恐怖の婚活回想記

怒涛の婚活時代を振り返り、その恐怖と反省を綴ります。

カテゴリ:婚活 > 1ヶ月コーディネートにあれこれ言う

今月のクラッシー 、着回し企画の主人公は編集者。31歳・恋活中、出会いアプリ5つを股にかける。5って・・・!骨のありそうな女の気配・・・!『30過ぎて猛ダッシュはそろそろキツい・・・!でも大丈夫、わたしの戦闘力は530000』フリーザ様なら地球の重力で走るくらい朝飯前
今月のクラッシー 、
着回し企画の主人公は編集者。


31歳・恋活中、
出会いアプリ5つを股にかける。


5って・・・!
骨のありそうな女の気配・・・!


『30過ぎて猛ダッシュはそろそろキツい・・・!
でも大丈夫、わたしの戦闘力は530000』


フリーザ様なら地球の重力で
走るくらい朝飯前よ。

 
FD5B5087-70D6-4E09-8E01-CD372E671356



さてさてアプリで初対面の男子と
楽しいデートを過ごした主人公。
早くも本命候補現れたか?


『友人に報告したら
「そいつの奥さん知ってる」って・・・
ウソつき既婚者は駆逐されて!!』


まさかの翌日、正体が判明・・・!
早かったのが不幸中の幸い・・・涙


知らずに惚れ込んでしまったら、
目も当てられぬ。


奥さん知ってますけど!?
とでも通達してやりたいが、
『それが何か?』と返り討ちに遭いそうだ。


アプリに登録するくらいだ。


見つかる可能性も秘めており、
メンタルはフリーザ様より
強いと推定される。退去!


ネタに昇華させた主人公は
新しい仕事を獲得。


『場野増太先生から
「短編一本でもよければ」とお返事が。
新しい漫画との出会いってオラ、
毎回わくわくすっぞ〜』


君の役どころは悟空だったのかね、
ひとり何役も忙しいのである。


そしてこの漫画家先生の名を
記憶しておいてほしい・・・。


アプリで次を捜索していると、
良さそうな人・・・・元カレ!!
というオチまで叩き出す。


やはりタイプは変わらないのか、
もう別れた理由次第では
連絡してもええのでは・・・。


それでは着回しが終わってしまうので、
元カレはこれにてクランクアップ・・・。


『行きつけの喫茶店「北風」で先生と
ネームの打ち合わせ。
実はこっそりイケメンマスターを
拝むのがわたしの癒し』


・・・イケメンマスター!
彼だな、運命のお相手は。


この企画に無駄なイケメンは
出てこないはずだ。


アプリ恋活は続き、
ギラギラ男との自慢デートに
AIのように対応して終わる彼女。
頑張っておる・・・。


仕事は順調で、
新しい漫画家との電話打ち合わせ。


さらに別の先生とも打ち合わせ。
イケメンマスターの話をしたら、
『舞台にあがれ、まどか!』と激励される。


さすが漫画家・・・
イケメンへのアプローチは
人生のイベント、舞台。


見てるだけの観客スタイルでは
主人公にはなれんのだ。


すぐにイケメンマスターの元へ、
しかしバレンタインのチョコは渡せず・・・。


『よく考えたら注文以外で
話したことないのに無理があった』


すごすごと退散・・・。
常連だとミスった時に気まずい。


『パラレルパラレルラブストーリーの
ヒロインになーれー!』


レギュラーのスカート(戦闘服)を
お手入れする主人公。


姫ちゃんのリボンの呪文。
編集者はアラフォーだな・・・、
世代を感じる。


日に日にマスターへの想いを募らせた頃、
新しい漫画家先生とご対面。


先ほど名前を
記憶しといてくれと申し上げた、
場野増太先生である。


なんとイケメンマスターが
漫画家先生だったというオチだ・・・!


よく見ると、
場野(バーの)増太(マスター)。
わりと安易なカラクリが。


アプリの話も声がデカくて
筒抜けだったようだ。


『何も始まっていないけど、
何かが確かに終わったフラグ』


本命男子にアプリ中毒だと勘違いされ、
ショックを受ける主人公。


うぉーこちとら真剣なんじゃい、
既婚男がアプリ使うのとは
訳が違うのだー!


気分を切り替え、
次の男性を探し出すのは
主人公の逞しいところ。


そんな矢先、
ボーイフレンドが3人もいるという
4歳児に遭遇してしまう。


『「男の子たちがいろいろくれるの」
4歳でこれ・・・おそろしい子!』


今度はガラスの仮面へ・・!


あぁ、我が息子もこんな
色恋沙汰の社会へ出るのか・・・4歳!


その後はイケメンマスターの
お店にも足が遠のき、
原稿を受け取ってそれきりに。


『編集長から
「このヒロイン、どう考えてもお前だろw」
って・・・へ!?』


何ということでしょう・・・!
彼とのゴールインも近い、
もう2月の26日!!


今年はうるう年か、
あと3日の猶予があるー!


安西先生(友人)からのメッセージ
『諦めたらそこで試合終了ですよ・・・?』
を受信してイケメンへの突撃を決意。


最終日、
あっさり2人は結ばれる。


『今度からはアプリじゃなくて、
現実の僕との第一話を始めませんか?』


逆にわかりにくいわい、
どんな関係からの第一話じゃい。


思えば彼は最初から編集者(主人公)の
正体はわかっていても黙っており、
こっそり彼女を主人公にした漫画を
本人へと納品したのか・・・。


彼女に恋心がなかったら
ちょっとしたホラーかもしれぬ。


恋の力は全てを美談へと変えるという
壮大なテーマであった。


前代未聞の前後編となったクラッシーのファッション着回し企画!!ざっくり紹介するとチャラ男にハマった挙句、別の女とのベッドシーンを目撃!・・・なところで終わった。(説明雑)後編まで引っ張るなんて、よほどの展開を見せるのか・・・。はたまた第三の男と激動の三角
前代未聞の前後編となった
クラッシーのファッション着回し企画!!


ざっくり紹介すると
チャラ男にハマった挙句、
別の女とのベッドシーンを目撃!
・・・なところで終わった。(説明雑)


後編まで引っ張るなんて、
よほどの展開を見せるのか・・・。


はたまた第三の男と
激動の三角関係・・・!?
ご紹介する〜。


女と寝ている現場に遭遇だなんて本当にあるんだ。
『あー私だって愛されたいよう 』
『ねえ。お姉さん。ちょっと!』の声に、ハッと現実に戻る 


一コマ目から第三の男きたー!


