もハイレベル層だが、
手が届く可能性は十分。
 
 
こりゃ敵わんと思ったのは、
『オヤジ好き』な部分も
持ち合わせていたのだ。
 
 
20代でありながら、
40代ウェルカム!むしろ歓迎!
 
 
重要視するのは
人間性!能力!財力!
 
 
ただのイケメンなんぞに、
決してうつつを抜かさない。
 
 

若い女性が
ここまで徹底して婚活するとは・・・。

 

結婚向き男子が
早く完売する理由がわかる。
 
 
彼女は苦労している上の世代を見て、
『あぁはなるまい!』と決意。
 
 
労力の少ない若いうちに、
結婚を済ませておこうと思ったそうだ。

 



 
 
『けっ、若い女はいいわね~!』

 

いやいや、
そんなことはない。


 
20年後から見たら、
今日の自分はものすごーく若い。
もう寿命単位で考えるべし。


まぁ若さは強いが、
ほんの一項目にすぎぬ。 

 

『若さ以外に自信を
持てる部分がないから
今、頑張っているの!』


 
A子の言葉に、ハッとした。


 

逆に、若さを失っても

自信ある部分を持たねばならぬ・・・!
持っていれば何とかなる。


会社員時代・・・。部署異動となり、A子(20代・美人)の隣の席になった。 よく見ると足を骨折しており、松葉杖ではないか・・・! 『合コンが続いていて辛いんですけど、休んでいる暇はないんです!』  これは・・・逸材の予感しかしない。 骨を折っても休んでいる暇が

会社員時代・・・。


部署異動となり、

A子(20代・美人)の隣の席になった。

 
よく見ると足を骨折しており、
松葉杖ではないか・・・!

 
『合コンが続いていて辛いんですけど、
休んでいる暇はないんです!』
 
 
これは・・・
逸材の予感しかしない。

 
骨を折っても休んでいる暇がないと
婚活に励んでいたのだ。
 
 
負傷した足を引きずりながら、
夜の東京に消えて行く彼女・・・。
 
 
若くして気合いが入っている。
 
 
完全回復してからは、
水を得た魚のごとく飛び回り、
1秒を惜しんで出会いに励んでいた。
 
 
独身時代に出会っていら、
頼りになる戦友になっただろうな・・・。


二年ほどして、彼女は結婚。
 
 
本当に多くの修羅場を乗り越えて、
ようやく終戦を迎えたのである。
 
 
これほど苦労した子はなかなかいない
・・・というレベルであった。
 
 
ところがだ、
A子はやっかみを受けた。
 
 
職場のお局や
昔からの友人に。

 
『サクッと結婚したから、わかんないよね〜』
『お金があるから、わかんないよね〜』
 
 
明るく、ひょうひょうとした性格のため、
簡単に結婚したように見える彼女。
 
 
いやいや、実は死ぬほど努力をし、
激しい荒波を乗り越えて、
幾多の血と涙を流したのだよ・・・!!
 
 
そんな苦労はおくびにも出さない。
 
 
事情を知っている私ですら、
表向きは簡単に結婚したように見える。
 
 
病んだ女友達から
心ない言葉をかけられ、
疎遠になったと言うのだ・・・。
 
 
『簡単に運よく
結婚したと思われてるんです・・・。
私だって苦労したんですけど・・・』
 
 
ハッとした。
 
 
なかなか妊娠しなかったときに、
友人が3人目を身ごもった・・・。

 
『いいな〜!!次々と生まれて!』
 
 
本気で羨やみ、軽口を叩いた。

 
あとから聞いた話だが、
なかなか3人目ができずに悩み、
体調を崩し、流産を繰り返したという。
 
 
そんなに大変だったとは・・・!!
すまない、友よ・・・。
 
 
彼女もひょうひょうとした性格で
喜怒哀楽をギャーギャー出さない、
オトナの女なのだ。
 
 
確かに結婚も妊娠も苦労なく、
サクッとこなす女は存在する。
 
 
同時にサクッとこなしたように
『見える』女も存在する。
 
 
『死ぬ、疲れた、もうダメ!』と
ぎゃーぎゃー騒ぐ者ほど(私だな)、
事件は何も起きていない。
 
 
シレっとしている者に限って、
1人コツコツと戦っている。
 
 
そういうオトナになりたい・・・!
もうオトナだから来世で。 


 

女性誌によくある、1ヶ月コーディネートを読むのが趣味!! ある美女の生活をご紹介する〜。   容姿端麗で性格もよく、仕事もできるという27歳女子。  パーフェクトすぎてまるで感情移入できんが、『彼氏が5年いないのが悩み』と強引に読者へ寄せてきている。『さっそ
女性誌によくある、
1ヶ月コーディネートを読むのが趣味!!
 

ある美女の生活をご紹介する〜。 
 
 
容姿端麗で性格もよく、
仕事もできるという27歳女子。
 
 
パーフェクトすぎて
まるで感情移入できんが、
『彼氏が5年いないのが悩み』と
強引に読者へ寄せてきている。


『さっそく、オシャレバーで1人飲みを決行してみます♪』

 
いきなりハードルが高い・・・!
 
