恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ:婚活 > 時間の無駄シリーズ

2対2の食事会が開催された。 男性陣はどちらも50歳代とのこと。  モーツァルトのような 髪型の男がやってきた。 一瞬でマトモではないと判断した。 どうやら彼らに身分差があるようで、 片割れの男がモーツァルトを持ち上げている。  関係ない我々も この空気に乗らざ

2対2の食事会が開催された。
男性陣はどちらも50歳代とのこと。

 
 

モーツァルトのような
髪型の男がやってきた。


 

一瞬でマトモではないと判断した。


 

どうやら彼らに身分差があるようで、
片割れの男がモーツァルトを持ち上げている。

 
 

関係ない我々も
この空気に乗らざるを得ない。

 
 

モーツァルトが
持ち物自慢を延々と続けるのだ。

 
 

非常に盛り上がりに欠ける食事会であった。


 

『俺のコレクションを見せてあげよう!』
とモーツァルトが言い出した。

 
 

目と鼻の先に彼の家があるという。
この展開・・・最初から仕組まれていたな。

 
 

嫌な予感しかないが、
仕方なく一同、モーツァルトハウスへ。

 
 

彼の部屋は
美術品で溢れかえっていた。

 
 

見せたかった品々が我らを出迎える。


歩きにくいほど詰め込まれており、

まるで倉庫にモーツァルトが
居候している感じだ。


 

ここまで無理して、
集めなくてもいいものを・・・。

この家の主は誰だ。



『すごいですね~』と
乾いた声で答える我々。
 

 

棒読みのセリフにはお構いなしに
彼は一つ一つ石像や絵画を、

『これは中世の貴重な品で・・・』
得意げに説明しだした。


 

どうでもよくて
白目を剥いていたかもしれない。

非常に退屈な時間が続いた。

 
 

この像がどんな価値だろうが、
私の人生には関係がない。

 
 

彼は恥ずかしくないのだろうか、
自分の持ち物をこんなに堂々と自慢して。

 
 

髪型がモーツァルトの時点で、
普通の人間とは違う感性を持っているに違いない。


 

演説の途中で
更にマズイものを見つけてしまった。


 

恐らく彼の若い頃の写真なのだろう。

 

『見てくれ!』と言わんばかりに、
目立つ場所に置いてあるではないか・・・!!

 
 

あぁ、
写真の彼と目が合ってしまう・・・。

 

『あーこれ、モーツァルトさんですか!?かっこいい!』


 

先に友人が動いた、
なんて演技力だ・・・!

 
 

彼は待ってました!とばかりに、
若い頃の武勇伝を語りだした。

 
 

若き日のモーツァルトの横には
馬も写っていたため、
乗馬の話にまで飛び火した。

 
 

あの馬も仕込まれていたな・・・。


全て彼の計算通りのシナリオで進んでいる。

あぁ、また長い夜になりそうだ。


62

 


ようやく解放された時は、
友と手を取り合って空に向かって叫んだ。

 
 

『あーー!時間の無駄だった!!』

 
 

このセリフも何度、吐いただろうか。
道は険しい。

 
 

うんちく男に出会ってしまったら、
一次会で切り上げるに限る。

 
 

自分の話したいことだけを話す習性のため、
彼らは会話にならない。

 
 

完全なる時間の無駄シリーズである。

 
 

美術品以外のパターンも沢山あるので
見つけたら要注意な妖怪である。

  

一流大卒、高身長、高収入、性格は温厚で顔も悪くない。A男(29)という人物がいた。パーフェクヒューマンだと思う、・・・ハゲていたこと以外は。 この話を聞いて友人B子(27)が 『私、ハゲは全然平気!紹介して!』ときた。そんなこんなで合コンをセッティング。 舞台は彼
一流大卒、高身長、高収入、
性格は温厚で顔も悪くない。


