私はバチが当たったのかもしれない。

努力を怠り、楽をしようとしたのだ。


その神社は、お祓いをしてもらうと

次々と幸運が舞い込むというお札が貰えた。


これは、結婚できるのではないか。

噂を聞きつけ、友人と3名で向かった。


我々は、一番安い5000円のお札に決めた。

ここでケチっていいのだろうか・・。


しかし、上は天井知らずの価格になっている。

富めるものは、ここで大金をつぎ込むのだろう。


願いは叶えたいが、破産するわけにはいかない。

分相応の儀式を申し込んだ。


すぐに、派手な衣装の男がやってきた。


我々の為に祈りを捧げてくれる、神主らしい。

彼で大丈夫なのであろうか。


この時点で、嫌な予感はしていた。


我々は案内され、神前に正座をする。

神主はラジカセのスイッチを押した。


間の抜けた笛の音が流れてきた。まさかのCDである。


嫌な予感は増し、笑いが込み上げてくる。


しかし、面白いことは何一つ起きていないので

笑うに笑えない。ここで笑ったら、変態だ。


隣をチラ見るすると、友人の肩も震えている。

彼女も、正体不明の笑いを堪えているようだ。


いかん。笑いの渦に引きずり込まれる。

こいつを見てはいけない。


ひたすら、耐えた。


一体、ここに何をしにきたのだろうか。

そうだ、婚活成就祈願だった。結婚したい。

目的すら、失いつつあった。


苦しかったが、何とか終盤にさしかかった。

そう思った瞬間ー


神主が、自分の裾を踏みつけて滑ったのである。


このタイミングでやってくれたか。

我らのK点は越えて、全員が吹き出した。


彼は奇跡的な着地を決め、

何事もなかったかのように、清めの儀式に入った。




それぞれ、恋の悩みを抱えた面々でしたが

誰にも見てわかる幸運は起こりませんでした。


いや、そもそも神頼みをしてはいけないのです。


叶えたい願いに向けて正しくお金を使う。

婚活ならば、合コンなり、お見合いパーティなりに。


全てに命をかけて取り組み、あとは祈るだけ・・

その時点になった者だけが、神社の門を叩く資格を手に入れるのです。


先に祈るのは、努力をせずに楽したいだけです。


今後は、神頼みをする前に自分に問いかけます。

『考えうる、全ての手を尽くしましたか』と。



ランキングに参加しています♪
こちらを、ポチお願いします(^-^*)

↓↓↓



縁結び神社は効かない!?記事はこちらから。

↓↓↓
http://ameblo.jp/mieken2013/entry-11744686537.html