縁結び神社が大人気らしい。番組が始まった。

気合の入った女たちが、インタビューに答えている
『いい人に、出会いたいんです!』

神頼みは効かないのだよ・・。
テレビに話しかけようとして、はっとした。

私も行ったことがある神社ではないか。
京都の、鈴虫寺という場所だ。

そういえば、東京からはるばる新幹線で行ったな。
女4人で・・・。

ディズニーランドばりの大行列を並び、
坊さんのありがたい話を聴く・・という流れであった。

肝心な話の内容を全く思い出せなかったが、
ちょうど、テレビで復習ができてよかった。

坊さんは、お客たちに諭している。
『皆さん、いい人に出会えますようにって祈りますよね?』

そうだ、そうだ。
いい人に出会いたくて行ったぞ。

『自分にふ・さ・わ・し・いって、加えなきゃダメよ』
そんな注意があったのか・・全く記憶がない。

『かっこいいとか、可愛いいとか、お金持っているとか・・そんなのは、なしよ』
何故かオネエ口調だ。

自分に相応しい人は、かっこよくもないし、お金もない。
それを認めることが、縁結びのスタートとは。

もはや神頼みというか、目を覚ます講座のようだった。
身の程を知れという説法が、テンポよく進む。

彼の話が上手すぎて
お笑いライブよろしく、どっかんどっかん沸いた。


寺も人気商売なんだな・・。これは縁結びショーである。

私たちはというと、その寺に行ってから

誰の身にも、残念ながら何も起こらなかった。


『あの人の話、面白かったね。給料高いだろうね。さ、祈って帰ろうか』


そして、素敵な人に出会えますように・・と願ったのだろう。

我々は話の大事な部分を、聞いていなかったのだ。


坊さんの話を正しく理解していたら、、

『私に相応しい、貯金もなくて、フリーターで、十人並みの男性と出会えますように』

京都まで意気込んで出かけて、悲しくなる願いである。


この切ない現実を明るく理解させる為に

喋りの上手い坊さんが登場したということか。


何年も経って、合点がいった。



辛口で諭しても、傷つく客がいる・・。

甘口で諭しても、真剣に考えない客がいる・・。


縁結び神社サイドは、大変なビジネスですね。


自分には相応しくない、素敵な人と出会いたかったら
身の丈を知り、選ばれる努力をする・・・難しすぎますわ。


ランキングに参加中です(^-^*)

こちらのボタンを、ポチお願い致します♪
↓↓↓