A男(29)という人物がいた。


パーフェクヒューマンだと思う、
・・・ハゲていたこと以外は。


この話を聞いて友人B子(27)が
『私、ハゲは全然平気!紹介して!』ときた。


そんなこんなで合コンをセッティング。


舞台は彼の個人宅。


私は友人を集めた。
皆に幸せが降ると信じて。


待ち合わせ場所で見えたものは、
A男の広いオデコ。


その横に立っている、
もさっとした男子たち。



・・・まさか!あれじゃないよね!?
というオーラが友人らから伝わってきた。


すまん、そのまさかである。
男子の塊はどんどんこちらに寄ってくる。


友人たちのテンションが
地の底まで落ちるのがわかった。


見た目だけでガッカリさせるほど、
清潔感を大きく欠いた彼らであった。 



・・・が!
聞いた話だとあと一人は来る。
その人に賭けよう、まだ希望はある。


一同は渋々と会場へ向かうべく、
男子の後を追った。


前を先導して歩く彼らに、
男性が1人近寄ってきた。


脂ぎった長ーい髪はハゲかかり、
頭皮がぬらぬらと光っている。


道を聞かれているんだな。


が、その脂ぎった男性は
親しげに彼らと肩を並べて歩き続けた。


・・・嫌な予感がしてきた!


もう希望の光はあと一枠しかないのに、
この脂男であるわけがない、
あってはならない。


脂男は振り返り、
我々に挨拶をしてきた。


・・・終わった。


遅れてきた分、
期待値が高まりすぎていた。


ストライクゾーンが広い私ですら

ひるんだほど、清潔感のなさ・ハンパなし。


『このまま雑踏に紛れて消えてしまおうか・・・』



・・・途中、
横道や物陰がたくさんあって
何度も紛れて消えたい衝動に襲われた。


辿り着いたのは
なんと脂の家だった。


白を基調とした
お洒落なインテリアに音楽。


彼は手作りのタコスを振舞ってくれ、
とても美味しかった。


人を見かけで判断してはいかん・・・

我々は深く反省した。


後日、別の角度に座っていた友人から
脂男は自分の鼻の脂を触る癖があり、

その手でタコスを作っていたと聞いた時は
絶叫するほど後悔したが・・・!


7EFEFE17-6B9E-4B67-BA9B-6BE8528431CE


彼らが嫌な奴だったか?と思うと、
今思えば良い人たちであった。


それに嫌悪感を抱くか、
ただの脂かと思うかは心の持ち方次第。



荒れていたのは紛れもなく
こちらの心だった・・・。



 友人A子はある男性に誘われた。 ところが全く興味が持てず、何度も何度も断った。 すると彼から、こんな連絡がきた。 『君、ずっと断っているけどさ、代案を出すのが礼儀じゃないの?』 ・・・まさかの逆切れ! 会いたくないから断っているのに、察してくれー。『嫌な
 


友人A子はある男性に誘われた。

 

ところが全く興味が持てず、
何度も何度も断った。


 

すると彼から、こんな連絡がきた。


 

『君、ずっと断っているけどさ、
代案を出すのが礼儀じゃないの?』


 

・・・まさかの逆切れ!

 

会いたくないから断っているのに、
察してくれー。



『嫌なら俺のこと、ブロックしてくれても構わないから!』


 

返事をしていないのに、
グイグイ攻めてくる。

 

これぐらい前向きならば、
『私が否定された!』
と自己肯定感を失わずに済むのだろう

・・・KYの称号と引き替えに。

 

望み通り、
彼女はその男性を即・ブロック。


永遠に封印・完。

 



 

誘い、誘われの礼儀で、
思い出したことがある。

 

『飲みに行きませんか?』

 

一度会ったことのある
男性から連絡がきた。

 

『来週でしたら大丈夫ですよ』
返事をした。

 

すると彼から、
こんな返事がきたのだ。

 

12日 ×
13日 調整中
14日 調整中
15日 調整中
16日 ×
17日 調整中
18日 調整中

 

・・・何が言いたいのだ。
調整中とは何のこっちゃ。

 

結局、
どうしたらいいのか謎のまま、
最初の調整中の日が来てしまった。

 

人の予定をあやふやにしておいて、
連絡してこないとはー!

 

こちらが誘ったわけでもないのに、
無駄に待たされる事態に。


なんだかんだで数回、
食事に行ったような記憶があるが
毎度毎度『調整中』祭りで
グッタリしたのを覚えている。

 

今思えば私に興味がないだけなのだが、
当時は調整フェチだと信じて、
希望を持ってしまった・・・立場が弱い!

