恐怖の婚活回想記

カテゴリー: 【ぼやき~】

アンアン2月8日号が 『あなたの不安解消』特集であった。    恋愛&結婚系をざっくりご紹介すると、 『早く結婚したいけど、出会いの場に行けない毎日。 好きな人すらできません!』 ・・知らんがな

夫婦仲が破綻している知人がいる。会話はゼロで、険悪ムード。 いつも夫の悪口を言っているので、離婚したらいいじゃないか・・と勧めた。 『離婚しても、今さら働けないもの〜!』 専業主婦の彼女は50代に突入。若くして結婚して以来、勤めたことがない。 選ばなければ

大人の最新出会いスポットと銘打って、銀座のコリドー街が特集されていた。(マツコ会議) こちらは最新というか昔ながらの出会いスポットではある。 内容はさておき、足を運べば誰かしら異性には出会える。明らさまな出会いの店も多々ある。 私も婚活時代は合コン前の空

『結婚してみたらどうでもよかった夫の条件ランキング』 以下、結果に注目していただきたい。 ①顔がよい②背が高い③若く見える④スタイルがよい⑤声がかっこいい⑥家柄がよい (※gooランキングより) 外見問題がどうでもよくなるのは、想像に難くない。結婚は生活であ

『キョンキョン(小泉今日子さん)に私と結婚してくれって泣かれちゃってさ〜』 発言の主は、職場のオジさんA。 彼は肥満、薄毛、不潔の三拍子揃った、漫画に出てきそうな中年男性である。 キョンキョンはおろか、一般女性にすらモテない風貌だ。 気が狂ってしまったか・

『失礼な奴らがいたわー!』友人A子が怒っていた。 居酒屋で女子会中、男性3人組に声をかけられたそうな。 物腰の柔らかい中年男性たちだ。 しばらく会話をしていたところ、男その①が職業を尋ねてきた。 『皆さん、仕事は何をしているんですか?・・まさか、アパレルじ

出会いがないと嘆くのは早い!?若い女の子たちと話していた時のこと・・。 『私、今ならもっと貪欲にいけたな・・』そう語るのは一児の母・A子(アラサー)。 彼女が20代の頃、それはそれは凄まじく婚活をしていた。 毎晩合コンに明け暮れ、予定がない日は1人で酒場をパ

職場には年頃の女性がたくさんいる。彼女たちの身分格差は大きい。 正社員だと20代でも年収1000万近くあり、その他の福祉も充実している。 契約社員、派遣となると年収は300万弱。 雇用期間もキッチリ決まっており、永遠に働くことはできない。(私は派遣) いつクビを切

『男がわからない・・』友人A子が悩んでいた。 彼女は長年彼氏がいない上に、男性と食事に行くことすら皆無。 突然やる気を出して、早3ヶ月・・。 合コン、相談所、ネット、街コン、婚活パーティ、ありとあらゆる活動をこなした。 明るい性格も幸いし、好みの男性とアッ

『ワケあり女大集合』という荒れそうな番組が始まった。 『重い女』と『尽くす女』がテーマである。華原朋美さんの恋愛が紹介された。 ・月に一回の(交際)記念日を忘れられたら号泣する。・彼氏にパンツも靴下もはかせる、付き人状態。 スタジオの男女からは『重すぎる

↑このページのトップヘ