恐怖の婚活回想記

カテゴリー: ・たしなみ

派遣社員の同僚(アラフォー)が華麗なる転身を遂げた。見事、正社員に登用されたのである。我々の会社では、派遣は永久に派遣のまま。例外中の例外で、異例のことだ。正社員になる道が用意されているのは、契約社員の32歳までの若者のみ。全ての条件が、彼女にはなかった。

居心地のよい職場が、まさか婚活の敵と化すなんて・・!本日は私の懺悔話とともに、若い女性が陥る罠について考えてみた。 友人(20代)は悩んでいた。『この会社にいたら、婚期を逃してしまう・・!』彼女の部署は、ほぼ男性しかいない。仕事の後は、皆で食事をする毎日。

友人に恋愛の報告をするとき・・。どの段階で知らせるのか?一定の法則が見えたので、ご紹介する・・。登場人物はどちらも、アラフォー女子である。 【友人Aの場合】男に対して要求が厳しく、理想が高い彼女。美人ではあるが、結婚は厳しいと思われた。2ヶ月ぶりくらいに、

そうだ、婚活を始めよう!しかし・・持ちネタゼロ、ブランクあり、仲間もいない。何も持たざる者が、どこから手を付けるべきか・・。本日はアラフォーからの婚活を私の妄想からご紹介させていただく~。 30代後半の頃である・・。下らないことから、離婚騒動へと発展した。

すごぶる理想の高いアラフォー女子が突然の電撃婚を決めた。この事件に、職場では激震が走る。若い女子社員からは、希望の星となった。『理想は追い求めていいんだ・・!』私もかなり驚いたが、彼女が婚活を頑張っていたのは知っている。見た目も綺麗なので、全然ありえない

婚活界では若い女性が強い・・!薄々知ってはいたが、やはりそうであった・・。 ある日突然、婚活を決意した友人A(アラフォー)。何の手持ちカードもなく、途方に暮れていた。誰かいないか・・。ひとまず、同僚の男性に聞いてみる。『彼女募集中の人いない?いい子なんだよ

最近、男性向け雑誌でよく見かけるタイトル・・。『20代女性と40代男性のカップルが急増!』なんだか夢のあるタイトルである。・・ふと、大昔の記憶が蘇った。三重の田舎で育ち、上京してきた私・・。東京で感じたのが、中年男性の活発さだ。私の住んでいた街では、役割

友人から素晴らしいCMが送られてきた。婚活女子必見、リアルな合コンを物語にしている。 合コンにおけるリスクの確率を、以下のように示していた。・合コン相手がイマイチの確率 90%・合コン相手が無職の確率 28%・合コンに既婚者が紛れている確率 48%・合コンに元彼が来る

『モテ川柳』という本を見つけた。名作揃いの婚活川柳には少し及ばないが、心に残ったものをご紹介させていただく。 まずは、誰でも取り入れやすいこちら!『そこにいる 男にハマる タイプ言う』これは社交としても有効な作戦では・・。出会った瞬間から答えを探すつもりで

『何とも言えない飲み会だったわ・・』友人がくたびれていた。大手企業との合コンがあったそうな。指定されたお店の地図を見て、仰天。歌舞伎町のラブホテル街、ど真ん中である。こんな所に、店があったとは・・。向かってみると、今にも崩れ落ちそうな雑居ビルだ。激安居酒

↑このページのトップヘ