シニアの婚活市場に勢いがあるようだ。
ある婚活パーティが紹介されていた・・。
 
『もう時間がないから、すぐに決めたい!』
『年金では暮らせないから、持家は絶対に必要!』
 
などなど、条件はズバズバと最初に提示する。
シニアに駆け引きというものは存在しない。
 
『あと何年生きるか、わかんないからねー!』
どうみても長生きしそうな女性が言う。
 
「時間がない」は、婚活女子の得意な台詞であるが、
花の命や、出産適齢期の時間を指す。
決して、寿命のロウソクの話ではない。
 
中には、生命保険をチラつかせる者もいた。
 
『僕が死んだら、700万入るよ。それを君にあげる!』
なんて口説き文句だ。ある意味、プロポーズだが・・。
 
口説かれた女性は・・
『じゃ、いただきま~す♪』・・・軽すぎる、それでいいのか!
 
きっと遺産相続なんてなったら、親戚一同が出てくるだろう。
介護もあるだろうし・・相当な覚悟が必要だ。
 
果たして700万が高くつくか、安くつくか・・。
神のみぞ、知る。
 
『まだまだセックスできますよ!』
と、謎のアピールをする76歳の男性もいた。
 
おい、ここはシニア婚活パーティだ。
あんたと肉体関係を結びに来たわけではない。
 
そんなスキルより、持家が大事だと女性が言っているだろう。
アピールの方向が、あさってを向いているぞ。
 
パーティの時間は4時間。
席替え(結婚披露宴のような円卓)は15回に及ぶ。
 
こうして、悲喜こもごもの出会い物語は終わる・・。
  
一番驚いたのは、パーティの参加資格が『40ー65歳』
40歳は65歳と同じくくりなのか・・!
 
アラフォーの私としては、まだ30歳と同じグループにしてほしい。
30歳チームよりも、65歳チームにカウントされた・・厳しい婚活界。
 
やれネイルだ、イケメンだ、セレブ婚だと
キャピキャピしている世代なのに、シニアだったのか・・。
 
中年も、シニアも、若者も、時間がないのは皆同じである・・。
 
 



ランキングに参加してます(^^)
こちらのボタンを、ポチお願い致します♪
↓↓↓