影山さん(通称カゲさん)と
意気投合して飲みに行くことに・・・。


チャラ男にウンコ扱いされたことを
告白すると、なんとカゲさんも
女にコテンパンにされた後であった。


同じ本を取ろうとした男性と手が触れ合った、
『あれ・・・会ったことありますよね?』


さらに次のイケメンも登場〜
こちらはキョウさんという。


占い師からは知っている男と
付き合う!と言われて
カゲさんにキョウさん。
このどちらからで決まりか。


ケンちゃんから連絡が。
『あれって、俺の話♡?』・・・ウザ


こちら前編にて大暴れしてくれた
ケンちゃんである。


壮大な前後編となったので、
今回も爪痕を残してくれると思いきや、
彼はこれにてクランクアップ・・・!


というか姿すら出てこず、
LINEのみの地味なラスト。


まさかの2ヶ月にも渡り
引っ張らずに済んだのでは疑惑、
ケンちゃん消えましたがな。


翌日には本屋で手が触れた、
漫画な出会いのキョウさんとデート。


それから2日連続で
彼とバッタリ出会う偶然が・・・!


もう運命としか思えない。
僕たち、結婚前提に付き合いましょう


これにてめでたし!?


・・・いや、
ケンちゃんから送られた
刺客かもしれない。


それにまだ12日、
天下のクラッシーが月半分で
幕を閉じるわけがない。


『この着回しダイアリー、
今日でもう終わりでいいよ!
私、絶対幸せになる!!』


まさかの主人公からの
終了宣言かい!!


絶対こいつには
何かあるパターンだぞ、
早まるな。


朝いつもの道でカゲさんに遭遇。
『彼ピできちゃった♡』
『・・・そいつもお前も大丈夫かよ』


ラストはカゲさんと
ハッピーエンドな予感が・・・。


よく見ると彼『ピ』となっており、
ピが破滅を暗示させる。


さてさて、さっそくだが
暗雲漂ってきた。


極度の嫉妬かモラハラか、
男の存在に敏感なキョウ様。


他の男と連絡を取るなと、
中学生のような要求も出してきた。


終電で帰宅すると自宅前にキョウ。
『随分遅かったね。誰といたの?』
会う約束してたっけ?


ひぇー!
まさかの自宅待機・交際4日目の乱!
短命な香りしかしない。


それも着信100件という、
熱意も叩き出してきた彼。


コンビニへ行って戻ってくると
そのスマホもLINEの画面も、
私のだよね?


主人公も脇が甘い、
張り込みをする男が
携帯を見ないと思うのか?


一人ずつ説明責任を科せられ、
LINEもインスタも
全部リセットされる彼女。


すでに消去法でカゲしか
まともな人材が残っていない・なう。


キョウは己が
ハッピーエンドの役割では
ないと知ってか知らずか、
ヤケクソな奇行が続く。


女友達との履歴にも怒り出し、
寝ずに仕事へ。
これも愛されてるってことかな。


もう自分でも何に怒っているのか
わからなくなっているキョウ。


あれもこれも気に入らない
遅めな思春期到来、
カルシウム不足も叫ばれる。


どうしたものかと、
カゲさんに相談したい主人公。
ここで悲劇が・・・!


カゲさんと合流したらキョウ登場!
ウソ・・・『お前、誰?』と
詰め寄られるカゲさん


ホラー映画!!
偶然なる登場が多すぎる・・・!


張り込みの成果ならば、
探偵事務所からスカウトが来る腕前よ。


それにしても彼女の上司かもしれんのに、
突然に『お前』呼ばわりする危険人物。


まだ前編のチャラ・ケンちゃんのほうが
社会的にはまともでは説が浮上。


ケンちゃんの出番もないので、
せめて私だけでも思い出してやろう・・・。


スマホを壊され、
勝手に新規契約のスマホに替えられて
私、もしかしてまたヤバイ恋してる?


もはや恋なのか・・・。
盛り上がったのは初回の
数日のみ。


カゲさんの名刺を今ここで切り刻めと
ハサミを渡された挙句、
『あんな奴とつるむなんて
人間力が低い』とまで言われ。


ハサミで刻むって、
何故にそこだけアナログじゃい。


いくらでも電子的に残せるし、
どこかにメモれるぞ。


今日は王子様のように優しいキョウ。
間違ってない♡愛されてるもん♡


この中にお医者様はいませんかー!
完全に宗教にハマっとる。


昨夜はハサミを持ち出した男が
普通に接しただけで好評価。


普段から優しい者が
浮かばれる世になってくれるのを
願ってやまない。


『今までのどの恋より幸せ』と言ったら
『当たり前。お前のくだらない過去と
僕を比較するな』と大暴れ・・・。


彼の怒りポイントがさっぱりだし、
『お前のくだらない過去』など
捨て駒キャラ・丸出しのセリフも酷い。


早よ、
カゲさんとまとまってくれ・・・。


案の定、
カゲさんにヘルプを求め
彼の会社泊まり込む主人公。


張り込みのプロ・キョウから
逃げられるはずがない・・・!


イブの朝、
カゲさんの会社から出社しようとしたら
ドアの外に赤いスーツのサンタ・・・。


おお、ちゃんとクリスマスカラーで
突撃してくるんだな〜無駄に感心!


『チエ、クリスマスだよ、出かけよう』
乗り込んでこようとするキョウ、
必死にドアを閉めるカゲさん。
追い払ったものの、
外に出る勇気がなく欠勤。


ゾンビ映画ー!
というか、警察案件じゃい。


『出かけよう』というか平日朝、
仕事はどうした、キョウよ。



1E869485-3473-43AB-ADA3-B9BEA57B0EFA



私の位置情報は随分前から今日のスマホに
同期されていたことも判明


張り込みではなく、
テクノロジーに頼っていたとは。


ハサミで切り刻ませる彼も
現代のツールを使いこなすのだ。


刺されそうな展開だが
ページ数の都合もあってか、
アッサリと別れは成立。


歪んだ愛でごめんね。
もうちえの前から消えるよ。


わしは信じないぞ、
第二波、第三波は来る・・・!


彼が背後にそびえ立つ姿にて
フィナーレを迎えるのでは・・・。
だってクラッシーですもの。


迷惑をかけたカゲさんに別れたと報告。
お詫びの食事に誘ったら
『明日も彼、現れるw』って


キモが座っておるなぁ・・・。
ドアこじ開けて入ってくる男を、
珍プレーだと楽しむ余裕。


もちろんのこと、
二人は結ばれフィナーレ。


背景は澄み切った空。
キョウの姿は見えない、
ノーマルな幕引きである。


重ねて言うが、
前後編にする必要はなかったのでは・・・!



最高のエンタメをありがとう、クラッシー様♪
来年もどうぞよろしく・・・!



