恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ: 婚活

友人A子(アラフォー)と立ち飲み屋に行った時のこと・・・。 店内は薄暗く、肌のアラも隠れ、なんとも言えない安心感だ。・・・さて、30代くらいの男性2名がやって来た。店内をキョロキョロしており、誰かを探しているようだ。 彼らの一人が呟いた。 『よく見るんだ、20


友人A子(アラフォー)と
立ち飲み屋に行った時のこと・・・。

 

店内は薄暗く、肌のアラも隠れ、
なんとも言えない安心感だ。


・・・さて、
30代くらいの男性2名がやって来た。


店内をキョロキョロしており、
誰かを探しているようだ。

 

彼らの一人が呟いた。


 

『よく見るんだ、20代を探せ。間違えるなよ・・・!』



20代以外は間違いとは・・・!
どうやらナンパ相手を物色中のようだ。


素早い動きで、
我々の間を無言で通過していった。

 

おまえ達など、
間違えることすらないからな・・・!
そう背中が語っていた。少しは迷ってくれ。


 

『今さ20代を探せ・・・って聞こえたな』
『ええ!?こんな暗闇でもわかるのか!』

 

友人は肩を落とした。

 

間違いたくない割には、
間違いそうな店を選ぶ彼らよ・・・。
もっと明るい場所に行きたまえ。

 

~~

 

ある男性が言っていた。


『暗闇で露出していれば、若い女に見えるぞ!』


肌が若々しいのは内蔵も元気そう
健康的でよいかと思うが
闇の露出で欺ける面々なんぞに
婚活では用事ないぞ・・・。

 

人間は暗闇だけで生活する生物ではない。
いつかは電球の下に、
そして太陽光の下に飛び出てくる。

 

どんどん真実が浮き彫りとなり、
いつまでも誤魔化せはしない。


17


~その昔、闇で出会った人物から
食事に誘われたのを思い出した。

 

待ち合わせ場所にて開口一番、


『・・・あれ!?明るいところで見ると、顔が全然違うね!』


明らかに悪い方に
違うと言いたげであった。
同じ顔を持ってきたんだが。


そもそも私を誘ったのが
人違いだったのかもしれない。

 

真相は謎だが、
何だか腑に落ちない出来事であった。

 

出会いは光差す場が望ましい。
顔の凹凸を強調しない、
自然なライティングの下だ。


メルカリだって自然光での
明るい写真がよく売れるし。


職場の飲み会にてA子(23歳・婚活中)が宣言した。  『明日から、合コン続きなんですっ!』 これに食いついたのはB子(27歳)。どこの会社なのか尋ねる。  『丸紅と伊藤忠です~♪』  するとB子は申し訳なさそうにA子にお願いした。   『もしお兄さんがいる人がい


職場の飲み会にて
A子(23歳・婚活中)が宣言した。
 
 
『明日から、合コン続きなんですっ!』

 
これに食いついたのはB子(27歳)。
どこの会社なのか尋ねる。

 
 
『丸紅と伊藤忠です~♪』

 
 
するとB子は申し訳なさそうに
A子にお願いした。
 
 
 
『もしお兄さんがいる人がいたら、
私にもぜひ紹介して・・・!!』


 
そのやりとりを見守る
C子(アラフォー)は目を見開いた。
 
 
 
『なんて奥ゆかしいんだ・・・!!一緒に行け!(心の声)』


 
しかもお兄さんを紹介だなんて・・・!
自分は上の世代だから・・・と
一歩引いた遠慮が見え隠れするが、
23も27も大して変わらん。

 
そういえば私も25歳の頃、
20歳の友人に呼ばれた合コンを
全力で断った記憶がある。
 
 
『1人だけ年上すぎるから、申し訳なくて無理!!!』
 
 
今思うと何のこっちゃのなのだが、
20代のときのほうが年齢差に敏感であった。
 
 
アラフォーともなると、
女子メンバーが10歳下だろうが
さして気にせずに参加してる。
 
 
もはや勝負はそこではないと
悟っているのだろう・・・。
良質な開き直りだ。
 

1歳と5歳は全然違うが、
81歳と85歳は大して変わらん。
 
 

『合コンってもう世の中から
なくなったと思ったけど、
自分が誘われなくなっただけで
地上には存在していたのか・・・』

 
C子はしみじみと語った。


 
『久々に聞いた単語よ・・・
マルベニ、イトウチュウ・・・』

 
 
