恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ:婚活 > お見合い大作戦

ナイナイのお見合い大作戦!連日すまぬ。 本日で最後なので、お付き合いいただきたい・・・。爆乳大佐の次に爪痕を残した女性をご紹介する〜。(⇨大佐の記事はこちら)ざっくり説明すると、美人2人 & ふにゃふにゃ女子1名がパイロットをめぐる戦いだ。(雑)主役はふにゃ女
ナイナイのお見合い大作戦!連日すまぬ。
 
本日で最後なので、
お付き合いいただきたい・・・。


爆乳大佐の次に爪痕を残した
女性をご紹介する〜。


ざっくり説明すると、
美人2人 & ふにゃふにゃ女子1名が
パイロットをめぐる戦いだ。(雑)


主役はふにゃ女子である。


父が自衛官だという彼女は
引っ越しに慣れているという
生活をアピールした。


これは強そうだ・・・。
しかもおっとり、可愛い系!!


ところが世論を見てみると
かなり荒れている。


ブリッコ!あざとい!!



E63A1E82-FE55-4488-A9F6-15B5559D9F1B


・・・そ、そんなに!?


確かにフニャってはいるが、
もっとクネクネした女が地上に
わんさか暮らしているぞ。


いや、あざとい女子はハンター気質。
勉強になる点が多いはずだ。


人気男性を女性が囲む中、
彼女は持ち前の知識で会話を独占する。


戦闘機の種類やら専門用語だらけで、
他の女子はまったくついていけない様子。
 

・・・む。

 
このアピールは凶と出ないであろうか。
グイグイが激しく、空気を読めていない。


押しの強さが妙な方向に向かい、
結果、パイロット争奪戦から漏れたのだ。


自分に告白してくると思っていた彼が
別の美人にいってしまったときの表情を
カメラに抜かれたのは悪意を感じたが、
番組的にはMVPな働きをしてくれた彼女・・・。


『二人が幸せならいいんじゃないですか・・・?』


死んだ魚のような目にて、捨て台詞を放つ。


どどど・・・どうしよう!!
こりゃ気の毒すぎる・・・!


彼女はお見合いを盛り上げるために
仕込まれた刺客だと信じたい。


・・・ところがだ。


そんなことをすっかり忘れた番組後半、
再びスポットライトが・・・!


全く見たことがなかった男子が
彼女に告白しているではないか・・・!


『誰!?』とスタジオでも騒然となったが
返事はOKを叩き出した。


二人のいきさつ、もっと映してくれー!


もう何がなんだかだが、
彼女を手ぶらで帰すわけにはいかんかった。
君はよく出てきてくれたー!
 

7FB88EC6-FC67-4065-8D97-771141011DEB


最後に、心温まる世論をご紹介・・・。


『何周か回って、彼女が一番可愛く見えてきた』

『批判されがちですが婚活においては
こういう考えは賢いと思う。
自分を選んでくれた中から選ぶ。』


確かに・・・女に嫌われてもいいのだ。 
生き残るのは彼女のようなタイプかもしれぬ。



【関連記事】
⇨過去のお見合い大作戦はこちらから♪ 



フォローしてくださると嬉しいです♪
↓↓↓↓



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ナイナイのお見合い大作戦、今回は自衛官特集であった。通常なら意中の男性宅を訪れる『お宅訪問』というイベントがあるのだが、自衛官たちは寮暮らし。今回は各男子がブースを作り、気になったコーナーに行くというシステムに。全体が見渡せるので、人気者と閑古鳥が一目瞭
ナイナイのお見合い大作戦、
今回は自衛官特集であった。


通常なら意中の男性宅を訪れる
『お宅訪問』というイベントがあるのだが、
自衛官たちは寮暮らし。

今回は各男子がブースを作り、
気になったコーナーに行くというシステムに。


全体が見渡せるので、
人気者と閑古鳥が一目瞭然・・・!