 

人の時間を奪うのは、
人の命を奪うに等しいと本で読んだ。

 

時は金なり、命なり。

 

自分のことを粗末にする男性に執着すると、
大切な命(時間)を削ってしまう。

 

早く気付いて、
さいならするに限る。


遅刻・ドタキャンの
誠意ない対応に、明るい未来なし。

121




婚活時代によく登った山と言えば、タワーマンションである。都心にポコポコ建っているタワーたち。 夜な夜などこかで、チャラパーティが繰り広げられていた時代であった。 ホームパーティと称して、数十人が来ることも。初めて行った部屋では、総勢100名は来ていた。店では


婚活時代によく登った山と言えば、

タワーマンションである。



都心にポコポコ建っているタワーたち。

 

夜な夜などこかで、
チャラパーティが
繰り広げられていた時代であった。 



ホームパーティと称して、

数十人が来ることも。



初めて行った部屋では、
総勢100名は来ていた。

店ではなく、個人宅だ。



家主は他人がこんなに出入りして

嫌ではないのか・・・?
 


家財を盗まれることもあると聞いた。

近隣住民から苦情が来るので、
何度か引越したとも聞いた。



そんなことがあっても、
お構いなしの彼ら。


なぜわざわざ、
集まりたがるのか?不思議。


パーティ屋という職業が存在していた。

仕組みはこうだ。
 


出会いの場に顔を出しまくり、
男女の連絡先をかき集める。

↓↓

名簿が出来上がる。
これを元に、人を集める。

↓↓

タワー男性に話を持ちかける。

↓↓

部屋を会場として貸してもらう代わりに、
5万~10万の代金を支払う。



家主は家賃の足しになり、
パーティー屋は儲かる。
チャラ男も気軽な出会いがある。

 


出会いを求める男女がいる限り、
永遠に続くと・・・。
 


男性からは1万円程徴収するので、

1回の売り上げは数十万円に。


表向きはホームパーティなので
缶酎ハイに簡単な料理を出せばOK。

 

原価は安く利益率の高い、

規約違反だらけの商売であった。



参加男性はサラリーマンは少数で

自営業や不労所得を得ている
集まり慣れたチャラ男が多かった。

OLの婚活に不向きな場所である。


それでも話がある限り登り続けた、
どこで出会うかはわからんし。
 


・・・結果、
登山での収穫はなかった。



財力ある者が高い場所で
オラオラしている姿を見ただけ。
体力がないと登れない山だ・・・。
 


 


タワマンパーティで出会い結婚したのは、
身近な友人で1名だけ。


ほとんどが地上戦で相手を見つけた中、
貴重なる彼女であった。



  


 


 『婚活パーティに行ったら、半分は見たことがある男性だった・・・』友人がうなだれていた。無理もない。 見たことがある半分が、素敵な面々ならば話は別だろう。きっと彼らは冴えない『常連』に違いなし。 私の肌感覚だと、男性客の3割は常連であった。・・・その昔、婚


 『婚活パーティに行ったら、
半分は見たことがある男性だった・・・』



友人がうなだれていた。無理もない。

 

見たことがある半分が、
素敵な面々ならば話は別だろう。



きっと彼らは
冴えない『常連』に違いなし。
 

私の肌感覚だと、
男性客の3割は常連であった。



・・・その昔、
婚活パーティでアルバイトしていたので 、
リピート率は何となく把握していた。
 



一定数の常連がいるので、

オール常連なんて会もある。



彼らの多くは態度が悪く、
理想も高かった・・・。

 

自身は非モテ男であろうが、
若い美女のみを狙う果敢さを持つ。



・・・こうなると、
美女サイドに悲劇が起きる。



フリータイムでは常連に囲まれてしまい、

近寄れない人垣ができるのだ。



その輪の外からは、
彼女に相応しい男性が様子を伺っている・・・。

 

彼も話しかけたいのに、
常連バリアが厚すぎて参加できない。

 
 

しまいには諦め、
別の女性にいってしまう。

 

いい男が遠ざかってしまう、

人気女性の目線から悲劇は見えていない。


 

迫りくる常連に辟易しながらも、

持ち前の笑顔で対応する彼女。



常連たちよ、それは愛想笑いだ・・・!