懐かしいものを見るかのような目で
呪文を唱えた。
 
 
若者は恋愛に消極的やら
交際したことない人が多いやら、
メディアを信じてはいかんな。
 
 
出会い界は常に動きがあり、
いい男は標的にされていた。
 

 
『私も活動を続けよう・・・!!』


 
しばし休息していたC子も、
奮い立ったようで立ち上がった。
 

周りに勢いある人間が多いと
自然と引っ張られる・・・その逆も然り。
環境の大事さをあらためて感じる。


友人A子の結婚披露宴の話〜。彼女は先日の記事にてチラリと触れた、婚活も結婚式も全力を注ぐ女・・・。 挙式の準備から気合が入っていたので、こちらも楽しみにしていた。 当日、席札の裏にメッセージを発見。 『出会ってから婚約まで1年もかからなかったわ!スピードっ

友人A子の結婚披露宴の話〜。


彼女は先日の記事にてチラリと触れた、
婚活も結婚式も全力を注ぐ女・・・。


 挙式の準備から気合が入っていたので、
こちらも楽しみにしていた。

 
当日、
席札の裏にメッセージを発見。


 
『出会ってから婚約まで
1年もかからなかったわ!
スピードってあるのね~!
あ、ブログ毎日読んでるわよw』


 
そう、出会ってから入籍まで1年未満。
とんとんとコトは進んだ。

 
以前は婚活の泥水を飲みまくり、
心身ともに衰弱していた頃もあった。

 
病みもピークで危うい時期に、
仙台に転勤が決まった。


あんな弱った状態で一人きり、
大丈夫だろうか。

 
それから一切の連絡が途絶え、
皆で心配していた。
無事に生きているのか?

 
数カ月経った頃である・・・


『お待たせ!最後の1人、
ついに結婚したわー!!』
(彼女はグループ内では最後の独身)

 
仙台に行った途端、水を得た魚のように
メキメキと力を発揮し、あっさり結婚。


仕事も趣味も
絶好調で楽しんでいた。

 
『いや〜わかりやすいわ!
弱ってる時はしょっちゅう
連絡がきてたのにー!』


友人たちは、笑いあっていた。

 
そう、元気な時はわざわざ
連絡を寄越してこないのだ。

 
そして突然、
『ご報告』と幸せな知らせが来る。


便りがないのはよい便りとは、
よく言ったものだ。

 
昔は久々に友人から連絡があると
何だかヒヤっとしたものよ。

 
『絶対に、いい知らせに違いない・・・!!』


どんどん取り残される焦りしかなく、
人様の幸せなんて喜ぶ余裕はゼロ。

 
 
早くに結婚した友たちよ、すまない。


女の人生、時期によって色々あるなんて
あの頃はわからなかったのだ・・・。


結婚するか否か、二種類のみ。

 
結婚、離婚、出産、病、介護、
子供のあれこれ・・・種類はさらに増える。

 
健やかなる時も病める時も、
各自バラバラのタイミングで来るものだと、
遅ればせながら知る・・・・。



ご報告に一切の罪はなかった。

2対2の食事会が開催された。 男性陣はどちらも50歳代とのこと。  モーツァルトのような 髪型の男がやってきた。 一瞬でマトモではないと判断した。 どうやら彼らに身分差があるようで、 片割れの男がモーツァルトを持ち上げている。  関係ない我々も この空気に乗らざ

2対2の食事会が開催された。
男性陣はどちらも50歳代とのこと。

 
 

モーツァルトのような
髪型の男がやってきた。


 

一瞬でマトモではないと判断した。


 

どうやら彼らに身分差があるようで、
片割れの男がモーツァルトを持ち上げている。

 
 

関係ない我々も
この空気に乗らざるを得ない。

 
 

モーツァルトが
持ち物自慢を延々と続けるのだ。

 
 

非常に盛り上がりに欠ける食事会であった。


 

『俺のコレクションを見せてあげよう!』
とモーツァルトが言い出した。

 
 

目と鼻の先に彼の家があるという。
この展開・・・最初から仕組まれていたな。

 
 

嫌な予感しかないが、
仕方なく一同、モーツァルトハウスへ。

 
 

彼の部屋は
美術品で溢れかえっていた。

 
 

見せたかった品々が我らを出迎える。


歩きにくいほど詰め込まれており、

まるで倉庫にモーツァルトが
居候している感じだ。


 

ここまで無理して、
集めなくてもいいものを・・・。

この家の主は誰だ。



『すごいですね~』と
乾いた声で答える我々。
 

 