残酷な公開処刑である。
もっと配慮してやってくれ。


ブースには家族、友人などが
推薦人として登場し、
彼の良さをアピールするのだ。


『爆乳大佐』と呼ばれる女性が
応援者として来ていた。


世に数多くのあだ名があれども、
二度と忘れぬストロングタイプ。
 

『爆乳』という卑猥ワードが
『大佐』と結びつく化学反応は凄まじく
一気にカッコいい名前に。 


どうやら大佐自身も過去に
番組出演経験があるようだ。


その映像がもう面白すぎて・・・、
天才的なのである

63F56527-DD01-4096-B90D-E2A6DAB5D465
36022FF5-AB4D-413D-8684-AFC3EAD9B8B0


現在は自力でゲットした彼氏がおり、
応援者として登場した彼女。


かなり有名人のようで、
女性たちがキャーキャー近寄ってくる。


『うちの高橋をよろしく〜!』


選挙運動のように呼び込んでは、
乳を触りたい!という女子には


『ここに来てくれたら、触り放題だよ〜!』


体を張って呼び込んだ。
爆乳をこれほど爽やかに使いこなす者は
大佐以外に他なし。


呼び込みが功を奏し、
5名もの女性が来店した。


彼の得意技、コーヒーを豆から挽き
女性に振るまわせることからスタート。

さらにピアノを弾けと命じ、
これまた特技をアピールさせた。

大佐の盛り上げでブースは賑わう。


『彼はこれから必要とされるタイプだよ』
キチンと彼の仕事っぷりも称えた。


見事な仕事っぷりにシビれた。
的確な指揮、コミュ力、人情味溢れる姿・・!

 
 38C46FC4-AED1-4D64-B547-938C85BE5D76


大佐がプッシュする彼(34)は
命令を無視して高嶺の花に行きがち。

今回も人気女性(27)を狙いにかかったが、
最終的には年上女性(35 & 38)に絞り込む。


これまた、二人とも可愛い・・・!
(今回の放送、イイ女が多かったように思える)


最終的には35歳とカップリングし、
『一緒に飲もうねー!』
彼女にも声をかけた大佐。


大佐こそが結婚向き!
爆乳大佐も世話役に入れてあげて!

 
Twitter上でも大人気だ。
 出演者を食って、一番目立っていた・・・。


大佐のような本物を見てしまうと、
『私ってサバサバしてるって言われるの〜♪
と自称するのは法で禁止した方が
いいと感じる今日この頃であった。


【関連記事】
⇨過去のお見合い大作戦はこちらから♪ 



フォローしてくださると嬉しいです♪
↓↓↓↓



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


加藤紀子さんの良さが年々、増している・・・!(ちなみに彼女も三重県出身♪)ナイナイのお見合い大作戦では世話役を務めて久しい・・。今まで気に留めていなかったが気の利いたことを柔らかくねじ込み、仕事がデキるのである。昨日の放送では40代男子が20代ばかりを狙おう
加藤紀子さんの良さが年々、
増している・・・!

(ちなみに彼女も三重県出身♪)

ナイナイのお見合い大作戦では
世話役を務めて久しい・・。

今まで気に留めていなかったが
気の利いたことを柔らかくねじ込み、
仕事がデキるのである。


昨日の放送では40代男子が20代
ばかりを狙おうとしており、


『お若いですね〜』
『その方もお若いですね〜』
『B作さんに説教してもらいましょう♪』


・・・このように
会場では穏やかな時が流れる一方、


同じ空の下では彼に対し
『無謀だろう!』という声が
Twitterにて飛び交っていた。


・・・世間は、視聴者は厳しいのだ。


ところが現場は加藤さんなので
口調も柔らかく明るい。
周りにも自然と笑いが起こる。


・・・結果、
彼は別の女性と見事カップリング。
さすが三重県の星、援護射撃が効いた。


E8413256-C22A-4AD1-9CA9-A5D441B692C2


また、
タピオカの存在すら知らぬ21歳男子が
タピオカ販売の女子に夢中となった。


タピオカって何?
芋なんですか?
ってことは男向きの食べ物?
ス、ストローで吸うんですか!?


・・・等々、
タピオカQ &Aになってしまい
他の話題など一切なし。(オモロかったが・・)


見かねた加藤さんがススっと入り込み、


『恋愛しにきたんだよね?
恋の話とかしてみたら?好きなタイプとか♪』


それでもうまく立ち回れず、
会話が弾まない。


最後まで諦めずに
タピオカ女子を狙い続ける彼。


驚異の粘りに彼女もまんざらではなくなり、
チャンス当来か・・・!?


ところがだ・・・、
告白タイムでは全く別の女性に突撃した。


『二日間で、一番楽しい時間を過ごさせていただきました!!』


声高らかに告白。
今までのタピオカ劇は何だったんだーーっ!?


