電車に乗っていると
男女3人組の会話が聞こえてきた。

『このバッグ8万なんだぜ~?』
8万のバッグを持つという男が、自慢を始めた。

チラリと目をやると
妙な色と柄の、奇抜な鞄が見える。

こ・・こんなのが8万円!?
驚く私と、連れの女の子達。

 
※イメージ

財布とシャツも8万円だぜ?
次は25万の靴を狙っている・・と語り出した。

どうやら、
贔屓のブランドで全身揃えているそうな。

ブランド名は申し訳ないので、
ここでは伏せておく・・。

彼の手元が見えた。
全ての指に、センスの悪い指輪が絡まっている。
そんなにつけたら、生活しにくかろうに。

・・顔が見たい!

恐る恐る覗いてみると、
幸薄いバンドマンのような風貌。(20代)

『俺、こだわってます!』オーラが満載。
全収入を、ファッションに投下していそうだ。

彼は先に下車していくと、
残った女の子たちが溜息をついた。

『・・ほんと、彼って自信がないんだね!』
『だからブランドで武装してるんでしょ?センスも悪いしね~』

・・彼が聞いたら、ショック死してしまう!

中身が空っぽなことを、
彼女たちに見抜かれていたとは・・。

なるほど・・自信のなさか。
人によって、武装の仕方は様々。

学歴や職歴などの肩書き、人脈、財力、ルックス。
彼の場合は、たまたまファッションを選んだだけ。

過剰にアピールしてしまったので、
『こいつはファッションに頼っているんだな・・』
と見えてしまったようだ。

しかし、気持ちはわかる・・!

私も婚活時代、
値段の高い服を着ている方が安心感があった。

強い鎧を着ている気持ちになるのだ。
ところが、防御だけしても戦況は一向に変わらない。
 
攻撃は最大の防御と言われるように、
武器での攻めが必要なのが婚活・・。

 

ホリエモンのように、
何でもない服を着ているが堂々としたいものだ。


己が何者であるのか、一切の迷いなし。
自分自身が武器であり、装飾に頼る必要がない強さ。

電車の彼もバンドが売れていたら、
もっとシンプルな装いだったかもしれない・・!
(勝手にバンドマンと想定)



【関連記事】
婚活の勝負服を買ってみよう♪

 


ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