1ヶ月コーディネートの記事はこちらから♪↓↓↓↓
 







最近はクラッシー に集中しすぎたので、たまには別の雑誌も・・・。ちょいと趣向を変えまして、『部長びんびん着回し物語』というパンチある企画名からご紹介しまーす!!(雑誌・OCEANS)ーーーー『最近、素行の怪しい妻を尾行する。探偵気分にちょっぴり高揚しちゃうぜ!』
最近はクラッシー に集中しすぎたので、
たまには別の雑誌も・・・。


ちょいと趣向を変えまして、
『部長びんびん着回し物語』
というパンチある企画名から
ご紹介しまーす!!(雑誌・OCEANS)


ーーーー


『最近、素行の怪しい妻を尾行する。
探偵気分にちょっぴり高揚しちゃうぜ!』




7E8E50C5-E023-49C2-9566-8CCFF36C3B4A


・・・め、
目立ちすぎじゃーい。


尾行するには個性を抑えてくれないと、
ウチでは雇えない・・・オーナー目線!


『ショーウィンドウに自分の姿が
映っているのに気付いた。
オレ、カッコいいかも・・・
マジもんの探偵じゃねぇか。
Facebookにアップしたろか』



印象を残さないのも尾行の仕事、
個を消してくれないと勤まらぬ。


己に見惚れている間に
ターゲットも見逃しそうだ・・・


やはり君は他を当たってくれ、
再びのオーナー目線!


何よりも新鮮だったのは、
この文章量である・・・。


どどーん。↓

6420073F-150E-43E4-BC19-C728DDA12A7F


洋服のクレジットは申し訳程度に
ちょこっと・・・。


これで着回し30日分の1日分・・・!
なかなか壮大な読み物となっている。


主人公の表情が百面相で、
男社会の世知辛さを
表現しているのが特徴。


新しい上司がイケ好かない奴だったり・・・。
(死んだ目の演技・・・)


E71F8643-92B9-4866-98CE-3B04AEF52D4E



そいつが酔いどれてへべれけとなり、
タクシーにぶち込んだり・・・。



604CE7EA-B67D-4858-8358-8E10D381A4B5


よく見ると、
行きつけのクラブのママから
『この人すぐに連れ帰って!出禁よ出禁!』
二度と来るなと追い出されているではないか。


6C513E70-61CE-4062-B8DE-5895C3A958FE



行きつけの店から出禁くらうって・・・!!
ママもこの日を待ちわびていたのだろう。


妻の浮気が気になる上に仕事の悩み、
ぐったりして公園で不審者プレイしたり・・・。


1CDA358D-7C5A-4E0A-B341-E9004F393F9C


ついに本物の探偵事務所の門を叩くことに、
ショボくれた表情にも役者が光る。


採用面接ではないので
冒頭の探偵ルックは封印だ。



28C5F89B-1887-4DF0-B758-43A889E63220


妻が斎藤工似のイケメンと
一緒にいるのを発見!


『これが昼顔ってやつか!』
表情もサマになっておる・・・!


妻の浮気疑惑、
イヤな上司とあれこれの日々に加えて、


子どものお受験ファッシン解説&
浮気調査の実態も組み込まれ
てんこ盛りな内容となってきた。


ショボくれた表情ばかりではない、
イケオヤジページもしっかり健在。


海外出張からのスキンケアも抜かりなく・・・。


59BBBF12-CD93-4E32-AA61-8B703C50436B


浮気調査はまさかの『シロ』で
嬉しいが不可解な表情も絶妙。


64C43C12-293B-47EC-926F-A946722093C3


妻に話があると呼び出されれ
怯えながら出向くと・・・。


なんと浮気は勘違い、
結婚祝いのサプライズランチ♪
という平和なオチで着地!


9C3FA5AF-29A4-453B-927A-EDC1C2498F30


ええ表情やのぅ・・・!!
涙目演技もお手の物である。


女性誌だとここまで
思い切った顔芸はそうそう見かけない。 


男社会の大変さが何となく伝わってきた・・・。


恋愛を軸に人生が回っていく女性誌、
仕事を軸に人生が回っていくメンズ誌。


やはりクラッシー が恋しくなり、
来月の話が待ち遠しくなった今日この頃である。



クラッシー 1ヶ月コーディネートの記事はこちらから♪↓↓↓↓






『モテることだけを考えてアイテムを厳選、全ての恋愛ご無沙汰女子へ贈ります!』今回のクラッシー は人間界らしく、冬の人恋しさにフォーカスした作品!『お前たち、コーデを見ろよ?うちの専門はこっちだからな!』という編集部からの挑戦とみた。最近ぶっとびすぎていたの
『モテることだけを考えてアイテムを厳選、
全ての恋愛ご無沙汰女子へ贈ります!』


今回のクラッシー は人間界らしく、
冬の人恋しさにフォーカスした作品!


『お前たち、コーデを見ろよ?
うちの専門はこっちだからな!』


という編集部からの挑戦とみた。


最近ぶっとびすぎていたので、
ファッション誌アピールだ。
 

しかも前後編という気合の入れよう。
ご紹介する〜。
 

『広告代理店との会食。そこにいたケン君は
見るからにチャラかったけどすぐ仲良くなれた!』
 

チャラかったけどではなく、
チャラいので仲良くなれた予感しかない。


第一の男・ケン君が登場。


『昨日の出会いを報告するも
【持ち駒1人はヤバい】と
男の子を呼んでくれて
リョースケ君と連絡先を交換』


まだ持ち駒にすらなっていない、
薄ーい関係であるぞ。


第二の男・10歳年下の
リョースケ君もご登場。


『ケン君、会って20分後には私に恋愛相談。
私は友達ってことか・・・と思えば
【ちえさんって、魅力的】』


21歳の子が気になると相談されてからの、
酔ってからは口説かれモードの主人公(32)。


『こんなハズじゃなかった。
軽い気持ちでケン君の家に行き、
朝まで 過ごしちゃって・・・』


もう行ったんかーい!
簡単になびきすぎじゃ。
 
 
翌日には22歳のリョースケから
連絡あり、浮かれる主人公。

16A2DFF6-3F98-48BF-8EC1-CC542C6DE7CB

 
『リョースケ君と2人でおでん飲み。
【僕なんて男に見えないですか?】
って32歳ちえ。今、モテてる!?


