夫婦仲が破綻している知人がいる。

会話はゼロで、険悪ムード。
 
いつも夫の悪口を言っているので、
離婚したらいいじゃないか・・と勧めた。
 
『離婚しても、今さら働けないもの〜!』
 

専業主婦の彼女は50代に突入。

若くして結婚して以来、勤めたことがない。
 
選ばなければ仕事はいくらでもあるだろうが、
アルバイトなどできないと言う。
 
ならば破綻していても、
夫婦関係を続けた方が得策と思ったそうな。
 
西川史子先生が、
『私たちは財力があるから、我慢しないで離婚する』
女医の離婚率が高い理由をこのように述べた。
 

先ほどの専業主婦とは真逆で、

生活できるからサヨナラ理論である。
 
この人はタレントだしな・・と思い、
友人の女医(牛乳瓶メガネ・真面目)に

生のご意見を聞いてみると・・。

 
『離婚なんて当たり前だよ〜!邪魔な男といる必要がないもの!』
 
邪魔な男・・!
 
専業主婦にとってはライフラインとなるが、
女医の手にかかると邪魔な男に転落する。
 
ちょっとでも妙なことがあったら、
容赦なく切り捨てたいそうな。
 

女性の自由な選択には自立が必要・・?

と思いきや、夫婦喧嘩をしたという
友人(専業主婦)がこう言った。
 
『私、100億円持ってたら離婚するな〜♪
でも、お金を持ってなくてよかったと思う!』
 
お金を持っていなくてよかった?
どういうことだ。
 
『この人と今後どのようにやっていくのか、
前向きに考えることができるじゃない!
大金を持っていたら、考える前に別れちゃうし。
人間修行にピッタリよね〜』
 
なるほど・・。
 
些細なことで感情的に別れることはなく、
確かに修行にはもってこいである。
(あくまでも些細な不満に限るが・・)
 
財力がなければないで、
悪いことばかりではないのだな。
 
 
では男性はどうなのであろう。
 
もし100億円持ってたら、
結婚相手にどんな女の人を選ぶ?
 
『絶対、結婚しない!』
 
あっさり返された。
確かに・・私が男でもそうする・・!

 

 




ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