最終フリータイムにて、
チョロっと会話しただけの女性よ。


お互い暇つぶし同士だったはず・・・。


彼女の返事はYES!
人生は何が起こるかわからんものである・・・。


『この人だ!!』と思ったので
最後の最後で方向転換したのであろう。


世話役・加藤さんの
『恋愛しにきてるんだよね?』
がジワジワ効いたに違いなし。


後半は滑らかなトークになっていたし、
流れに乗れた彼なのか。
 

4467F295-B9FE-4EE6-B8D5-B9367B9C123C


自分が!自分が!と主張せず、
空気のように溶け込んで自然にアシスト。

それでいて世論からは
『加藤紀子が一番可愛い』
と言われる美貌も健在。

最強のアラフィフであった・・・。
もう一度言う、三重県の星。




フォローしてくださると嬉しいです♪
↓↓↓↓



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


ナイナイのお見合い大作戦、今回は長崎県五島市編~♪な・・・何故君が!?銀座ホステスの女性が登場、滝沢カレンさん似の超美人・・・。こんな人がライバルになったら、即死・・・!ところが彼女、口数が極端に少なかった。人気男性に群がる●●ガールズたちが我先にとアピールする中
ナイナイのお見合い大作戦、
今回は長崎県五島市編~♪

な・・・何故君が!?

銀座ホステスの女性が登場、
滝沢カレンさん似の超美人・・・。

こんな人がライバルになったら、即死・・・!

ところが彼女、
口数が極端に少なかった。

人気男性に群がる●●ガールズたちが
我先にとアピールする中、
静かに佇んでいる美女・・・。

彼女は緊張しやすいようで、
『スーパー人見知りです』と呟いた。

出た・・・!
自称・人見知り。

有効年齢は18歳まで、
以降はコミュ力不足と認定。
自ら名乗るのは禁句。

ところが、
彼女を上回る禁忌を犯す者が・・・!

『美人は人見知りでもいいもんね~!』

ガールズの一人が放った。

顔すら映らず字幕だけだが、、
最もインパクトあるセリフとなる。

内容は確かに正しい、
美人は黙っていても何とでもなる。

ところがそれを口に出すのは
己の株を下げてしまう・・・!

bag-casual-fashion-girl-Favim_com-5281608

婚活中、幾度となく
自称・人見知りに遭遇した。

『僕から喋るのは苦手だから、よろしくね♪』

という裏メッセージカード、
『人見知り』である。

彼らに遭遇すると、気苦労がハンパない。

『ウゲっ!人見知りは18歳までだ!』
・・・そんなことは言えず、

『そうなんだ~♪話しやすいのにね~!』

お前も頑張れ、オトナだろうがっ!!
心の中で叫びながら、嘘をこく。

・・・話を戻すが、
●●ガールズの一員は
心の声が漏れてしまったようだ。

正論が勝つとは限らない、
悲しき婚活界の戦いである・・・。

実際に人気男性の目には
全くハンデには映っておらず、

『口数は多くなかったんですけど、
所作が綺麗で、それも美人でした』

むしろミステリアス認定されており、
加点要素じゃないか・・・特権である。

ここで世論を調べてみた。

『私が私がの自己中女より、
大人しく見せかけている方が
上手いよな~さすが夜の女!!』

『可愛い子が人見知りでも可愛い言われるけど
ブスが人見知りだと最悪って言われるから
もうこの世界生きてけない恐怖』

美女が得をする宇宙の法則を
嘆いてはいかんのだな。

最初から大きな差がついているのに、
強敵を引きずり下ろす作戦は有効ではない。

・・・結果、選ばれたのは二番手の女性。

彼女はライバルを蹴落とすではなく、
己の戦いだけに終始した。

『周りの女性にも気を遣ってくれて、
そういうところがよかった』

内面で決めた人気男性・・・。

ここで美女が選ばれても
そりゃそうだよな~で済むし、

気配りの女性が選ばれても、
なんだか救われた気分になる。

『美人は人見知りでもいいもんね~』
を放った者は爪痕を残すことなく消えた・・・。

・・・いやある意味、
名台詞を残したのでMVPかもしれぬ。

bag-casual-fashion-girl-Favim_com-5281608

『金持ちを貧乏人にしても、
貧乏人が金持ちになるわけではない』

サッチャー元首相の名言である。

美人を引きずり下ろしても、
烏合の衆が日の目を見ることはない。

せいぜいチャンスがあるのは、
いい勝負をしている二番手までか・・・。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