こんな人と付き合ってみたいと
グイグイアピールのリョースケ。


『仕事の悩み泣きつく先は元恋人。
この人と結婚してたら幸せだったかな、私』


他の人材はいないのかー。
まるで結婚を断った風だが・・・。


『【頭で考えすぎ、恋、したら?】
とごもっともな指摘』


この人との結婚、可能性なかった! 
いらん心配であった。
 

『ケンちゃんとの合コン。待って。
私が連れてきたナオと
ずっといちゃついてるし
え、今、キスしたよね?』


ケンちゃんのことが好きと、
憤る主人公。


いつの間にか
『ちゃん』呼びにランクアップ。 


『ムキになってケンちゃんと
一緒に帰った昨夜。
いちゃつきを問うたら【わざとだよ?】


ケンちゃんと付き合ってないのに
友達から引き剥がさなくとも。 
彼の回答もキテレツだ。
 

『ナオのインスタに写り込む男、
確実にケンちゃんじゃん!』


何というか・・・
デート相手をSNS発信するのか。


出てくる人物がどれもこれも
はっちゃけておる。


『夜通しケンちゃんからの連絡を待ち、
4時に来た連絡はナオとは関係ない話題。
話、はぐらかされている』


『ケンちゃんに会えるかもと
予定を入れる勇気がなかった土曜日。
昼に送ったLINE、20時の今も未読』


涙出そうである・・・。

 
このモードに入った女に、
友人の声は届くまい・・・。


『深夜1時。ケンちゃんから突然
【会いたい】の連絡に
タクシー飛ばして来ちゃった』


ひぇー!
これは有名な御法度プレイ、
デリバリーピザな女である。


『思わず口から出た【好き】の言葉』


ピザからの好き発言まで追加、
頼まれていないのに割引サービス。
 

『【俺も2時の時点でちえが一番好き、
でも明日はわかんない】』


自信がありすぎなのか、
一周回っておかしな回答になっておる。


『夜に似合う黒ニットに
フレアスカートでいい女を気取って』


ピザな日のコーデか!
いい女は男からの呼び出しに
夜中タクシーを飛ばさない。

 
AF627380-13AB-4B2E-BCF3-5AC346D5AA45


もちろん、
友人からは説教されたのだが
幸せで優しい気持ちになっている
という主人公には響かない。


どこに幸せがあったのか・・・。
素人には見つけられなかった。


『リョースケ君と二度目のご飯。
【俺に興味なさそうだったから
彼女作っちゃいました!】』


どいつもこいつも、展開が早い。


『恋愛休止が長かった
30代はダメな男にハマる
という企画、部署で大受け!!』


自分の恋愛を仕事に活かす主人公。


いやいや、ケンちゃんは
わかりやすい迫害をしてくるし
あえて選んでいるのは彼女だ。


すっかり連絡はこなくなり、
ケンちゃんへの思いを馳せる日々・・・。


『限界すぎてリョースケ君にLINE。
【話聞きます。火曜は?】って。
早くキミの魅力に気づけばよかったわ』


口説いてきた次のデートには
彼女を作っている男だぞ?

 
迫害系ケンちゃんよりも
こっちの方が強敵の予感。


『ただ過ぎゆく時間に耐えられず
マッチングアプリで即アポするも
写真と違う人がきてもう帰りたい』


こういう時に限って、
こういうのを引き当てるー!
 泣きっ面に蜂!
 

不幸は3人乗りの船で
やってくるというし・・・、
負のスパイラルが止まらない。


友人ユキエからはお説教。


『【本当にまた会うの?必要なのは
安心をくれる彼でしょ?】
と問われ何もいえなくて』


わかっちゃいるけどケンちゃんラブ。
続いて、22歳リョースケに相談。
 

『【ちえさんはブレない姿が
素敵だったのに、何ブレてんすか】
さすが若手経営者、核心ついてる』


・・・すまん、
そんな大したことを言っていないぞ。


男のセリフばかり鵜呑みにしすぎだ、
友人ユキエの声は届いておらんのに。 


『突然のケンちゃんからの誘い。
嬉しくて会っちゃう私。
【あさってウチきなよ】って(涙)』


若手経営者の言葉に感銘を受けるも
この体たらく。
相談が無と化した瞬間だ。


『連絡つかないケンちゃんに痺れを切らし
朝、家までいくとドアの鍵が開いてて・・・
広がる景色は冗談みたいな現実だった』


突然のお宅訪問いったかー。
パッション出し過ぎだ。


そして全く意外ではない現実、
女が泊まっている。 


6B4C9626-4A8F-4A66-BD2C-1EC4E85233C0


『だから明日はわかんないって言ったのに


仰る通りですわ、ケンちゃんよ。
君は確かにそう宣言してた・・・!


嘘をついておらず、
むしろ勝手に入ってくる
彼女でもない女のほうが
ストロングスタイル。


どうやら家デートの約束なのに
連絡がつかなかったので突撃したようだ・・・。 


ここで後編に続く・・・と、
まるでコナンのような展開。

 
来月、真実に辿り着くのか!? 


それにしても注目すべきは
突撃された女性のこの表情である。
 
 

4631BA78-650E-4D6E-A69F-2128F9B8D370


『あなた、どちら様?』的・余裕!

 
これぐらいの器がないと
ケンちゃんの相手は務まらない。
 

携帯握りしめて夜も眠れぬような、
恋愛弱者には太刀打ちできん強敵であった・・・。




日本で1番、クラッシー(ファッション企画)を読み込んでいる三重県でーす!!今月は何が出てくるかー!?ご紹介〜♪『彼の家でふとドライヤーを見るとあれ?コードの巻き方がいつもと違う・・・』彼氏の家の様子に違和感を覚えた主人公・・・浮気疑惑だ。 そろそろ山賊や宇
日本で1番、
クラッシー(ファッション企画)を
読み込んでいる三重県でーす!!


今月は何が出てくるかー!?
ご紹介〜♪


『彼の家でふとドライヤーを見ると
あれ?コードの巻き方がいつもと違う・・・』


彼氏の家の様子に違和感を
覚えた主人公・・・浮気疑惑だ。

 
FF4454CF-9E6A-465B-8A2D-D8211B84BBCC


そろそろ山賊や宇宙人でも
飛び出してくるかと思いきや、
意外にも人間の浮気・・・普通!!


・・・いや、
これがnon-noやDomaniだったら
えらいこっちゃである。


刺激中毒の読者(私)のために、
『まぁまぁ落ち着けよ?
俺たちゃファッション誌だぜ』と
あえてのクールダウンな会に違いなし。


『最近夕方と深夜しか連絡がない。
すぐ返信しても既読つかないし』

『サチコの彼、昨日女の子の取材だった?
2人で歩いてるの見たよ・・・の報告。
おじさんたちと会食のはず・・・』


ほぼ黒ですやん!


『ケンタの家のテーブルにあった
コンビニのレシートに
ビール2、ワイン1、ケショウヒンの文字。
ケショウヒン・・・!?』


彼の帰りが遅くなるとのことで、
部屋にて待つ主人公が発見。


こんな堂々と置いておくかね・・・。
何者かの陰謀かもしれぬ。


ゴミ箱にはカラコンの容器に、
使い終わった化粧品のサンプルまで。


『ケンタの昔のスマホをWi-fi接続。
期待通りインスタのログイン成功。
DMを見ると10/4 
昨日も幸せだった♡ユキナ』


おおおおおーーーー!!
現代的〜!(←そこ)


情報弱者には土台、
思いつかぬ手法であった。


これからの世の中、
公私ともに必要なスキルであると再確認。


それから15時間、
LINEに既読はつかない。
彼に問い詰める元気もない。


ところが彼からお誘いが、
『急だけど明日の夜会おうよ』
浮かれる主人公。


ケンタが馬鹿なのか
浮気に気付いて欲しいのか、
『この間、話した店で!』と指定あり。


そんなのは聞いていない彼女。
でも問い詰めない、何故ー。


『ご予約ありがとうございますって
言われたんだけど、待って、
今までケンタが予約してくれたことなんてない』


どうやら別の女がドタキャンし
穴埋め要員にされたと推測。


もはや本命の座は危ういーーー!!


