恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ: 婚活

農家に嫁いだ女の特集、なかなかパンチがあった・・・!!(ザ・ノンフィクション・フジテレビ)農業は手伝いたくない、家事はしたくない、 昼12時まで寝てエステ、夜はバレー活動。子どもは嫌いだから作りたくない。婚活事業を立ち上げ農業男子の嫁を募っては、参加女性に
農家に嫁いだ女の特集、
なかなかパンチがあった・・・!!(ザ・ノンフィクション・フジテレビ)


農業は手伝いたくない、
家事はしたくない、

 
昼12時まで寝てエステ、
夜はバレー活動。


子どもは嫌いだから
作りたくない。


婚活事業を立ち上げ
農業男子の嫁を募っては、
参加女性に言いきった。


『農家に嫁いでも、農業しなくていいです!』


・・・そ、
それは家によるのでは・・・!


夫は苦笑いしつつも、


『農家に来てくれるだけで、
ありがたいですからね、
強く言ったら逃げられちゃうんで・・・』


色々と仏すぎるが、
この違和感は何だ。

 
妻の勢いは留まるところを知らず・・・


夫のお金でバーを経営するも、
すぐに閑古鳥にて閉店。(1ヶ月半!)


『さっき辞めようと思いました』
急な思いつきにて、退去の電話。


この無茶苦茶さ、
ちょっと私にも心当たりある・・・。


しかし仏はどこふく風。


『嫁と結婚して人生面白みが出たんで、
こんな楽しいことはないですよ』


農家男子って、温厚・・・!! 


なんと急に、『子供を作る』と
路線変更した彼女。人間だもの。

 
人工授精4回にて断念
⇨妊活終了〜


次はゲストハウスを
経営したいとか何とか・・・。


これこれあんた、
バーを秒で潰したばかりだぞ。


へこたれない強さはむしろ
農家の嫁向きなのでは・・・!


『農家に嫁いだ嫁』というより、
『こんな嫁が来た!』
なドキュメントであった。

周りで婚活を開始する友人が増えてきた。  あれこれと話しているうちに、自分はどのような心構えであったのか記憶を辿ってみた・・・。 アラサー期の婚活(ほぼ合コン)習慣をご紹介する~。  先に断っておくが、個人的すぎて役に立たないこと間違いなし! ①電車は極
周りで婚活を開始する友人が増えてきた。
 
 
あれこれと話しているうちに、
自分はどのような心構えであったのか
記憶を辿ってみた・・・。

 
アラサー期の婚活(ほぼ合コン)習慣をご紹介する~。
 
 
先に断っておくが、
個人的すぎて
役に立たないこと間違いなし!


 
①電車は極力乗らない
 
 
朝の通勤時だけは電車を利用。

 
職場⇒合コン⇒帰宅
こちらは全て徒歩で。
 
 
毎日、2万歩近く歩いていたような・・・。
 
 
戦闘用のヒールはバッグにしのばせ、
ウォーキング用の靴にて移動。
 
 
相当量を飲み食いしていたが
体重が増えなかったのも、このお陰!?
 