鵜呑みにして高嶺の花を狙うんじゃない。



それどころか彼らの存在そのものが、

彼女の人生を邪魔している。



似合いの男性と、

話をさせてやってくれ!頼む!



『・・・三重県さん、心の声がデカいよ』
 


私の独り言がスタッフに漏れていた。

すまぬ、これが黙っていられるか。
 

 

対策としては人気のある女性こそ、

目当ての男に『自ら』近寄った方がいい。
待ちの姿勢だと常連カーテンに囲まれる。



また、彼らは目当ての女性以外には一切
話しかけないという性質も持つ。



無駄な会話は好まず、
1人でじっと立っている。
テコでも動かない。


ぽつんとしている
女性がいたってガン無視。

 

あんたたち・・・こんな時くらい、
活躍してくれんかね。



レディファーストじゃないが、
ちょっとは気遣ってくれ。
挨拶や世間話くらいできるだろう。



何度もやってきて会費を払うので
会社としては最も必要な人材だが、
長い目で見ると彼らの存在こそが
業界を衰退させる感も否めない・・・。


人の出会いとビジネス、
なんとも複雑な気分である。




 

金魚のフンに虐げられたことがある。 非常に苦痛な夜だったと記憶している。 その日は芸能事務所の人たちと飲み会だと聞いていた。 彼らは有名アーティストを担当しているそうな。嫌な予感はする・・・。店の扉を開けた瞬間、『こりゃ、マズい!』背筋が凍った。 無駄にふん

金魚のフンに虐げられたことがある。
非常に苦痛な夜だったと記憶している。


その日は芸能事務所の人たちと
飲み会だと聞いていた。


彼らは有名アーティストを
担当しているそうな。
嫌な予感はする・・・。


店の扉を開けた瞬間、
『こりゃ、マズい!』背筋が凍った。


無駄にふんぞり返った集団がいたのだ。


シルエットだけで偉そうな態度が
ビシバシ伝わってくる・・・!


その中にチンチクリンな
小太りの男性がいた。


彼の周りにはアラサーくらいの女達が、
キャーキャー騒いで乱れているではないか。


『飲むぞぉ~♪いぇ~い♪』


辛い・・・非常に苦手な
テンションの高い集団である。


早くも気圧されそうになったが、
来たからには踏ん張らねば。


私も酒を飲めば、
形だけは溶け込めるかもしれない。


偉そうな彼らは
『お前たち、とにかく盛り上がれよ?馬鹿騒ぎしよろ?』
な姿勢を崩さない。


何かを話しかけただけで、
『お前みたいな、マトモなこと言う女って苦手~』
と虐げられた。人間語が通じない。


とにかく乱痴気騒ぎを起こせと、
一気コールが止まらない。


それにしても何故、
小太りの周りにくっつく女たちは
こんなに低姿勢でいられるのか?


彼女たちは家来のように扱われるも
あちこち触られようとも、
笑顔で尽くすように騒ぎ立てた。


どうやら女性たちは 
彼らが担当している
アーティストのファンのようだ。


奴らのあちら側に君臨する、
有名人に会いたいのだ。


だから暴君にも優しくできる。
なるほど、合点した。


彼は自分が踏み台とは気づいておらず、
『俺はスター!』
勘違いオーラをムンムンと出している。


・・・あぁ、また現れたか。
誰か目を覚ましてやってくれー
そいつは会社員だ。 


このタイプには治療法がない、
早く退散するに限る。
すでに心身が疲労していた。


その一味の中に、
場に似つかわしくない若いイケメンがいた。


小太りたちの小間使いとして、
非常に気が利き、よく働く子であった。



・・・数年後、
彼は有名なスターとなった。 びっくり。


やはりあの小太りはキーマンだったのかー!