 
5年もブランクがある割には、
出会いスポットに単身乗り込む勇気。
 
 
『テレビ業界のメンズ3人と連絡先交換!』
 
 
一気に収穫3!
これに勢いがついたのか・・・。
 
 
『でも私には、
まだ出会いの数が足りない!
効率的に出会うならアプリ恋活かな!』
 
 
今まで何やっとったんじゃい!
といわんばかりの急加速ぶりだ。
 
 
『男性からメッセージが届く、
届くで浮かれちゃう』
 
 
27歳美女が新規登録・・・
そりゃ男子も殺到しますわ。
 
 
『バーで出会った
10歳年上の大野さんから
デートのお誘いキター!』

 
さっそく第一のメンズ、
大野さん登場。

 
『イタリアンはお好きですか?って
好みまで気にかけてくれるところがオトナ!』
 
 
この程度で大人認定してくれるのか・・・!
 
 
婚活やさぐれ女にはスルーされる
であろう項目が加点ポイントに。
 
 
『餃子は飲み物♪
コミュニティメンバーでオフ会♪』

 
餃子は噛みたい!
せめて麻婆豆腐を飲め。
 
 
こちらも1人で参加しており、
食べっぷりのよい村上くん(23歳)をゲット。
 
 
その翌日には・・・
 
 
『社会人ボーリングサークルで
大人の習い事、はじめました♪』
 
 
お花や料理は女性しかいないとのことで、
目の付け所が非常によい・・・!
 
 
5年のブランク・嘘だろう説、勃発。
 
 
『アプリでずっとやりとりが
続いた人と念願のデート!
待ち合わせ場所で待っても現れない!』
 
 
名もなき男が、
出番なく散っていった・・。

 
翌日には息吹を取り戻し、
『宅配のお兄さんの笑顔が素敵でやられた♪』
 
 
こんな日常にも出会いが落ちている!
ドタキャンなんぞ、どこ吹く風。
 
 
そういえば会社員時代、
自転車便のお兄さんは
筋骨隆々の爽やかメンズが多かった。
 
 
バイク便のお兄さんは
肥満気味のメンズが多かった。
 
 
エンジンのあり・なしで
体型が変わることを実感。
運動って大事!
 
 
『宅配のお兄さんから受け取った伝票に
謎の手書き文字が・・!』
 
 
よかったら連絡くださいと、
LINE ID が。
 
 
仕事中にこんな出会いがあるとは、
美女の日常たるや恐るべし。
 
 
『餃子会の村上くんから
悩みLINEがきて心配・・・』
 
 
餃子飲んで、喉、詰まらせたか・・・。
 
 
と思った仕事やめようかな・・・と
落ち込みモードのようだ。
 
 
一度会っただけの者にする話かね。
スレていない主人公は
心配してくれておるが。
 
 
『せっかく会ったのに
ずっと無言でタバコ吸ってるし、
 
 
挙句、お姉さんゴチです!
ってランチ奢らせるし。
はい、恋人候補から却下決定です!』
 
 
わかりやすい脱落・・・!
さようなら、村上!
 
 
『宅配のお兄さん、
伊藤さんとは同じ年ということが判明!』
 
 
こちらは恋人候補。
 
 
村上のように
一撃で散る雰囲気ではなく、
本命に昇格する空気は十分。
 
 
『女の子と手を組んで歩いている
大野さん(37歳)を発見!
紳士の顔を被った遊び人とか・・・。
男って信用できない!』
 
 
遊び人は遊ぶのが仕事なので、
紳士的な振る舞いはお得意だ。
 
 
連絡先交換をしただけの、
通行人に毛が生えた程度ではないか。
まだ何も始まっちゃいない。
(なぜか大野氏の肩を持つ)
 
 
『♯恋活 ♯疲れた 無意識でネット検索』

 
これこれ、
まだ始まって二週間である。

 
『伊藤さんにも、色々あって
疲れちゃいましたとLINEで
弱音を吐いちゃった・・・』

 
宅配のお兄さんに意味深LINE。
おや、この手口はどこかで・・・?
 
 
先ほどの餃子男子・村上が好んだ、
『俺、疲れちゃった♪』作戦ではないか!
 
 
ちゃんと自分の技として吸収している。
良き伝統はパクられていくのだ。
 
 
『疲れているみたいですね、
気晴らしにドライブにいきませんか?』
 
 
さっそく伊藤さんからのお誘いが。
疲れちゃった作戦、効き目アリ。
 
 
知らんがな!
と華麗にスルーされるか、
誘いが来るかの大勝負である。
 
 
『伊藤さんからの告白に胸がいっぱいです』
 
 
水族館デートの最中に、
僕と付き合ってもらえませんか?
もちろんOKで、ハッピーエンド。
 
 
怒涛の20日間であった・・・。

 
もう一度言う、
5年も何していたのだ。
 
 
【教訓】
美女が歩けば、彼氏ができる。