前回、ホストが教えるモテ本をご紹介した。


ヘンテコな教えがずらりと並んでおり、

それがある意味気になって、全て読んでしまった・・。


『まゆ毛を毎日、整えよ』

自称:女を知り尽くしたホストはそう名言していた。


女はまゆ毛の手入れをしていない男には、

触れられたくないと書いてある。


ホストよ、違う。違うぞ。


女性と食事に行ったとしよう。


楽しい会話で女を盛り上げて、話もしっかり聞く。

安い店で構わないから、全額奢る。


この点だけ死守すれば、よほどじゃない限り

次のデートにも女性は応じるであろう。好感も持つ。


しょうもない会話しかできない挙句に

『3000円でいいよ』なんて請求するから、

まゆ毛を整えたところで、何も変わらないのだ。


著者のホストは、高級な毛抜きを買えと薦めているが

そのお金は食事代に回した方がモテると思う。


スマートな会話と会計ができて

更なるモテを目指したい者だけに、

まゆ毛を整える意味が出てくる。


そう思うと、女が勝負服!などと息巻いても

あまり意味はないのだなと思った。


小手先のテクニックよりも、対人能力が必要か。

基本がある者だけが、細かなテクを磨けばいい。



鵜呑みにしてはいけないな・・と思うのですが、

何故か引き寄せられてしまう、この手の本です。


かなり古典ですが、やはり時代は変わっても

『ルールズ』が一番、女性にとっての基本の書だと思います。

『自分から誘うな、連絡するな、気安くついていくな・・』


自分を大事にしてくれないのなら、ここまでよ。

そんな強い気持ちで挑めと教えてくれる書です。



ランキングに参加中です(^-^*)

こちらのボタンを、ポチお願い致します♪
↓↓↓