『同期の中川君に相談したら
浮気調査協力するよって。
誰かに聞いてもらわなきゃもう無理!!』


・・・これ、
絶対に中川とハッピーエンドだろう。


ケンタとの関係が
V字回復するとは思えんし。


いや、これはクラッシーだ。
中川もグルかもしれん。
もはや推理小説、 


彼の指示通りケンタを泳がせ、
またまた浮気の証拠を発見・・・!


『洗濯を手伝おうとしたら女物の服、
派手なブラ・・・』


3A60784B-FA58-4340-8A95-98A394E5ACB2


デート後の下着って
自宅に持ち帰らんのかー!?


これは宣戦布告の赤ブラよ・・・。
見つけてくれ!と言わんばかりの警戒色。


合鍵持っている彼女に対して
ワザとだろう・・・ケンタよ。


しかし撮影用の衣装だと言い訳する彼。
そんなものを個人宅に持ち帰るんじゃない。


『続々と家中から女ものが出てきたので
全部ハサミで切って処分』


万に一つも撮影用だったら
どうするんじゃい・・・!


5596B0EF-44B1-4E17-ADC2-A2A8FE5948E8



『白黒つけたい今、
白黒コーデでかっこよく』


・・・そこ、かっこつけんでいい!
狂気の切り刻みプレイ後に何を言う。


さらに出張だと彼が申告した日は
ユキナと行ったであろうホテルや
有名レストランの領収書を発見。


『インスタで相手の女・ユキナにDM。
すると予想外に弱気な返事。勝機あり!』


女は女を恨むんやのう・・・
まずはケンタを血祭りにあげるのが先だ。


ユキナと2人で会う約束を取り付け、
直接対決だ。


『俺の家の荷物勝手に捨てんなよ』


何の話?としらばっくれる主人公。


ユキナとアポ取っているくせに、
ここで話さず、いつ話すーー!!


ついでにケンタもこらしめようと
ユキナとのアポ日に呼び出したのだ。
 

0C5C1C93-49B3-4162-816C-E60F0815049F


ところが、
先に着いた2人はイチャついており
完全に邪魔者扱いの主人公。泣ける〜。


『どういうつもり!?って聞いたら
こういうつもりと言うケンタの返事と女の笑顔』


ほれ〜言わんこっちゃない!!


先にケンタ単品で締め上げておかないから
惨めな展開になったじゃないか。


ケンタに水をかけ怒る主人公、
『ホントにウゼェ』と吐き捨てられ
1人残される展開に・・・。


彼の浮気相手と対戦なんて、
ある意味ファッションが1番気になる日だ。


『なめられたくなくてトレンド感高めの
CPOジャケットにキャスケットで臨戦態勢』

 
8B692F4D-70F8-4F8B-85CE-FC5DDA8D8E5A


・・・うーん、
ちょっとメンズライクではないか。


あまり強敵そうには見えないな・・・と、
珍しくファッション誌として
拝読した瞬間である。


『ユキナからDM。
今ケンタの家なんですけど、
私の服ってどこにありますか♡
とっくに捨てたわ。即ブロック!!』


・・・世紀の対決、
切り刻み女 VS どこにありますか♡女


なんと挑発的な・・・
これが夫婦だったら慰謝料モンだが
恋人同士だと無料行為に。


荒れた休日は相談相手・中川にLINE。


『既読がついて即レスくれるって安心』


LINEに振り回されておるな・・・
翌日はあっさり中川と飲みに行くことに。


これはお決まりの
恋愛相談からのカップリングか。


飲みすぎて歩けなくなり、
彼の家に泊まり込む彼女・・・。


『早く次の恋がしたいとこぼしたら
俺と付き合わない?って。え?何の話?』


何の話もなにも、
あんたが今振った恋バナじゃい。
 

651D43A0-4883-48C1-A283-59B4D0F1F100


あっさり彼の告白に心傾き、
うまくいく気がする!と前向きに。


『信用できるのは中川君だけだから・・・』


他におらんのかーい。

ケンタに重いと言われたのも
何となくわかる心の呟きである。


ぽっと出の中川が唯一無二の存在へと
急激ランクアップし、めでたくお付き合い。


穏やかで幸せそうな主人公。
クラッシーらしからぬ
何の変哲も無いラストである。


・・・そうだった。
今回は刺激をよこせと加熱する読者を
どうどうとたしなめる会であった・・・ん?


ぎぇーー!!
よく見るとえらい文言を発見!!


E6E01FFC-E74A-41D8-90C2-63A8F998A94A


『ドライヤーのコードの巻き方、
この間と違う気もするけど・・・ま、いいか♡』


まさかのホラーな締めくくり。


クラッシー編集部の挑戦とも言える、
余裕を感じた一文であった。
 

 1ヶ月コーディネートでよくある、
『今日は女友だちとカフェ♡』
『プレゼンだから気合いのジャケットで!』
なんて全く目に入ってこない。


隅から隅まで読み込んでこそ、
最後の一文にヒェー!となるシステムだ。


読者が一言一句チェックしていると、
わかってらっしゃる・・・!


見知らぬ作り手と心で対話したような、
感慨深い会となった・・・。


→他の1か月コーディネート記事はこちら♡




女性誌の着まわし企画から学ぶ、人生のアレコレをご紹介する〜。『ぱっと振り向いたら、後ろに狐!?』 ・・・ついに仮装動物までやってきたー!現実のドラマはやり尽くしたのであろう、クラッシーはついにファンタジー界へ舵を切ったようだ。『今日から一緒に働く山本くん
女性誌の着まわし企画から学ぶ、
人生のアレコレをご紹介する〜。


『ぱっと振り向いたら、後ろに狐!?』
 

29919D57-95E3-4085-AFB8-671D14B22FF6


・・・ついに仮装動物までやってきたー!


現実のドラマはやり尽くしたのであろう、
クラッシーはついにファンタジー界へ
舵を切ったようだ。


『今日から一緒に働く山本くんだと
イケメンを紹介された・・・あれ?
昨日見た気がする狐に激似!!』


イケメンが社内にやってきた!
なんてありきたりの登場では
済ませないのが王者・クラッシー。


『山本くんは早速みんなの人気者、
実は狐かもだけどね』


・・・ふむふむ。


『山本くんが本当に狐だったらどうしよう・・・。
狸よりも意地悪なイメージでしょ?
オカルト好きの康輔に相談』


悩むとこ、そこかーい。
狸も流れ弾被害である。


康輔も怯える相談内容、
同僚の狐疑惑・・・!


