男性誌を見ていたら、こんな特集があった。

『夏休み、恋愛運を高めたかったら、ここにいけ!』


あちら(メンズ)が運気を高める場所ならば、

女性にとっても、悪いことはなさそうだな。


さて、どこに行けばいいのだ。


『恋を求めるなら、ベタに海だ!』

・・・なんだか、嫌な予感がしてきた・・。


『他は、フェス、ライブなど、賑わっている所へ行け!』

さらに、そのような場所でブランドを身につけよとのこと。


人気ブランドの海パンなどをはいたり、

洒落た海の店に行くと、いい縁が見つかる・・・らしい。


私の悪い癖なのだが、どうしても

このようなものを想像してしまう・・。





『キャー!グッチの海パンなんて素敵!』

・・なんてことには、まずなるまい。


それよりも驚いた記述がこちらだ

ワンナイトラブでいいのなら、胸の多い子を狙え!』


なんと・・。大変なことが起きた・・。


ワンナイトラブか、その先の愛に進むかどうかを、

いつの間に、あんたが選ぶシステムになったのだ!?


ずいぶん、出世したな・・。

完全に女性の意向は無視である。


・・よし、気を取り直して、続きを見せていただこう。


さらに、ナンパが成功しやすい女性の特徴として・・・

・おでこを見せていて、髪は長め

・ピンクのビキニなら、落ちる可能性はアップ



他の雑誌では、ピンクはチヤホヤされたいだけの

姫願望の女性だから、ナンパには不向きと紹介されていたが・・。


ちなみに、落としにくい女性の特徴としては・・

・胸の小さい子は、猜疑心が強くてついてこない

・前髪で額を隠している子は、閉鎖的。

・前髪パッツンは、コミュニケーション能力が低い。



・・・これ、全て自分に当てはまるではないか。

こんな情報、世に出さないでくれ。


まさかの特集で、己の隠れた部分を知る。


色々と論じられていたが・・。

結局は、話の上手い人物が強いのである。


外見や見た目に自信がないからといって、

ブランドの海パンを身に付けて強気になり、

ピンクのビキニを追い求めてはならない。



真面目に彼女が欲しい人は、

その日のうちにどうこうしようとは思うな・・と、

当然の締めくくりがされていました。


真面目な交際を恋愛とカウントしていましたが

男性目線では、お持ち帰りも恋愛とカウント。


ここでも、すれ違いが生まれるわけでした。





【関連記事~間違ったモテテクシリーズは、こちら から♪】






恐怖の婚活~実践編/


【内容】

第一章 戦う前に
第二章 お見合いパーティ編
第三章 実践・時間の無駄シリーズ
第四章 くたばらずに、対策を




恐怖の、婚活: そのやり方で、大丈夫?/



Kindle端末か、Kindleアプリの扱いです。


ランキングに参加中です(^-^*)

こちらのボタンを、ポチお願い致します♪
↓↓↓