恐怖の婚活回想記

カテゴリー: ・漫画&リメイク記事

ひょんなことから、SMAPのコンサートに行くことになった。私にとって、初のジャニーズ体験である。ロン毛、茶髪、ガングロの3点セットでも、ギャル男ではなく、しっかりと『キムタク』。どの角度からも見ても美しい、イケメンの天才だ。『今日、誕生日のお姫様はいます

友人A子(アラフォー)から被害報告がやってきた。『酷いデートだったわー!!』聞くのが怖い・・。どれほどの恐怖であったのか。『お店が、○×寿司だったの!!』チェーン系の寿司屋(回転ではない)であった。・・・全然、悪くないではないか。立派な寿司屋である。しかも

『ちょいと!あいつ詐欺師だったのよー!』友人A子(アラフォー)から連絡がきた。何事だ・・詐欺師とは穏やかではない。彼女は最近、ペアーズという出会いのアプリを利用中。Facebookのような感じだ。美人のため、男達からの『いいね!』が多数ついた。若くないので、大した

『隣にいたお客が、割り勘についてアツく語っていたのよ!』ネイルサロン帰りの友人が言った。『私も、話の輪に入りたかったわ~!』どうやら相当、共感を呼ぶ内容だったらしい・・。お客(アラフォー)曰く、バブル期は男も気前がよかったが最近は意に反して割り勘にしてい

ベルサイユのばらを読み返した。オスカルの台詞に、こんなものがある。『心優しく温かい男性こそが真に男らしいたよりにたる男性だと気付くとき』彼女は続けた・・。『大抵の女は、もうすでに年老いてしまっている』アンドレと初めて結ばれる夜のシーンだ。これまで恋愛対象

『ヨガやベリーダンスは、余裕のある人がやればいい!』 友人が言った。余裕というのは金銭的なものではなく、安定した彼氏や旦那のいる人物を指す。彼女はテニスが好きでスクールに通っていたところ、同じ趣味を持つ彼氏ができた。どこに出すのも恥ずかしくない、美しい出会

『ね~、結婚願望のない女の子紹介してよ!』ずんぐりむっくりで冴えない小太りの知人が言ってきた。彼は小金を持った30歳・・。セリフだけ聞くととんでもない男ではあるが、真意はこうだ。彼は本気で結婚願望がない。同世代の女性と付き合ってしまったら、彼女の時間を奪

かつて『初デート保険』というものが冗談で販売されたようだ。(海外)その名の通り酷い初デートにかかった費用を負担してくれるという制度である。保険会社の広報いわく・・、『相手を探す際に発生するリスクを下げたいのです。事故のような初デートに無駄なお金を使ってし

『いい奥さん(彼女)なのに、旦那が浮気している』こんな話をチラホラ聞く。奥さんができた人で、安泰な家庭・・。どこから見ても平和に見えるのに、何故。いかにして、浮気の確立を減らすのか。ヒントになりそうなエピソードを思いだした・・。 ~~~中学生の頃、武力で生

※過去記事のリメイク版です♪ 友人A子は新型の肉食女である。 『肉食』というとガツガツしており、性に関しても積極的なイメージだ。 ところがA子は狩りをすること『だけ』を好む種族である。 素敵な人を見かけると、ウズウズして声をかけずにはいられない。 店員さん

↑このページのトップヘ