『ほんとうに狐かどうかを調べなくちゃね。
バイブルだったときめきトゥナイトとか
平成狸合戦ぽんぽことか、
ごんぎつねにもヒントがあるかも!』


本気なんだかおちゃらけなのか
わからぬラインナップ出してきたな。


『山本くんもチームの一員になった旨を伝えられる。
え、距離を置きたいのにぃ!!』


距離を置きたいって、
2人は恋人ではない。


 『金夜は何がなんでも楽しみます。いざ、合コンへ』


狐は横に置いておき、
出会いの場へと向かう主人公。


『山本くんがきつねそばを食べてる。
眠気が一気に吹き飛んだ!
だって食べ盛りのメンズだよ?
天丼を注文しないかい?』


その思い込みのほうに眠気が飛ぶ。
好きなもの食べさせてやってくれい。


『大好きなお餅やさんへ。
店前の狸の置物の前で山本くんが怒ってる・・・』


今回のクラッシー編集部、
ヤケクソになっていないかね。
 

41AD346B-884E-4B98-B702-CB3FC1CD0DB0


とことん攻めている姿勢が伺える一枚。
もはやファッション企画ではない。


『仕事をフォローしてくれた
山本くんに迂闊にもきゅん』

『狐であろうと人間であろうと、
イケメンで優しいのが山本くんってよくわかったよ』


ゴタゴタと色々あったが、
まとめると『イケメンに惚れた!』である。


『昨日フォローしてくれた山本くんへの
ギフトを探しにデパ地下へ。
何を贈ったら喜ばれるのかなぁ?』


仕事を一度フォローされただけでギフト!
美男子マジックたるや凄まじい。


これが全く好みではないオッさんに
助けてもらっても同様に感謝品を
買いに行くのであろうか・・・否。


『合コンで知り合った健二くんから
デートのお誘いあり。
イタリアンかぁ。何着ていこうかな?』


物語も終盤に近くなってきた。
賑やかし枠であろう健二くんの登場。


『康輔からLINEあり。
狐ってさ意外と人間と仲良く暮らすらしいよ。
情報ありがとう、勉強になるわー!』


すっかり忘れていた康輔の再登場にして
クランクアップであった。


まるで大した情報ではないのに
えらい寝かしてきたなー。


数日かかってこの結論とは・・・、
オカルト好きを名乗るに怪しい男である。


『会社のみんなともすっごく仲良いし
ていうかむしろ人気者だし、
なんなら稀に見るイケメン&高身長だし・・
仕事もできるし・・・え、
冷静に考えると、かなりハイスペックじゃん!』


重ねて言うが簡潔にまとめると
『ハイスペイケメンに惚れた!』である。


そんな山本くん、
体調を崩して会社を休んだ。


『山本くんの家にお見舞いに行ったら
狐の耳と尻尾がーーーえ、
山本くん、270歳なの!?』


会社休んだくらいで家まで突撃する
惚れっぷりよりも
270歳に全部持っていかれたーー!
デーモン閣下ですら56歳・・・。


山本は狐王国の者。
人間界には偵察に来ており、
体調が悪いと耳が出てくるという・・・
もう何が何だかの設定だ。


衝撃的すぎで
健二とのデートを忘れた主人公。


捨て駒臭はプンプンしていたが、
登場すらさせずにサヨナラとは・・・。


『みんなに言わないでくれてありがとう、
お礼におごるよ』


山本から焼肉を奢られる主人公。
人間界の流儀に精通しておるが、
1日口外しなかったくらいで
女を簡単に信じてはいかんぞ。


『まどかさんが一緒だったらめっちゃ楽しいですね。
顔のニヤケが止まらない、山本くんのこと結構好きだわ』


結構ではない、大分である。


『山本くんが無断欠勤。
社内の人も山本くんのことを知らないって。
あれ?私だけが夢を見ていたのかなぁ・・』


突然消える山本、周りの不可解な反応、
呑気な主人公の3コンボ。


『山本くんから迷惑をかけてごめんてLINEが。
彼の家も更地になっている・・・』


なんと手際のいい解体工事。


山本くんに会いたい一心で
初めて会った森へ向かう。
 

E2F9DB10-A1D2-4EDC-A8BF-33B68EB43CC2


急な山歩きにも対応のコーデはこちら! 
枯れ枝を杖によろめきながら〜の図。


都合よく、目の前に山本・降臨!


『人間になれるよう、父に頼んできた。
まどかさん、これからは人間として一緒に生きて行こう』


・・・ひと言で片付けるには重すぎる内容!


人魚姫だって声を捨てた、
山本は簡単に人間となった。
長寿と王位は捨てたのか・・・?


・・・どの道、
交際すらしていない女性ために
かなりハイリスクな転生ではないか。
王も簡単に後継を手放したものよ。


『私も覚悟はできてるよ!
一緒に幸せになろうね♡
狐王国の里帰りは積極的にしようね!』


帰省のことまで・・・すっかり嫁目線。


東京ー長野ほどの距離感にて
狐王国が語られておる。


怒涛の1ヶ月コーディネートであった・・・。


イケメンと大恋愛に落ちるということは
これぐらいの確率なのだ!という
クラッシーからのメッセージであろう。


ハイスペイケメンと
関係がうまくいかなくても、
落ち込む必要はない。


狐王国の王族と知り合うくらい、
レアな恋だということだ。


⇨過去の1ヶ月コーディネート記事はこちら♪





57906919-883C-4F04-8933-BC359889E41B



『被害総額1億円にのぼる前代未聞のひったくり事件が発生!』・・・期待が持てそうなオープニング!!クラッシーの着回し企画をご紹介する〜。『幼い頃誘拐未遂事件に逢い、その際助けられた女性警官に憧れ・・・』壮大なプロフィールはパンツ刑事のものであった。ぱ・・パン
『被害総額1億円にのぼる
前代未聞のひったくり事件が発生!』


・・・期待が持てそうなオープニング!!
クラッシーの着回し企画をご紹介する〜。


『幼い頃誘拐未遂事件に逢い、
その際助けられた女性警官に憧れ・・・』


壮大なプロフィールは
パンツ刑事のものであった。


ぱ・・パンツ刑事だと!?こういうことか。


ABE8B162-31C4-4F35-B8D2-FB79B1015D7A

もう1人の主人公が出てきた。


『天下りの父のコネで入庁した
お嬢様刑事27歳・・・』


こちらはスカート刑事。
何だ、そっちのパンツか・・・ホっ。


パンツデカとスカートデカが、
ひったくり犯を追う物語であった。


『鍛えておいて損はなし!
Tシャツ・デニムの日はジャケットで
きちんと感を盛ってみる。』

 