プロフィール&連絡先(お悩み相談)は⇒こちらからです






ナイナイのお見合い大作戦、なんと今回は、逆告白バージョンだ。 人気男性(35)の1人がハゲており、『薄毛ガールズ』と呼ばれる女性が囲んだ。(なんてネーミングよ・・・) 綺麗なシングルマザー(30)が登場。上品なオトナの女性である。 彼女も薄毛ガールズの1人でいい感

ナイナイのお見合い大作戦、

なんと今回は、逆告白バージョンだ。

 

人気男性(35)の1人がハゲており、
『薄毛ガールズ』と呼ばれる女性が囲んだ。
(なんてネーミングよ・・・)

 

綺麗なシングルマザー(30)が登場。
上品なオトナの女性である。
 
彼女も薄毛ガールズの1人で
いい感じになる・・と思いきや、
彗星のごとく若い女性(24)が登場。
 
24歳の若さでお見合いイベントに参加し、
35歳を狙う世の中なのだな・・・!
 
この24歳がとにかく喋る、喋る。
 
薄毛ガールズを圧倒する、独擅場。
ジャイアンリサイタル大爆発だ。
 
他の女性に発言する隙を与えぬほど、
マシンガントーク炸裂。
 
お宅訪問でもジャイアンは止まらない。
喋る、喋る、喋り倒す。
 
なんだか厄介な女風に編集されているが、
ちょと待てよ・・。
 
もし彼女が男性で、
イマイチ盛り上がりに欠ける場にて
空気を変えてくれたら、モテるかも。
 
裏を返せば、気遣いの人とも言える。
 
『私以外もみんな喋ってください~お姉さんがた!』
 
・・・前言撤回!!
 
『お姉さん』入りました~!
自分が一番若いのを、無意識に示しておる。

 

結果、シングルマザーとカップルになり
ホッとしたが、ジャイアンの残した爪痕はデカい。
 
今回はたまたま悪目立ちしたが、
1対1のお見合いではどうだろう。
 
今どき男子はあの肉食獣に
あっさりと陥落するのでは・・・。
 
どこか遠い国に置き忘れてきた、
『勢い』という要素を思い出させてくれた。
 
『今日はやけ酒だな』
 
敗れ去り、涙する姿にも
アスリートのような清々しさを感じた。

 

大丈夫・・・、
君にはいくらでも未来がある。
 

 

女性からの逆告白とあって、
去り際に人間性が出る会であった。
 
『35歳、まだまだ現役です!
頑張りたいので、また参加させてください!』
 
『ダメだったー!!』
 
どの女性も、スッキリと明るい。
 
明日にはフラれたことなど、
忘れていそうな面持ちである。
 
グイグイ攻めてやりきるのは、
散り際に前向きになるようだ。
  

 

ナイナイのお見合い大作戦、今回は魚沼市であった。 番組の風物詩、イケメンに女子が群がる●●ガールズと呼ばれる姿が見えた。 円の中心にいるのは、ユリの仕事をしている『ユリ王子』。 第一印象では女性61人中、21人が彼を選ぶという異常な人気。 そんな彼が惹かれた
ナイナイのお見合い大作戦、
今回は魚沼市であった。
 