 
ちなみに住居と職場は
婚活のために
都心を選んだ。
すぐに現場に飛べるように。


 
②頼れる婚活仲間を確保する
 
 
ルームメイトと会社の同僚、
この2名の存在が特に大きかった。
 
 
ほとんどの合コンには
どちらかと一緒に挑んだものである。
 
 
ルームメイトの場合は、帰る家が一緒。
 
 
徒歩生活(習慣①)であったので、
歩きながら本日の反省を語り合う。
 
 
深夜の散歩は酔い覚ましにも良く、
程よい疲労感にて熟睡。
 
 
同僚も毎日顔を合わせるので、
怒りに燃えた夜や泣きたい夜があっても、
吐き出せる距離にいてくれたので救われた。
 
 
我々はこれを『人』という字に例えて、
互いに心を支え合っていたものだ・・・。


月日は流れ、
この2人と同じ月齢の子どもを
産むという奇跡も成し遂げた。 


 
③美容は~しながら
 
 
帰宅時間が深夜12時を回るので、
なるべく美容は隙間に埋め込んだ。
 
 
当時はヨガを習っており、
終業と合コンの間にレッスンに通った。

 
時間が少ないときは漫画喫茶で
リンパマッサージをし、
毒素が流れた気分を味わった。
 
 
漫画も見ないで
自分をひたすら揉む女・・・。
人に見せられない奇行である。
 

 
④誘いは絶対に断らない&即レス

 
婚活中は心を鬼にして、
己の体にムチをビシバシ打つ。
 
 
出会いの行事は全て参加。
加えて大事なのが、
決意表明のスピードだ。
 
 
誘いがあったら、
秒速で返信するべし。
 
 
自分が幹事をするとわかるのだが、
返信が早い友人はありがたいのだ。
 
 
あの子は返事が早い!と思われると、
自然と声がかかる回数も増えていく。
 
 
判断するのは
『その日が空いているかどうか?』のみ。
 
 
⑤全力で寝る
 
 
職場ではランチの後に昼寝。
椅子を並べてベッド風にアレンジ。
 
 
昼休みはパワーチャージの時間、
今夜も戦いが待っているのだ。
 
 
夜の睡眠であるが、
狭いワンルームに友人と住んでいた。
 
 
彼女も私も、
イビキがうるさいと言われる女だ。
 
 
友人のイビキは高架下の電車通過音レベル。
私はイビキ外来に行けと言われるレベルである。
 
 
世紀の対決であるのに、
お互いに一度も聞いたことがない。
何とも不思議な現象である。
 
 
深く寝ていたのか、
はたまた気絶していたのか。
 
 
同室でも目が覚めないほどの、
全力睡眠である。
 
 
習慣①や③のウォーキングやヨガも
睡眠導入剤として役立っていたと思う。
 
 
 
 
⑥週に1度は大きく振り返りを
 
 
土日のどちらかには完全オフを導入。

 
ルームメイトと、
近所のカラオケに一日籠もった。
 
 
この日ばかりはノーメイクにて肌も休息。
 
 
共通の婚活ノートに出会った人物や
デートに行った人物を記録して振り返る。
 
 
大声を出して、心もデトックス。
 
 
その間に手足のネイルも完璧に塗り直し、
次週の戦いに備える。
 
 
どちらかが夜に婚活が入った時は、
要らない荷物を持ち帰りあった。

地上では見ることのない世界が雲の上で繰り広げられていた・・・。一瞥しただけでオモロイ番組な予感がした、女性経営者ランチ会である。(MATSUぼっち・フジテレビ)今回は年商1億越えなヤリ手社長の集いであった。勉強会⇨ランチという流れで定期的に集まっているようだ。1
地上では見ることのない世界が
雲の上で繰り広げられていた・・・。


一瞥しただけで
オモロイ番組な予感がした、
女性経営者ランチ会である。
(MATSUぼっち・フジテレビ)


今回は年商1億越えな
ヤリ手社長の集いであった。


勉強会⇨ランチという流れで
定期的に集まっているようだ。


1回100万円のトリートメントで
生計を立てており、
予約は一生分が埋まっているという
異次元の人物が講師にて登場。


殿上人には殿上人が
対応するという法則である。


食事が始まると、
バツイチ率が高いという
話題になった。


『バツ2以上の方は、いますか・・・?』


なんと驚きのバツ7な
女社長がいたのだ。


自己紹介では
『地味に生きています』と
控えめに挨拶されたお方だが、
ハリウッド俳優並みの人生よ。


現在もお見合い中とのことで
これが成功したら8回目の結婚に・・・!


さらに驚いたのが
これまでの7回の結婚『全て』、
お見合いで決めたようだ。



『500回以上(お見合い)、しましたね〜』



単純計算で70回のお見合いで
1回の結婚ということか・・・。


離婚経験者でもあるので
『現実的にこの辺りが丁度よかろう』
という察しも未婚者よりは鋭いはず。


数打ちゃ当たる精神にて
闇雲に現場をこなした訳でもあるまい。


最低70現場が確率的に
必須であったと推定される。


それも普通の女ではなく
誰よりも生き抜く力を持った、
頼れる彼女がである・・・。


一般人が10現場こなしたくらいで
いい人がいない・・・なんて
くたびれている場合ではないな。


無敵キャラでも
70回に1回というギャンブルだ。

大婚活時代・・・。友人A子は医者や経営者とデートする機会が多かった。しかしどの案件も発展の兆しが見えない。『彼らは選べる立場だからなぁ・・・』最初から手強い相手だと、本人もわかっている。自分から去る理由はないので、淡々とデートをこなすという彼女。派遣OLの立
大婚活時代・・・。