6C968826-3C48-4C67-A2AB-4FF4033DFE55


こんなトレーニングで屈強な男たちに
対抗できるのであろうか・・・否!
OLの昼休みな出で立ちである。


このチャラさがフィクションの良さ。


アッサリと怪しい男を任意同行。
取り調べが始まる・・・。


『親を呼ぶぞ!と泣かせの面会作戦。
それだけは勘弁してください!なら吐け!』


子どもの万引きよろしく、
親で揺さぶりアジトの情報をゲット。
簡単に仲間は売られた。 


『おとり捜査をしていたら
スーツで決めたスカした男にナンパされた!
しかもいきなり壁ドン。』


FullSizeRender


ちゃっかり名刺をもらって
彼の名前をググる刑事。仕事してくれい。


さて壁ドン男(前園)からの
鬼LINEが止まらない。


『押し強っ!サイレントにしないと
張り込みの邪魔だよ〜』


サイレント設定じゃなかったんかーい。
張り込み中にプライベート携帯が
鳴る刑事・・・どうかしている。


前園からのLINE攻撃は
とどまるところを知らず、
ついにデートの運びに。


『バーでデートかと思いきや・・・えっ!
彼がマスターのお店だった!』


前園と盛り上がる主人公。


『なんと彼は情報屋だった!ナイス!
使えるじゃん。私も刑事だと明かし意気投合。』


情報屋って何じゃい・・・(笑)
自称だろう、前園よ。


本物だとして、簡単に正体バラしていいのか。
大事な情報が集まらなくなるぞ。


捜査の守秘義務はどこへ行った、
彼に協力を仰ぐ主人公。
こちらも口が軽い。


バーの常連が怪しいと前園からのタレコミ。
都合が良すぎるが致仕方なし。


アジトに入っていく男たちを追うと、
すでにもぬけの殻・・・!


というか、
なぜ今まで踏み込まなかったのか。


細かいことは忘れよう、
コナン君ではなくファッション企画だ。


ホシに逃げられた悔しさから、
反省会のスカートデカ&パンツデカ。


『「先輩彼氏いないんですか?」
いないいないって適当に流そう』


・・・本当に悔しがっているのかね、君たちは。

 
 
FullSizeRender


『前園さんを誘い出し、
おとり捜査に付き合ってもらう。
すると偶然にもひったくりに遭遇!!』


おとりどころか、
本気で盗られてますやん。


しかも一般人が協力ってアリなのか・・・。


前園のダッシュが効いて、
新アジトをつきとめた主人公。


というか彼がいなければ
ひったくりに遭っただけという悲劇!


・・・こ、これは何だー。
今回、1番のヤマ場来ました。


FullSizeRender


『銃撃戦覚悟の緊迫の張り込み』


真面目にやってくれー!!
私服の女刑事が拳銃持って突撃って・・・。


ドラマでも見ないシーンである。
まずはサングラスを外してくれ。見えん。


なぜか翌日に、犯人が逮捕されていた・・・。
昨日の突撃は何だったのか。 


FullSizeRender


ドラマのクランクアップのような
チャラい写真で締めくくり。


さりげなく前園まで決めポーズ。
というか、なぜお前まで参加している。 


どんな時でもオシャレを忘れずに!という
強いメッセージはしかと伝わった。


銃撃戦でもサングラス、
日常の身支度ごときに手を抜くなよ!ということだ。






フォローしてくださると嬉しいです♪
↓↓↓↓



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;








本日はクラッシー8月号から、着回し特集をご紹介しまーす♪『「おかわりっ!」と汗だくの顔でカウンターを見上げたら超どタイプのイケメンがいた・・・』クラッシーにしては落ち着いたオープニング・・・!詐欺に財産持っていかれたり結婚式前日に彼が逃げたりと着回し感ゼロ
本日はクラッシー8月号から、
着回し特集をご紹介しまーす♪


『「おかわりっ!」と汗だくの顔で
カウンターを見上げたら
超どタイプのイケメンがいた・・・』


クラッシーにしては
落ち着いたオープニング・・・!

詐欺に財産持っていかれたり
結婚式前日に彼が逃げたりと
着回し感ゼロな幕開けが常であるのに。


いかん、いかん。
すっかり濃い味付けに
慣れてしまったようだ・・・。


『イケメン店員が気になってABURIへ。
へー♡早瀬タク・・・タッ君って呼ぼう♡』


タッ君、恋人候補であろうか・・・。


『以前一緒に仕事をした会社の営業・
河原さんとばったり。
相変わらずカッコいい〜!』


167B642C-3C54-4D4C-87E4-AB07263E1094


第二の刺客・河原さん登場。
決してイケメン以外は現れないシステム。


『友達のマユミに誘われて合コンへ。
なんだかエモい場所なのに没頭できないのは
タッ君のことが忘れられないからだと思う』


まだ忘れなくてよい、
何も始まっていないのだから。


・・というか今のところ
二分の一の確率にて彼と結ばれる
段取りが組まれている。


翌日はラーメン屋へ向かう主人公。


タッ君優勢かと思いきや、
河原さんも生きている。


『プラネタリウムに行かないか?』
と誘う河原。


まだまだ
どちらに転ぶかわからない状況である。


『河原さんとのデートも楽しみ、
でもタッ君のことももっと知りたい。
どうしたらいいのかな?』


知らんがな!と言いたいところだが
第3の男の登場もないし、
必ずどちらかとは結ばれる。

クラッシーらしからぬ
王道ストーリーではないか・・・。

イケメンが主人公の周りを
わちゃわちゃする型だ。


以前なんて彼女持ちの男を略奪したが
すぐに飽きてポイとする、
ハードボイルドな展開であったのに・・・!


編集部の人事に何かあったのだろうか。


さて、無事に河原さんとのデートを済ましつつも、
タッ君ラーメンにも足繁く通う日々。


河原の見せ場は突然に・・・!


彼とランチの際に土砂降りとなり、
慌てて避難した場所が・・・

 

FullSizeRender


どういうシチュエーションじゃーい!!
こんな雨宿りの体勢があるだろうか・・・否!


昨今では探すのも大変な電話ボックスだ。
他にもあるだろう、適当な軒下が。


この接近具合なまま、
『そう言えば彼女ができてさ・・・』
と発表してくる河原。


彼のクランクアップが決まった瞬間だ・・・。
消去法でタッ君に決まり〜。


翌日からタッ君ストーリーは加速、
というか別名・消化試合へ。


コインランドリーで遭遇からの連絡先交換、
二人で飲みに行くまで
わずか数日というトントンぶり。


デートを重ねてゴール寸前・・・、
しかしクラッシーは簡単には終わらせない。
 

FullSizeRender


出たーっ!!