番組の風物詩、
イケメンに女子が群がる
●●ガールズと呼ばれる姿が見えた。
 
円の中心にいるのは、
ユリの仕事をしている『ユリ王子』。
 
第一印象では女性61人中、
21人が彼を選ぶという異常な人気。
 
そんな彼が惹かれたのが、
『えらい地味だなー!!』
という印象の女性。
 
●●ガールズの1人かと
見まごうようなメガネ女子である。
 
よく見たら綺麗な顔をしており、
磨けば光るタイプだ・・。
 
お宅訪問でも、
多くの女子が押し寄せる王子。
 
・・・そんなことはどうでもいい。
 
特別顧問・デヴィ夫人が乱入してきたのだ。
王子のお宅は騒然。
 
『あなたの息子さん、モテてますね〜』
ユリ王もご機嫌だ。
 
王子に対しては開口一番、
『あなたの髪の毛、直したほうがいいですね』
 
トウモロコシみたいで
全然好きじゃない・・とピシャリ。
 
イケメン割引により髪型まで
目が行かなかったが、確かに変だ。
 
一瞬見ただけで判定を下すとは流石だ。
 
夫人はユリガールズたちに投げかけた。
 
『今までなぜ結婚できなかったのか?原因は?』
 
ドキッとする質問である。
本命の前で答えるには言葉を選ぶな。
 
31歳女性がこんなことを言った。
『結婚を考えている男性に巡り会えない』
 
『それは違うわ。
婚活に行っている人は、結婚を考えていると思う』
夫人、サクッと切り捨てた。

 

どーん。
つまり・・自分が選ばれていないだけ・・!
 
確かに今回もユリガールズ化しており、
烏合の衆として消える可能性大。
 
『人生は戦い、幸福も全て勝ち取らなければならない』
 
名言を残して、立ち去っていった夫人。
毎回出演してほしい・・。
 
このエールで奮起したのは、
ユリ王子自身だったようだ。
 
最初から目をつけていた
メガネ女子に告白!
 
しかも彼女はお宅訪問にすら
来てくれなかった薄い関係である。
 
・・結果であるが、
あっさり振られたユリ王子。
 
その瞬間、
会場の女性たちがザワめいた。
 
『なんであの女が王子を断るの!?』
という非難のキャーである。
 
予告編で見た前代未聞の事件・・!は
これのことだったのか・・。
 
ちなみにメガネ女子は
本命男性に玉砕後であった。
 
『自分の心に1番人に決めた人がいるけど
その人に選ばれなかったからといって
これをお受けするのは違うと思いまして・・』
 
綺麗事はいらん、いけ・・!
そんなこと、人生いくらでもあるさ。
 
誠実なコメントであるが、
10年後に後悔しないことを祈る・・!
 
振られた後にぶっちぎり1番人気が
手を差し伸べてきたら・・
 
私なら、迷わずにその手を掴む。
 
これ以上ない、希望の光ではないか。
違うと思ったら、手放せばいいのだ。(←重要)
 
 
 

★→自己紹介はこちらです♪☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・ナイナイのお見合い大作戦を見ていた。 今回は登場人物全員が、恋愛経験なし編に迫る。 イケメン御曹司を射止めた女子も恋愛経験ゼロであったが、美人すぎて明らかに別枠扱い・・。 むしろ有り難みすら感じ

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

 


 

★→自己紹介はこちらです♪☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・ナイナイのお見合い大作戦を見ていた。今回はイケメン御曹司に注目してみる。 なんでも老舗旅館の三代目のようで、長蛇の列ができていた・・。 CMに入る前の予告だかで、背筋がヒヤリとするシーンが。 『お

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

ナイナイのお見合い大作戦を見ていた。
今回はイケメン御曹司に注目してみる。
 
なんでも老舗旅館の三代目のようで、
長蛇の列ができていた・・。
 
CMに入る前の予告だかで、
背筋がヒヤリとするシーンが。
 
『お母さんも、この人かこの人がいいわ!』
 
彼の母親までが、
嫁選びに参加しているではないか・・!
 
お宅訪問もあることだし、
家族の口出しも当然あるだろう。
 
ところが彼の家に限っては、
企業の最終選考のような雰囲気が・・。
 
実際は母親のみならず、
姉や父まで登場しており、首脳陣・大集合。
 
永久就職の合格者は一名・・
一家総出で真剣なのだ。
 
さて、女性たちに囲まれる御曹司。
彼の家に押し寄せる彼女たち。
 
自己PRをするシーンが映しだされたが、
もはや面接シーンにしか見えない・・!
 
1人の女の子が緊張のあまり、
うまく喋ることができなくなった。
 
彼女のことは御曹司も気に入っていたのだが、
『仕事となると、難しいのかな・・』
アッサリと葬ったのだ。
 
それも本人に不採用理由を告げるという、
就活のようなシーンまで。
 
あなたはうちで働くには難しいと
言われたにも関わらず、
彼女は諦めなかった・・。
 
最後の最後で彼に近寄り、
もう少し喋ろうと提案。
 
なんという勇気・・!
 
