婚活女子の、心の支えシリーズ『占い』

前回『縁結び神社は効くのか』で、神頼みは効果はないと申し上げた。

http://ameblo.jp/mieken2013/entry-11744686537.html


私は、占いもあまり信じてはいないのだが

何度か行ったことはあるので、紹介させていただく。


『すごい当たる人がいるんだって!』


友人に誘われ

○○の母と呼ばれる有名人に見てもらうことに。


ちょうど運気も低迷していた頃であった。

元気になる助言の一つでも、貰いたいものだ。


母は大人気のようで、既に大行列ができていた。


1人あたり5分だけの、インスタント占いであった。

500円という安さもあり、若者だらけである。


5分で語り尽くせるのだろうか。

私の運命はどうなるのだ。集中して聞かねばならない。


1時間以上待ち、我々の順番が回ってきた。

もちろん、聞きたいのは恋愛のことだ。


母は『何を占ってほしいんだね』と尋ねた。

田舎の婆ちゃんのような、ホッとする風貌である。


私は『彼氏ができるでしょうか・・』

と言いながら、母に掌を差し出そうとした。


間髪入れず

『あぁ。できるわい。』 母、即答。


あんた、手相を見ていないではないか。

そのスジの名手だと聞いていたのだが。


次々押し寄せる客に疲労していたのか、

半分眠りかかっている。


母よ、まだ話は終わってはいないぞ。


私は、よく見える場所に掌を差し出した。

さあ、ちゃんと診断しておくれ


それでも母は、

『その内、いい人が出てくる。』

そんなようなことを、もう1度言うのだった。


・・5分終了。


友人は『転職したほうがいいでしょうか』

掌を差し出した。


職場でうまくいかず、

転職も視野に入れていたのだ。


今度はしっかり手相を見ているようだ。

そうだ、これでこそ占いだ。


さっきは疲れていたのだろう。

せめて、友人の分はしっかりとみておくれ。


何かを考え込み、重い口を開いた。


『今の職を辞める前に、次の仕事を見つけたほうがいい。』


・・・当たり前だ。


もはや、占いでも何でもなく

おばあちゃんの人生相談であった。


いや、相談でもない。

一言お告げと呼んだほうが、しっくりときた。


経験豊富な占い師だと、信用ができるのか

客たちは皆、満足そうに帰っていった。


老後は駄菓子屋でもやりながら、

占い師をするのも、ありだな。


うまい棒を売りながら、恋愛相談をするのだ。

ちなみに友人は、会社を辞めることはなく

お局に昇格して、権力を握っていようだ。


結局、決めるのは自分。



占ってもらうなら、

悩んでいない、調子のいい時をオススメします。


恋に悩んだら、まずは周りに聞いてみる。


関係ない他人には、よく見えているはずです。


『そんな男、やめなよ』と

言うのは、大体当たってますので。


聞く耳持たないと、占いに頼ってしまう。

見知らぬ母に助言を貰う前に

現実を受け入れることが大事ですね・・。


ポチお願いします(^-^*)

↓↓↓








『即日出荷』 Wilson(ウイルソン)【Women’s レディース ワンピースWRAJ226...
¥2,365
楽天