『リムジンが停まっていると思って
何気なく見ていたらなんと、タッ君がっ!』

 
 
ラーメン35店舗を経営する御曹司とのこと。


従業員に夢を見せてやろうという
サービスなのだろうか・・・。


好感度をどこに持っていけば
いいのかわからない一コマとなった


タッ君とは身分が違いすぎると、
彼からのお誘いを何度か
未読スルーする主人公。


いらん駆け引きを始めてしまったが
二人がくっつくのは周知の事実。


は〜い♪
ページをめくればこの通り!
タッ君の告白ターイム。
 
 
FullSizeRender


どこかで見たことある構図だ
・・・と思ったら、
先ほどの電話ボックスではないか。


男女の配置が反転しただけ、
パーソナルスペースが狭い主人公なのである。


よく見たら爺やらしき人物が背後で
目頭を押さえて泣いているのか・・・。
ナチュラルに同伴してきている。
 

服を決して主役にさせない、
ファッション企画。今回も見事であった。 


➡︎過去の着回しシリーズの記事はこちら♪ 



フォローしてくださると嬉しいです♪
↓↓↓↓



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


クラッシー7月号から、着まわし企画をお届けしまーす! 『あたし、入花(イルカ)、30歳!』ジュエリーデザイナーだが金策のためにUber Eatsのバイトを開始・・・。キャラが濃そうな予感しかしない!配達先の企業からイケメンが出てくるや否や、『あたしイルカっていいます
クラッシー7月号から、
着まわし企画をお届けしまーす!
 

A94A0D28-C3CB-4AC1-8F3F-30232F431F69


『あたし、入花(イルカ)、30歳!

ジュエリーデザイナーだが金策のために
Uber Eatsのバイトを開始・・・。


キャラが濃そうな予感しかしない!


配達先の企業からイケメンが出てくるや否や、
『あたしイルカっていいます!』
己の名をアピール。


彼のコメント、
『はぁ・・・どうも』のみ!


ドアを閉められるも、
『運命ならまた会える!』とポジティブな彼女。


何という鋼メンタルよ・・・。


私ならば、やっちまったー!と
数日寝込める自信あり。


またまたUber Eatsの配達で
先ほどのイケメンのところに。


『名前なんていうんですか〜?』
『は?』
『タイプだなと思って♡』


イルカのグイグイ具合もすごいが、
名を尋ねられて『は?』もどうかと。
しかもそそくさと消えた彼。

空気を全く読まないという無敵、
イルカ恐るべし。 

これまた懲りずに配達へ・・・。
 
 
9F03C69C-179A-4F66-863A-58DDA1EB403E


『「櫻田〜Uber Eats きたよ」と彼を呼ぶ声。
「櫻田さんっていうんですね♡」
「あなた何なんですか?」ってイルカですよ?

そっけなくされても、
絶対に仲良くなれる気がするんだ!と前向き。

彼とうまくいくのは
読者はわかっているのだが、
この状況で『イケる気がする!』とは
何を根拠に唱えるのだ、イルカよ。
 

今度は道でバッタリのお二人。


『「連絡先教えてください♡」
「何かあったら会社に連絡して」涙』


交換不可・・・!


そもそも名前すら教えてくれなかった者から
個人情報など引き出せるのだろうか・・・否。


常人ならばここで諦めるが
イルカは超人なのである。


『いいこと考えた!
配達のお弁当に手紙つけちゃおうっと♪
「櫻田さん、イルカのLINE♡IDは・・』


いいことって、それかーい!!


押してダメならさらに押すって、
ストーカースタイルである。


ところがLINEは来ず・・・。


もちろんイルカは諦めない、
どんな手紙なら返事が来るのか模索。

 
AB9341EB-B1B1-405F-907A-ED2396BE87CF


恋愛だとアブない奴だが、
ここまでめげない心は
飛び込み営業に向いておる・・・。


またまた配達に行くも
本命の櫻田はおらず、LINEも来ない。

『イルカのメンタル、ボロ雑巾・・・』

いや、君のメンタルは鋼だ。

自称・メンタルボロ雑巾は
翌日には櫻田のインスタを発見し
フォロー&DMするという追撃を見せた。

ここまでシカトされても突進、
彼女には人間が持っていない力がある。 


地の底まで落ちた状況・・・。
ここからどう恋愛に持ち込むのだー。
 

『「誰かまともなジュエリーデザイナーいないわけ?」
声を荒げながら出てきた櫻田さん。はい!あたし!』


なるほど、これぐらい強引にねじ込まねば
何だかんだで12日だしな・・・。(月末までに完結する)

 
3ABC82B5-1AB6-4414-9562-CB702F2CAB71


これから突然、仕事モードの櫻田。

今までシカトしていた何処の馬の骨かも
わからぬ女と仕事を始める。


『「この間の仕事うまくいったら、
あたしとデートしてくださいって言っちゃった」
「わかった」・・・たった一言だけど、やった!』


まんざらでもない櫻田。
今までの態度は何だ。


『突然だけど、今夜クライアントと会ってほしい』


櫻田からの急な呼び出しに
Uber Eatsバイトの帰りで向かうイルカ。

自転車にヘルメット、バッグが見つかり、
クライアントは大ウケ。
櫻田は『バカ?』と本気で怒った。

急に呼び出したのは自分だろう、
バイトグッズを持っていて何が悪い!?

しかも怒った彼から連絡がなくなり、
イルカが謝罪メールするも返事なし。
彼の怒りがさっぱりわからぬ。


『櫻田さんから「仕事決まったよ」の連絡。
「で、デートするんだっけ?」』


クライアントがイルカを気に入り、
大口の契約が決定したのだ。

櫻田ーー!権力に弱い!!
客先がオッケーだと態度を覆す、
こんな男は信用ならん。
 

・・・何ということでしょう、
この画をご覧ください!
 

A4F6C8DA-BD19-45E8-B123-A6A05AD656F9


まるで長年のカップルやんかー!
櫻田も満面の笑み・・・。

いくらページ数がなくなるからって、
展開が早すぎるぞ。


『櫻田さん、私と付き合いませんか?
無視されたけど、
嫌とは言われてないから脈ありかな?』
 

無視されたら『NO』だと思わずに、
『脈アリ』とカウントするのがイルカ流。

まぁ櫻田もこの表情、
まんざらでもあるまい。
いい加減に格好つけるのをやめろ。

イルカも強烈だったが、
櫻田もなかなかであったな・・・。

こんな女がこの世にいると仮定すると、
『気になる人からLINEが来ません!』
なんて悩みがウンコのようだ・・・。

イルカの100分の1でも勇気を持てば、
世の中に多くの恋がもたらされるはず・・・。


【関連記事】
⇨着回しシリーズはこちらから♪



フォローしてくださると嬉しいです♪
↓↓↓↓



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;