スターの彼もちゃんと政治をこなして、
のし上がっていったのだな・・・。


泥臭い営業を淡々とこなし、
実力をつけていった結果である。



飲み会の後
偉そうな一味と道を歩いていたら、
偶然にも彼らが担当している
アーティストのポスターが貼ってあった。


彼らは『うわぁ、気まずいなぁ』と、
ニヤつきながら自らの顔を隠した。


E6F99F65-0DCF-4044-94CB-0B442447F150


・・・安心しろ、
お前はどこにも写っていないから
隠れる必要はない。


彼の脳内では自分も
グループの一員になっているようだ。


チームの1人としては間違いないが、
立場を悪用しすぎている。


スター = 自分
謎の暗示がかかっているので、自信満々。


とはいえ私も好きな芸能人がいたら、
機嫌を取りに全力を尽くすだろう。



偉そうな一般人を作るのは
他ならぬファンであった。



強力な仕掛け人がいるのだ。
そう思うと誰も悪くない・・・、
彼らの病は仕方なかった。


 

ある日の合コンのことである~。 美容クリニック院長、経営者、 そんな感じのメンバーであった。 ザ・港区おじさんな男性たち。世慣れた彼らに対し、一般派遣OLの我々。 開始早々、先はないな・・・と感じる。 彼らは総じて紳士的であったが、 全く婚活向きではない。 旅の宿

ある日の合コンのことである~。


美容クリニック院長、経営者、
そんな感じのメンバーであった。
ザ・港区おじさんな男性たち。


世慣れた彼らに対し、
一般派遣OLの我々。


開始早々、
先はないな・・・と感じる。


彼らは総じて紳士的であったが、
全く婚活向きではない。


旅の宿の一夜のような、
瞬間的な盛り上がりのみが生まれた。
違う意味での時間の無駄シリーズだ。


しばらく飲んでいたところ
院長の赤ワインが転倒し、
私の真っ白なワンピースに直撃した。


1CF567C0-7F8A-47CA-A87C-1BC5AAC53705


思い切り正面からかぶり、
全身が真っ赤に。


(やった!これで帰れる!)


お気に入りのワンピースだったが、
喜びの感情が咄嗟に湧いたことに驚く。


平謝りの彼、
トイレに駆け込んだ私。


水でじゃぶじゃぶ洗ったら、
まさかの綺麗に落ちたー!!


心配して見にきた友人もびっくりな、
手品のような汚れの落ち方。


まぁ全身ずぶ濡れだし、
立ち去る口実にはなるだろう。


ダイナミックに洗ったせいか、
気の毒な女風に仕上がっている。


ここのところ飲み会も続いていたし、
神が与えてくれた休暇に違いない。
早退しよう・・・。


私は先に帰りますね〜と告げると・・・。



『本当にごめんね!これ、クリーニング代にして!』



院長から1万円が登場。


『もう汚れは落ちたし、大丈夫ですよ〜!』
言うも聞かず、諭吉グイグイ。


財布の中にはアホみたいに
お札がギッシリ入っているのが見えた。


彼にとっては100円くらいの感覚だろう。
・・・ならば遠慮なく、100円頂くっ!!!


ワンピースが身体を張って教えてくれた。
『己に向いた範囲を探せ!と』


住む世界が違いすぎる場所をうろついても、
結婚には結びつきにくい。


当時の婚活仲間に派手な女性がいた。


どうしても彼女が開く飲み会が
ギラついた経営者ばかりに偏っていた。


お金とゆとりは死ぬほどあるが、
今すぐ結婚したい我々OLとは別人種。


やはりチャラついていない、
サラリーマン界へ行こう・・・と舵を切る。


数をこなした結果、
自分の向き不向きの畑が
なんとなく見えてきたエピソードである。


むしろ今こそ、
婚活不向きな彼らと飲みたい。 


・・・もはやお呼びはかからぬが!



婚活界でうっかりと使えないワード、それは『人見知り』である。個人的には人見知り適応年齢は、最大で18歳までだと思っている。さて、間違った使用例をご紹介する~。ある日の合コンで少年がやってきた。正確には中学生のような服装をまとったアラサー男子だ。田舎くさいツ
婚活界でうっかりと使えないワード、
それは『人見知り』である。


個人的には人見知り適応年齢は、
最大で18歳までだと思っている。


さて、間違った使用例をご紹介する~。
ある日の合コンで少年がやってきた。


正確には中学生のような
服装をまとったアラサー男子だ。


田舎くさいツンツンした髪型に、
派手なネックレスが首元にキラリ。


彼は大幅に遅刻をしてきたのだが
謝罪することはなく、
思春期の少年が世を鬱陶しがるような
ふてぶてしい態度にて入場してきた。


その時点で、嫌な予感が・・・!