棒読みのセリフにはお構いなしに
彼は一つ一つ石像や絵画を、

『これは中世の貴重な品で・・・』
得意げに説明しだした。


 

どうでもよくて
白目を剥いていたかもしれない。

非常に退屈な時間が続いた。

 
 

この像がどんな価値だろうが、
私の人生には関係がない。

 
 

彼は恥ずかしくないのだろうか、
自分の持ち物をこんなに堂々と自慢して。

 
 

髪型がモーツァルトの時点で、
普通の人間とは違う感性を持っているに違いない。


 

演説の途中で
更にマズイものを見つけてしまった。


 

恐らく彼の若い頃の写真なのだろう。

 

『見てくれ!』と言わんばかりに、
目立つ場所に置いてあるではないか・・・!!

 
 

あぁ、
写真の彼と目が合ってしまう・・・。

 

『あーこれ、モーツァルトさんですか!?かっこいい!』


 

先に友人が動いた、
なんて演技力だ・・・!

 
 

彼は待ってました!とばかりに、
若い頃の武勇伝を語りだした。

 
 

若き日のモーツァルトの横には
馬も写っていたため、
乗馬の話にまで飛び火した。

 
 

あの馬も仕込まれていたな・・・。


全て彼の計算通りのシナリオで進んでいる。

あぁ、また長い夜になりそうだ。


62

 


ようやく解放された時は、
友と手を取り合って空に向かって叫んだ。

 
 

『あーー!時間の無駄だった!!』

 
 

このセリフも何度、吐いただろうか。
道は険しい。

 
 

うんちく男に出会ってしまったら、
一次会で切り上げるに限る。

 
 

自分の話したいことだけを話す習性のため、
彼らは会話にならない。

 
 

完全なる時間の無駄シリーズである。

 
 

美術品以外のパターンも沢山あるので
見つけたら要注意な妖怪である。

  

これから結婚式を迎える女性が挙式に向けてのあれこれを詳細に綴っているブログを見つけた。ドレスの試着から花の種類、料理、招待状、ウェルカムボードなどなど。一つのテーマで何記事も書けるほど、凝りに凝っている・・・。 一生に一度(のはず)の結婚式。気合を入れす

これから結婚式を迎える女性が
挙式に向けてのあれこれを
詳細に綴っているブログを見つけた。



ドレスの試着から花の種類、
料理、招待状、ウェルカムボードなどなど。


一つのテーマで何記事も書けるほど、
凝りに凝っている・・・。
 

一生に一度(のはず)の結婚式。


気合を入れすぎるくらいでよい、
・・・それも思い出となる。


さて本日は、

私の結婚式の話と挙式から見えた
結婚への執念をご紹介する。


人から1番驚かれるのは
会場を一度も見ていなかったこと。


海外挙式ではなく都内のホテル、
すぐに行ける距離だったが下見なし。



写真だけで5分ほどで決めた。
担当者もびっくりの適当さよ。
 


初めて訪れたのは確か、本番前日・・・。

 
『へ~、ここか〜』 と、
参列者気分で呑気に到着。


ウェディングドレスも一瞬。
3着試着し、内2着に決まった。


3着というのも迷ったわけではなく
老け顔にピンクのフリフリが似合わず、
家族に却下されたからだ。


顔が若かったら
2着で決まっただろう・・・。


人によっては、
100着くらい試着すると聞いた!


今思えば色々着てみたかったが、
装備が大変で面倒なのよ。


月日は流れ・・・。


冒頭の挙式を楽しもうとする
花嫁たちを知り、己を省みた。
適当すぎやしないか、私よ・・・。


何故、何でもよかったのか?
答えに辿り着いた。


煩悩は婚姻届を出した瞬間に
全て消えていたようようだ。


長きに渡る苦しい戦い婚活、
その先の余生は全てありがたいこと。


ドレス?着られるだけでよい。
花?あるだけでよい。


もし、
学生時代の彼氏と結婚でもしていたら
100着のドレスを試着したかもしれん。


燃え尽き症候群ではないのだが・・・・
全ての執念を婚活界に
置いてきてしまったようだ。




【婚活と結婚式へのパワー配分占い】

※学生時代の彼氏と結婚の場合
婚活 10% : 結婚式90%

※老いてから婚活した場合
婚活 100% : 結婚式0%


103


友人A子(アラフォー)がついに結婚を決めた。
婚活の泥水を飲みに飲んだ女である。


招待状を開いたら本物の桜が舞い散った。
・・・こ、凝っている!!