友人A子は医者や経営者と
デートする機会が多かった。


しかしどの案件も
発展の兆しが見えない。


『彼らは選べる立場だからなぁ・・・』


最初から手強い相手だと、
本人もわかっている。


自分から去る理由はないので、
淡々とデートをこなすという彼女。
派遣OLの立場は弱い・・・と漏らす。


『もし自分が選べる立場の男だったら、どんな妻が欲しい?』


こんな妄想話が
仲間内で持ち上がった。


高収入でイケメン、
人間的にも魅力溢れていたら・・・。


『私なら若いモデルにいく!』
『CAか女子アナがいいかなぁ!』
様々な意見が出た。


私ならば、取引先、家族、友人、
どのような場に出しても
完璧に立ち回れる女が安心できるな。


むしろ美人でこそないが
こ綺麗な女のほうが
自分の株も上がりそうな計算もする。


ちゃんと中身で選んだな、
チャラついていない、と思わせてやる!(誰に)


いかなる場に出ても、
ソツなくこなせる力か・・・。


それならば努力次第で誰にでも
チャンスがあるのではないか・・・!?
 

我々は盛り上がった、
石油王も射程内だと。


『でも・・・若い女に限るよな』


と締めくくられ、
妄想はブツリと切れる。

男運がない!!若かりし頃、本気で思っていたが、今思えば全ては自分の選択・・・!!ホンマでっかTVにて男運がアップする方法が紹介されていた。大事な運気だ・・・ご紹介する。恋愛は自分から好きになる?相手から言われて好きになる?⇨相手から言われて・・・のほうが男
男運がない!!


若かりし頃、本気で思っていたが、
今思えば全ては自分の選択・・・!!


ホンマでっかTVにて
男運がアップする方法が紹介されていた。


大事な運気だ・・・ご紹介する。



恋愛は自分から好きになる?
相手から言われて好きになる?


⇨相手から言われて・・・のほうが男運がない



ナルシスト男性は自分が一番。
彼女は二番以下なので、
自分に合う女性を探すために
片っ端から告白している
危険があるとのこと。


こりゃ何とも言い難い。


自分も相手を気に入り、
告白は彼にキメてもらう・・・
という儀式に導く場合は、
『自分から好きになる』に
該当でよいかと思われる。


訳のわからんチャラ男の
甘い言葉に踊らされるな!
という警告だと受け取った。



仕事など悩みを彼氏に相談する?


⇨男運がないのは相談する人



秘密主義の女は女には嫌われるが
男には好かれるようだ。


討論の実験をしてみると
女はオープンに話した男を思い出し、
男は喋っていなかった女を思い出すとのこと。


男は秘密なことにアプローチしたくなる
性質があるそうですわ・・・。


こりゃよくわかる・・・。


戦力外かと思われたダンマリ系が
オイシイ所を根こそぎ持っていくこと多々。


仕事してないだろう!!と
怒られるどころか、
謎の高得点を叩き出す。


身体を張って笑いを取りにいき
ピエロと化した女たちが、
爪痕を残すことなく散っていく・・・。
彼女たちの魂は浮かばれない。


出過ぎた杭は打たれるので、
さらに突き抜けて出て行くより他なし。



男性から言われて嬉しいのは?
・キレイだね・優しいね


⇨男運運がないのはキレイだね



内面を褒めるのはややこしく面倒、
外見は簡単なのだ。


男性にとって面倒なことをさせる
ということが恋愛成功の秘訣とのこと。


『可愛いといえば、喜ぶ女にならないように!!』


専門家からのアドバイスであった。
そんな〜喜んでしまうがな!!


そんな時は軽く、
『どうも』と受け流す。
おおごとにしないのがポイント。


思い返せば恋愛対象から
よく言われたのは
キレイだねでも優しいねでもなく
『面白いね』であった・・・!!


