『A子ちゃん、すごい神対応なのよ!』
A子と一緒に合コンに行った、B子が感動していた。

どんな男にも平等に話しかけるA子に
度肝を抜かされたそうな。

・・・何を言うのだ。
そんなもの戦術としては、当たり前ではないか・・!!


A子もB子もアラフォー。立派なオトナの女性。
顔に出やすいB子には、衝撃的であったようだ。

A子だって、最初から神対応ではなかった。
若い頃は尖ったナイフよろしく、高飛車な女。

気に入らなければ、喋らない、払わない、平気で帰る。
そんな荒くれ者も、30を超えて人間となった。

若き日のA子を知る者にとっては、驚愕の変身だ。
今や人間を超えて、神と呼ばれるほどに昇格。

『神対応って、いくらでもやれるんだな・・って気付いたの。
そうすると、誘われる数が格段に増えたわ』

A子自身も、手応えを感じており
この調子でやっていこうと方向性を決めたようだ。

彼女が荒くれ者から人間への変革期には、
大変な苦労していたのを知っている。

上からしか見えなかった目線を下ろし、
己の性格を封印しなきゃダメなのかと葛藤。

自身のキャラ設定に迷い、
若い頃のようにオラオラに戻すべきかと、思い悩む。

しかし数々の現場をこなすうちに、
自我を失わずに神対応の女へと、華麗なる変貌を遂げた。

すると、スランプであった恋も順調に動き出したのだ。

 

そんなA子には、お手本の女性がいた。
『C子ちゃんが神対応でさ、私もああならなきゃ!って思ったの』

いい女の姉さん友だちを持つのは、大事である。
己の成長を助けてくれるのだ。

しかし実は、C子も若い頃は荒くれ者であった。
アラサーから人間デビュー、そして神の仲間入りを果たす。

みんな、通る道が同じであったようだ・・。
伝統は、若い世代に代々受け継がれているようである。

しかし最近は、若いうちから神対応の女子が急増。

荒くれ者のアラフォー世代を見て、
あのようになってはいけない!と
反面教師にしているのかもしれない・・。

30超えたら、せめて人間になりたいものだ。



ランキングに参加中です♪
クリックしていただけると嬉しいです(^ ^)
↓↓↓↓ ↓↓↓