これは相当な気合を入れて
準備しているなと推測・・・。

 
婚活も挙式も両方頑張れる者もいた。
エネルギッシュでよし。


彼女のパワーバランスはこちら。

※財力があり遅くに婚活した場合
婚活100% : 結婚式100%



うーん、素敵。




アプリ婚活をしている友人達が言った。 『年収1000万以上だと男性の数が少ないから、 950万以上で検索してる!』 すごい範囲広げたぜ?という表情だが、大して変わらんのでは・・・!? 年齢、年収、身長、同居の有無・・・。 これらの条件で絞っていく世界。 それにしても
アプリ婚活をしている友人達が言った。


『年収1000万以上だと男性の数が少ないから、
950万以上で検索してる!』



すごい範囲広げたぜ?という表情だが、
大して変わらんのでは・・・!?


年齢、年収、身長、同居の有無・・・。
これらの条件で絞っていく世界。 


それにしても年収950万以上の男子なんて、
マトモなだけでモテそうな人材である。


ネット界にうじゃうじゃと
存在しているものだろうか・・・。


合コンばかりしていたので
いきなり本人に対面してしまい、
条件を設定するという概念がなかった。


大切なのは『独身』であること。


何を当たり前な・・・!
と思うであろうが、
既婚男が多数混じり込んでくる。


もはや条件以前の問題であるが、
独身であること・・・話はそれからだー!!


合コン現場では様々なギャップが起こる。


シブい顔をしたイケメンが、
立ち上がると小さいことも珍しくはない。(身長問題)


いい男が見た目よりずっと
高齢であることも多い。(年齢問題)


さらに既婚率も高い・・・(独身問題・成敗)


稼ぎの少ない男性が
喋りのセンスが抜群であることも。(年収問題)


これらを見てしまうと貧乏症の私は、
条件で区切るのが恐ろしくなってしまう。


『年収1000万以上』などと絞って、
900万の誰かを逃しやしないだろうか。


『身長170㎝』などと絞って
168㎝の王子様と知り合うチャンスを
未来永劫、逃すのではないか。


『年齢40歳まで』などと絞って
45歳の未来の旦那を見殺しに・・・・。


どれもこれも絞れないー!


お前のものも俺のものも、
全部私にくれー!!
ジャイアンプレイとなる。


237C6CE7-A066-4685-B7C3-B64C0899039B


そんなこんなで、
あまりにも希望条件が狭い友人には
お節介を申し上げている次第である。


『埼玉県を外さない方がいいんじゃ?近いよ・・・』


すると光の速さで言われる。


『えー?やっぱ妥協しないとダメなの?』



いやいや妥協ではなく、
取りこぼしたら勿体ないぞー。


『世界の全てを手に入れてくれ』
な意味である。


 『30歳過ぎたら、理想は一つまで!』
という有名なスローガンがある。


妥協ではなくて、
チャンスがぐっと広がり、
むしろいいご縁がある。


 

恋愛で何かあると仕事を休む女子社員A子がいた。特に週明けは休む率が高く、不安定ランキング1位である。彼女の上司のコメントに驚いた。『仕事しなくてもいいから、とにかく会社に来る習慣だけでも身につけようか!』なんという平和さであろうか・・・。 ここからA子は二日
恋愛で何かあると
仕事を休む女子社員A子がいた。


特に週明けは休む率が高く、
不安定ランキング1位である。


彼女の上司のコメントに驚いた。


『仕事しなくてもいいから、
とにかく会社に来る習慣だけでも身につけようか!』


なんという平和さであろうか・・・。

 
ここからA子は二日酔いでも休みだし、
どんどんメンヘラ化していった。
甘やかされたことが気の毒でもある。


『俺だって、月曜日なんて来たくないんだよー!
サザエさん症候群だよ?三重県さんもそうだろう?』


急に話をふられた。


『月曜に苦しいってことは、ないですね・・・』


小さな声で答えた。


小学生や中学生の頃は
月曜日が苦しかった記憶がある。


あぁ、また一週間が始まるのか・・・と。
早起きが苦手だったのだ。


そんなこんなで一応、
サザエ経験済みである。


大人になって婚活を始めてからは、
『曜日』という概念が消えた。


婚活の予定がある日が平日(仕事)、
婚活の予定がないと休日。


もはや昼の仕事は、
予定としてカウントしていなかった。


職場は容姿や年齢で
人格を否定されることもない。


自分を結婚相手として、
必死に売り込まなくてもいい。


自分が選ばれない現実を知って、
心がざわつくこともない。


OLの仕事は安心できたものだ。
職場に行って働けばいいだけ・・・!