キレイも優しいも嬉しい、
面白いってかなり
アウトオブ眼中ではないか。


片思いの相手と話している時、
彼が膝から崩れ落ちたことがある。


くくく・・・と
苦しそうにしているので、
発作!?と思ったら顔を上げ、


『何でそんなに面白いの・・・?』


・・・目指している方向と違うー!!
この恋はアカンだろうと悟った。 


何を言ったか記憶にないが、
渾身のギャグでも何でもなく、
日常会話だったと記憶している・・・。
 

限りなく伝説に近い、はるか彼方の物語・・・。私はキャバクラのホールにてアルバイトをしていたことがある。黒服・女版だ。この仕事、かなり楽しかった・・・。命がけの接客を繰り出すキャバ嬢に対し、精神的に楽すぎるポジション。戦場にいるにも関わらず、安全地帯での作
限りなく伝説に近い、
はるか彼方の物語・・・。


私はキャバクラのホールにて
アルバイトをしていたことがある。


黒服・女版だ。
この仕事、かなり楽しかった・・・。


命がけの接客を繰り出すキャバ嬢に対し、
精神的に楽すぎるポジション。


戦場にいるにも関わらず、
安全地帯での作業だ。
 

・・・ある日、
客の流れを見て気がついた。


女には似たようなタイプの男が
集まるようにできていた。


偉そうで威圧的な客は、
こぞって物静かな美女を指名していた。


よくあんな輩どもを
相手にできるな・・・女神!!
扱い方がさっぱりわからん。 


ところが美女の前だけでは、
彼らの目じりが下がっているー!
下僕キャラへと化した。 


お気に入り以外はクソ扱いだが、
本命には態度が急変する男たち。
ますます好かん奴らである。


美女はそんなことはつゆ知らず、
使い勝手のいいオジサン♡くらいに
思っていたのであろうよ・・・。


ヘルプで接客する女性にとっては
厄介な存在でしかないのだ。


逆に気の弱そうなお客たちは
いつもニコニコしている、
女の子を指名していた。


ホッとするような優しさ、
何でも気軽に話せる気さくさ。
とにかく、怖くないのだ。 


ホっとしたいのであろう・・・、
需要と供給がマッチしておる。


人気のある女の子は
指名が重なることも多い。


似たタイプの客たちが、
彼女が席に来るのを待っていた。


これは何かの法則が
あるのかもしれない・・・。


そのうち一人で予想作業をして
遊ぶようになった。


『ご指名はありますか?』


きっとあの子を指名だな・・・
勘を研ぎ澄ませ、
予想が当たると嬉しい!


そんな特技が身についても、
自身の恋愛には1ミリも役立たなかったが。
 

ある日の合コン・・・。私は幹事であった。時間前にやってきたのはA子。丁寧な挨拶にてご入場。他のメンバーがやってこない・・・。時間になったので、試合開始。10分ほど経った頃、B子・C子から連絡が。『今、駅〜迷ってる〜!!』その旨を伝えると男性幹事は呆れたように、
ある日の合コン・・・。
私は幹事であった。


時間前にやってきたのはA子。
丁寧な挨拶にてご入場。


他のメンバーがやってこない・・・。
時間になったので、試合開始。


10分ほど経った頃、
B子・C子から連絡が。


『今、駅〜迷ってる〜!!』


その旨を伝えると
男性幹事は呆れたように、



『・・・そういう所なんだよなぁ』



す、すまーん!!


・・・と言うのも今回、
婚活に迷走中の
B &C子のために開催したのだ。


彼女たちをよく知っている
彼に紹介を頼んだ次第である・・・。


30分ほど遅れて登場、
時間配分を誤って
道に迷った模様であった。


合コンがはねた後、
『私って何を改善したらいいと思う?』
C子から聞かれたので、


『何もしなくていいから、
遅刻だけやめよう』と伝えたら、
返事が来なくなった。


コミュ力もある彼女、
特に悪いところがないのだよ・・・。

『聞かれてもないのに、先に年齢を言ってしまう!』 アラフォー婚活女子からよく聞く。年齢で切り捨てされるくらいなら、早めに判断して欲しいとのこと。  これは一見、効率がいいように思える。『気にしない方だけ、どうぞお進みください!』作戦だ。  ここで男性から
『聞かれてもないのに、先に年齢を言ってしまう!』