私ならそんな男に恐ろしくて近寄れない・・。
恐怖のあまり、震える。
 
彼女なりに再アピールするも、
やはり形勢の逆転は難しそうだ・・。
 
『私はうまく話せませんでしたが、
仕事はできますし・・!』
 
あぁ・・自分で言ったらいかんよ、
判断するのは企業(彼)側だし・・。
 
『君はこの仕事に向かない』と
言われて落選したところを、
『私は仕事ができますから!』と食い下がる。
 
アピールする口調も弱々しく、
明らかにうまくやっていけそうもない。
 
彼女は可愛い人であったし、
他でどうにでもなりそうであった。
 
・・にも関わらず、自ら自信を失いに
火の中に飛び込んでいくように見えた。
 
生き急ぐな・・!
その御曹司は合わないからやめておけ。
 
彼が選んだのは
ぶっちぎり美人の女性(25歳)。
どっしりしていて、落ち着いている。
 
これぐらいじゃないと、
ファミリーとはやっていけんよな・・。
 
今まで彼氏がいたことがないという、
嘘か誠かわからぬオマケ付き。
 
きっと今までお城の中に
閉じ込められていた姫なのであろう・・。
 
 

御曹司から烙印を押された彼女は、

リベンジ参加者であった。

 

前回はどうして失敗したのかは不明だが、

まさか同じように無謀な

戦いに挑んでいたのでは・・。

 

恋愛がうまくいかないのは

男運が悪いのではなく、

最初から並ぶ列を間違っているだけ・・。

 

 

関連記事↓↓

自衛隊のお見合い大作戦

 

 

こちらも更新中↓↓

無題 

 

今回のナイナイお見合い大作戦は自衛隊特集であった。男性34人に対し女性67人、22組ものカップルが誕生したのだ。街のお見合いパーティでは考えられないカップリング率である・・。普段のお見合いと違うのは、メンズに活気があることだ。声がデカい、告白も男らしい、とにか
今回のナイナイお見合い大作戦は
自衛隊特集であった。

男性34人に対し女性67人、
22組ものカップルが誕生したのだ。

街のお見合いパーティでは
考えられないカップリング率である・・。

普段のお見合いと違うのは、
メンズに活気があることだ。

声がデカい、告白も男らしい、
とにかくカッチョイイのである。

『日本を守ってきましたが、
守るべきものが増えました!
それはあなたです!』

『運命の出会いです、
一生私についてきてください!』

『あなたと出会い、あなたの声を聞き、
あなたを好きになりました!』

これらのセリフを滑舌よく大声で放つ姿に、
関係ない私まで大興奮。

『ちょっと待った!』や、
『チッキショー!』にも声量があり、
毎回、自衛隊が見たいと思うほど・・。

何を言っているのか聞き取れないような
ゴニョゴニョ男子が増えた昨今、
貴重な彼らなのである。

自信がなければ、
大声を出しておけば
何とかなる。

一方では、
残酷なシーンも散見された。

ある男性は人気が出すぎたあまり、
目当ての女性との時間が取れなくなった。

興味のない女性を迫害するわけにもいかず、
紳士的な態度で接してはいたが、
最後に思い切った決断をするのだ。

『2名に絞らせてください、ご免なさい』と・・。
苦笑いしながら、戦線を退く女性たち。

番組に映ったのが
この撤退シーンだけという子もいたはず。

選ばれし2名にとっては
王子に目をかけられたハイライトであるが、
退去女子には悲惨な時間である。

お見合いは時間に限りがあるので、
犠牲が出るのは必至・・。

似たような状況で、別の男性がいた。

筋肉バカとして紹介された彼だが、
本命を絞ったあとが強かった。

彼と話そうとやってきた女性を、
『自分は(相手を)変える気がないんで!』

近寄らせることなくピシャリと断り、
また無念の撤退シーンを見ることになった。

女に恥をかかせた裏では、
誰かは姫扱いされているのだ・・。

何事にも、光と影がある。

自分がボロ雑巾のように扱われる一方、
丁寧に扱われる女がいる。

同じA君だとしても、
『王子様』に見えたり、
『冷たい男』に見えたりする。

恋愛上手な女たちは、
ボロ雑巾界に身を置くことはない。
男の嗅ぎ分けがうまいのだ。

ヒモ男だってヒモにさせてくれる
女性を見つけ出す才能に長けている。

ターゲット選びを間違わなければ、
いい人間関係が築けるようだ。
   
3