恐怖の婚活回想記

カテゴリー: ・恋愛本、ナンパ本から

『生涯未婚ドキュメント』SPA!の特集で、こんなのを見かけた。男性の結婚したくない&できないエピソードが紹介されている。 何か参考になる意見はあるのだろうか・・。 ★Aさん(36歳、年収800万円、公務員)の場合 文字だけ見ていると、人気が出そうな物件である。 港

ヒエラルキーの頂点に立つのは、美しい女。この信念を貫いている友人A子がいる。 彼女自身もモデルのような容姿をしており、外見磨きに余念がない。 磨く場所もいよいよなくなってきたのか、身体の細部まで隈なくピッカピカなのだ。 ところが、何年も彼氏がいない・・。 

『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』 個人的にオススメしたい婚活本、3本の指に入る名著が原作のドラマである。 スパルタ婚活塾1,512円Amazon 私が婚活中に知っていたら、是非とも試したいテクニックがドラマで登場。 どんなデートも乗り切れる魔法のワードが

本日は、婚活名著をご紹介します。まずは、私の中での東西横綱はこちらの2冊! 古いものだと、世界的ベストセラー『ルールズ』新しいものだと、水野敬也氏の『スパルタ婚活塾』 今回、2強に並ぶ真打登場です。『崖っぷち女子が年収1000万円超の男性と結婚する方法』 い

『男の忙しいは嘘』シンプルかつ、強いメッセージを発見。IKKOさんの本であった。吸い寄せられるように、ページをめくる。『好きなら、時間を作るわよ。相手のペースでしか会えないなんて、都合よく利用されているだけ。いつ来るかもわからない電話を待つのは、精神的におか

『もうダメだわ・・私・・』婚活で息も絶え絶えになった友人に、薦めている本がある。こちら、『スパルタ婚活塾/文響社』だ。『夢を叶えるゾウ』で有名な作者である。ほぼギャグで書かれているのだが、教えは実に役立つ。ついに、ルールズを超える名作となった。(三重県調べ)

男性誌を見ていたら、こんな特集があった。『夏休み、恋愛運を高めたかったら、ここにいけ!』あちら(メンズ)が運気を高める場所ならば、女性にとっても、悪いことはなさそうだな。さて、どこに行けばいいのだ。『恋を求めるなら、ベタに海だ!』・・・なんだか、嫌な予感が

イケメンたちに聞く『モテる女の子とは?』こんな特集があった。どれどれ、彼らの意見を聞いてみよう。Q:初対面で気になるポイントは『靴を見ます。経済的なこと、生活の情報が詰まっています』ヒヤっとする。経済レベルまで見透かされるか。さらにイケメン、続ける。『足を

前回、ホストが教えるモテ本をご紹介した。 ヘンテコな教えがずらりと並んでおり、それがある意味気になって、全て読んでしまった・・。『まゆ毛を毎日、整えよ』自称:女を知り尽くしたホストはそう名言していた。女はまゆ毛の手入れをしていない男には、触れられたくないと

前回、古本屋にて発見した、まぬけなモテ本をご紹介した。 ホストが伝授する、モテテクニックなる本を見つけた。今回こそ、きっと本物であろう。しょうもない本ばかり読んで、申し訳ない。私は、下らないものが好きなのだ。今回は、女性心理を研究し尽くしている自称:モテの

↑このページのトップヘ