胸が痛むランキングを見た。
人間のストレス度に関するものだ。

1位:配偶者の死
2位:離婚
3位:夫婦の別居
4位:刑務所への収監
5位:近親者の死
6位:自分の大きな病気
17位:親友の死

上位は納得の結果であるのだが、
親友の死が17位とは驚いた。

これはストレス診断であるので、
悲しみ指数ではないのだが・・。

上位ランクに共通することは、
全て自分の生活に直結することばかり。

この結果から独身時代に感じたことを
ご紹介させていただく~。

 

私がまだ、血気盛んな20代の頃である。
周りは結婚&出産のラッシュで沸いた。

取り残された不安と焦りは、ピークに達する。

子持ちの友人たちと集まると、
彼女たちの心が穏やかに見えた。

家族がいるから幸せだとか、
そんな単純なことではなさそうだ。

もっと違う場所から出てくる余裕を感じる。
私がやさぐれているから、そう見えたのだろうか・・。

彼女たちは常に他者を気遣い
当時の私には、不気味なほどデキた人間に見えた。

その謎が、なんとなく解けてしまった。
『彼女たちにとっては、友達と遊ぶことは娯楽の一つだったのか・・!!』

夫がいて、子どもがいる・・。

それぞれ色々と問題はあるだろうが、
生活のベースは常に家庭。

家族単位で生活を営み、
空いた時間を余暇として友人と遊ぶ。

対する私は、本当に1人。(家族は遠方、彼氏なし)
全てのエネルギーを、友人に投下した。

子持ち友人は、100分10だけを使う。
私は、100の全てをぶつけた。

負の感情も全てだ。
さぞかし重たかっただろうと思う。

この情熱の違いが、
既婚者との溝を感じた要因なのだろうか・・。

冒頭のストレスランキングを見て、
いかに人間の関心が己の生活に向いているのか理解できた。

私もベースが欲しい・・!
婚活の原動力となる動機が固まったのである。

 

もちろん、家族でなくともよい。

仕事や社会貢献で自己実現を果たしてもよいし、
寝食を忘れるほどの趣味を持つことでもよい。

己の軸とは何ぞや?と考えていたところ
北野武氏の本でこんな一説を見つけた。

『この世に生まれて、生きて、死んでいくだけで、人生は大成功だ』

シンプル・・!
病んでいようが元気だろうが、
すでに人生は大成功だったのだ・・。

ややこしくしているのは、他ならぬ自分。



 すばる舎さんから本が出ました
ヤバいよ 合コン 5分前!

Kindleアプリのダウンロード






ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