・・・いや、
普通は仕事の方が大変だろうから、
私が異常だったのか。


仕事よりも、恐怖の婚活・・・・!


47

職場の出先表を見たところ、 こんなのを見つけた。 『10月結婚式、11月新居入居予定』 ひぇー!誰が今どこにいるかを示すオフィシャルなボードに、プライベートな予定が・・・!!入社したてのA子(22)だ。私はてっきり、誰かが冷やかしで書いたのかと思った。 後に自分で書


職場の出先表を見たところ、
こんなのを見つけた。



『10月結婚式、11月新居入居予定』




ひぇー!


誰が今どこにいるかを示す
オフィシャルなボードに、
プライベートな予定が・・・!!


入社したてのA子(22)だ。


私はてっきり、
誰かが冷やかしで書いたのかと思った。


後に自分で書き込んだと知り、
目玉ごと飛び出そうになった。


まだ春であり、
どれだけ先の話じゃい。



『書いておかないと、忘れちゃいそうで〜♡』 




いやいや、
おぬしだけは忘れないはず。


世界中の誰よりも
その日を待ち構えている・・・!



思えば私が結婚した時は
既に30代に突入していたので
同じことをやったら・・・



『・・・あいつ、
よほど嬉しかったんだな・・・』




花畑に同情の涙を誘いそうだ。



無駄に自意識が過剰になり、
こんなこと書いたら
トチ狂ったと思われやしないか・・・
お局が怒るのではないか・・・など、
あれこれ気をもんでしまう。


自分がやりたいようにやる!
これが人間のあるべき姿であった。


自己顕示欲が強まると『花畑』と化し、
自身の機嫌を優先すると『素直』と呼ばれる。



実際にA子は可愛がられており、
その無邪気さが要因でもあった・・・。


あぁ、花畑は簡単になれるが、
素直になるって難しい・・・!!



突然だがこちら、朝に起こしてほしい芸能人ランキング。(過去記事です)第1位 向井理さん・・・12.4%第2位 福山雅治さん・・・8.7% 第2位 西島秀俊さん・・・8.7% 第4位 三浦春馬さん・・・3.7% 第5位 岡田准一さん・・・2.5% 第5位 岡田将生さん・・・2.5% 起こし

突然だがこちら、
朝に起こしてほしい芸能人ランキング。
(過去記事です)



第1位 向井理さん・・・12.4%
第2位 福山雅治さん・・・8.7%
第2位 西島秀俊さん・・・8.7%
第4位 三浦春馬さん・・・3.7%
第5位 岡田准一さん・・・2.5%
第5位 岡田将生さん・・・2.5%



起こして欲しいというか・・・、
世紀のイケメンを並べただけな気もする。


大歓迎の面々。
きっと6位以降もイケメンが
ずらっと並ぶのであろう。


それにしても起きぬけの汚い姿
(スッピン&ぼろぼろ)を、
イケメンズに晒すなんて・・・。


彼らに会う機会があれば朝一ではなくて、
完璧に身支度をした後にしてほしい。


それでも真っ直ぐに見る自信はないが。


起こしてほしいという目的でいくと、
目が覚めるのはアントニオ猪木さんだな。


E12E02F8-6445-4E74-8351-E4FE657F3E9F



朝から鬱陶しい可能性があるが
声の大きな人が安心よ。
尚、ビンタは勘弁いただきたい。


ちなみに、女性バージョンもあった。


 第1位 綾瀬はるかさん・・・11.5%
第2位 新垣結衣さん・・・10.1%
第3位 石原さとみさん・・・7.9%
第4位 上戸彩さん・・・5.0%
第5位 ベッキーさん・・・4.3


これ・・・
どこかでみたことがあるな。


そうだ嫁にしたい芸能人ランキングだ。


きっと30位くらいまで
美女が並ぶのであろう。


美女メンバーは固定のまま、
様々なランキングに応用可能。


・一緒に花火に行きたい芸能人
・海に行きたい芸能人
・恋人にしたい芸能人


微妙なニュアンスの違いで、
美女たちの順番が前後するだけ。


固定の30名の中から選ばれるので大差なし。


どんなランキングに名前を変えようが
名が上がるのは上位30人なのであった。
(※抱かれたくないなどの、負のランキングも同じ)


楽しむことだけに注力し、
深追いしてはならぬ。