最近、ある企業のグループインタビューを受けた。

皆であれこれ話して、バイト代も出るのである。


その中に、毒素が溜まっていそうな中年女性がいた。

私は、彼女に釘付けになった。


司会 『家族構成を、教えてください』

毒素 『実家ですけど、離れに住んでいます』


それは、ただの自分の部屋ということだろう。

間違えた自立アピールか。


司会 『ご趣味は?』

毒素 『パワースポット巡りです』


そこで彼女は、人によってパワースポットは違うのだと熱弁し出した。

明治神宮の清正の井戸に行ったら、高熱を出したと言う。


一時、清正の井戸を待ち受け画面にしたら

幸運が起こるというブームが起きた。


私も待ち受けにしたら、その年に結婚したのだ。

これは・・たまたまなのか。


井戸画像は、魔性の女でモテモテの友人から貰った。

さらに、男を切らしたことがない、美人友からも縁結びのお守りを貰った。


モテない女同士で、連れ立って縁結びの神社に行くよりも

困っていない女から、パワーを貰う方が効くのではないか・・。


実際は、パワーを貰うというよりは、

モテ女が色々アドバイスしてくれたり、間違いを正してくれていたのだろう。


そもそも、パワースポットは祈る場所ではない。

”人間の欲望が渦巻いていて、逆に負を貰う時もある”との記事を見た。


冒頭の毒素の腕には、汚くなった石が沢山巻かれていた。

雑誌の裏に載っている、幸運のブレスレットのようなものだ。


毒素さんのような欲望が、パワースポットには渦巻いているのか。

石の数からしても、念の強さは半端ないな・・・と感じた。


もし、毒素と友達になったら、引きずり込まれて負を貰いそうだ。

そんな失礼なことを、勝手に考えていた。


恋愛に限らず、神頼みの非現実なことに命を燃やすよりも

絶好調の人の傍にいる方が、運気は上がるであろう。



高校生の時、幸運のブレスレットを買ってしまいました。

人生の失敗シリーズです。


3ヶ月、効果がなければ返品可能とありましたが、

思春期の私には、返品する勇気がなかったのです。


ある詐欺師のインタビューで、こんな言葉がありました。

『騙されたとわかっていても、訴えにくいものは成功しやすい』


確かに・・『彼氏ができないじゃないか!』

なんてクレームつけたら、アホです。やられたな・・。



ランキングに参加中です(^-^*)

こちらのボタンを、ポチお願い致します♪
↓↓↓