終始、彼は無言で何も話さない。
ただ、そこにいるだけ。


周りの人が気を遣って話しかけるも、
うかない返事で会話も続かず・・・。


俺に話しかけないでくれ!
オーラを出し続けていたのだ。


全員がお手上げ状態で、
彼は最後まで黙ったまま・・・。


私はみかねて男性幹事に尋ねた。

『彼、全然喋らないけど、大丈夫・・・?』





『あいつ、おかしかったよな?
いつもはチャラ男なのに』




・・・なんですとっ!?
イツモハ・チャラオ??
 

チャラ要素が一つも見つからない。

 

『・・・あいつ、人見知りなんだ』



・・・出たー!
魔法のワード・人見知り。


『人見知り』使用年齢、
上限は18歳までと認定!!


たとえ女性陣が全くタイプでなく
絶望に打ちひしがれたとしても
その場に来たからには諦めて、
せめて会話ぐらいしてくれ。


初対面の人が苦手なのは、
あんただけではない。

 
・・・誰だって、
気心知れた人と話す方が楽なんじゃい。


63 (4)


『俺、人見知りだから♡』
といきなり言われると・・・。


自分から話すのは苦手だし、
オモロイことも言えないぞ。 
お前から楽しませてくれよ!


という無言の圧を感じる。
これでは、ただの努力放棄よ・・・。


どうしようもなく
人間が苦手な者以外は
『人見知り』の使用方法にご注意あれ。


せめて、
緊張しちゃってうまく
話せなかったらごめん!
くらいの予防線にしておきたい。


その前に遅刻したら、
まずは詫びからだ。


『今月は徹底的に最悪な月にする!』男運がついていないと、友人A子から嘆きのメールが届いた。月初はインフルエンザの発症で幕を開け、不運な出費で財も失い、今に至る。そんな彼女にとどめを刺したのが、これから紹介する話・・・。合コンで知り合った男性から食事に誘われ

『今月は徹底的に最悪な月にする!』


男運がついていないと、
友人A子から嘆きのメールが届いた。


月初はインフルエンザの発症で幕を開け、
不運な出費で財も失い、今に至る。


そんな彼女にとどめを刺したのが、
これから紹介する話・・・。


合コンで知り合った男性から
食事に誘われた。


彼の風貌はコボちゃんにソックリ。 

コボちゃんはプレゼンよろしく、
入念な自己アピール準備をしていた。


『俺の仕事を知ってほしい!!』


何の前触れもなく
突如ipadを取りだした。


そこには、1、2、3と
箇条書きにて何やら書いてある。


俺はこんなに沢山の仕事をやっててな
・・・と語り出した。


『す、すごいね・・・』


A子はロクに読まずに乾いた返事をした。


コボちゃんは活き活きと
自分語りを続けている。


彼女から仕事の話を聞いたわけではない。
押し売りはいかんぞ、押し売りは。


彼の口から補足が入った。
年収は1000万を超えている、副業もしている。
マンションを外国に複数買う予定・・・。


出たな、財力のある俺アピールめ。


いいところを見せたかったのであろうか、
今となっては知る由もない。


さて、お会計が終わり二軒目に行こうと彼。
終電があるから・・・、A子は断った。


これ以上、苦痛な時間は勘弁。


ほっと胸を撫で下ろしていると、
突如後ろから何者かに肩を掴まれた!


・・・振り返ると、コボだ。



『まだお金貰ってないよ!3,000円ちょうだい!!』



追いかけてきたようで、
肩で息をしている。


彼女は驚きのあまり、
心臓が止まりそうになった。


もちろん彼の方が
多く出してはいるのだが・・・。


何故、稼いでいるとアピールしてしまったのか。
その場で即座に請求しないのか。


その後の3,000円、
ダメージは計り知れない。


1


こうして不名誉な記憶となり
女の心に刻まれたのであった。


どうせ名を残すならば
『いい男だった』と思わせたい・・・!