 
アラフォー婚活女子からよく聞く。


年齢で切り捨てされるくらいなら、
早めに判断して欲しいとのこと。
 
 
これは一見、
効率がいいように思える。


『気にしない方だけ、どうぞお進みください!』作戦だ。
 
 
ここで男性から提案が出た。
 
 
『わざわざ自分から年齢を
公表しなくていいんじゃない?
「俺、年収200万です!」って
いきなり言われたらどう?』

 
そ、それは・・・!
黙る女性陣たち。
 
 
仲良くなった後に年収を知るのと
初見で知るのとでは、
その後の発展性が違うというのだ。
 
 
彼曰くゲームのようなものだから、
不利なカードを最初から
出さなくてもいいとのこと。

 
なるほど・・・。
 
 
いらないカードを手放したい気持ちだけで、

考えもなく出しては負けるのだ。

 
 

その後のゲーム展開も、
視野に入れなければならない。
 
 
友人A子(アラフォー)は
年齢をはぐらかすのが上手い。
 
 
合コンなどで年齢を聞かれても、
ハッキリとは言わない。
 
 
『私の方が、多分年上かなぁ~』(本当はかなり上)
『う~ん、どうだろうね~?』
 
 
あとは持ち前のトーク力にて、
その場をやり過ごす。

 
実年齢はデートで1対1になってから
絶妙なタイミングで告げるため、
恋の成功率はかなり高い。
 
 
 
 
『年齢で判断する男なんてお断り!』
と言いたいが
知る時期によって、
相手の受け取り方が全然違う。
 
 
妙な眼鏡をかけずに
内面を見てもらうには、
出すタイミングは重要だ。
 
 
日本がフランス文化にならない限り・・・!
 



 

読者の方からタレコミいただいた、結婚できる新橋のスナック!おお、ここは何かの記事で見たことがある・・・!婚活時に存在していたら、間違いなく飛び込みますわ。ざっくりシステムをご紹介すると、会費を払ってプロフィール登録。この人に会いたい!という人をお店が取り
読者の方からタレコミいただいた、


おお、ここは
何かの記事で見たことがある・・・!


婚活時に存在していたら、
間違いなく飛び込みますわ。


ざっくりシステムをご紹介すると、
会費を払ってプロフィール登録。


この人に会いたい!という人を
お店が取り次いでくれて対面。
結婚相談所のシステムと同じか?


会場がスナックということで、
酒も出るのだろうか・・・
色々と気になるーー!


他にはないポイントは
難アリ言動をとっていたら、
ママがダメ出ししてくれるのだ。


男性が頑張って話をしているのに
否定的な言葉で返しちゃったり、
リアクションが薄かったり、
最後まで話を聞かなかったり。

でもそういう癖って
自分ではわからないでしょ。
だから気づいたときには
なるべくアドバイスしてあげるの


これやーー、
まさに求めるものよ!


デートが続かない、
そもそも誘われない・・・。


縁もある、運もある、

 
・・・何よりも原因がある!


友人では気付かない、
いや、気付いても指摘しにくい欠点が。


占いや神頼みに課金するよりも
スナックママ見解に
耳を傾けたほうが
実り多い人性となりそうだ。

(ちなみにママは占いもするようで、
全方位・抜かりなし)


時に耳が痛く
これまでの人生を全否定された
気分になることもあるだろうが・・・!


シラフな状態で真面目に
注意されたらショック死案件でも、
酒場のママからならば
素直に入ってきそうな予感!(イメージ)


うまくいかないのは
顔のせいなのだろうか・・・、
トシのせいなのだろうか・・・、
喋りがダメなのだうか・・・。


なんて思っていたら、
全く違う問題点に愕然。


一度死んでみる勇気を持てば、
その後の婚活人生のためとなる。


違う角度から答え合わせ、
年会費1万て安すぎないか・・・。
(他、マッチング料などもろもろあるが)


やはりメディアに取り上げられて
お見合い希望者が殺到している様子。


私も現役ならば、
もう門を叩いておるな・・・。
 

35C801C6-4F9D-4BB9-B88D-D790211AA15B