『登山婚活に行ってきたわ・・』
友人(アラフォー)が、くたびれていた。

山に登りながら出会うとは、
どのようなシステムになるのか。

彼女が登山をするなんて、聞いたことがないぞ。
友人に誘われたので、挑戦したとのこと。

かなりの変わりダネ婚活である・・。
内容をご紹介する。



登ったのは高尾山。
手軽に上れる山として、有名どころだ。

山頂近くまでロープウェイが出ているので、
体力に自信がなくても大丈夫。

ところがこの登山婚活は、
地上から真剣に頂上を目指すコースである。

男性7名、女性9名が集結。
女性はキャンセル待ちとなる人気だったそうな。

普通に登ると、地上から頂上まで約2時間。

男女一列に並び、会話をしながら歩みを進める。
1人につき、7分間である。

話すのは一度きり。頂上に着いたら解散。
下山は各自で行う、一期一会コースだ。

カップリングなどはないので、
この7分間のみで、全てを判断せねばならない。

1人喋ると、男性がスライドしていく仕組み。
お見合いパーティの回転ずしと同じである。

先頭に来た男性にいたっては
山道を下り、最後尾に回らねばならない。

体力のない者には、ハードなコースである。
運動不足の友人は、最初から息切れだ。

登るだけでも大変なところを、
男性全員との会話が加わる。酸素が足りない。

ゼーハーしながら、1人7分の会話をこなす。
喋り続けながら登るのは、なかなかしんどい。

すると、エベレストに登るような装備の
アラフィフ男性が回ってきた。

明らかに使うところはないであろう、
本格的なライトにリュックが重そうだ。

『いや~これしか持ってなくてさ』
何も持ってなくても、大丈夫だ。高尾山である。

装備品の話をしただけで、彼の7分は終わった。
さらば、山人よ。また会う日まで・・。

次に回ってきたのは、イケメン。
ところが彼、一言も喋らないのだ。

こちらが話せば、Yes、Noでは答える。
あちらからの発信は一切なし。

所々で山岳ガイドさんから、
『これは⚫️⚫️の木です~』と説明が入る。

もはや参加者の耳には届かない。
それよりも、この男を何とかしてくれ・・!

すると、一切喋らない彼が口を開いた。
『へ~そうなんだ!おもしろいじゃん!』

急に距離を縮めてきた瞬間、7分の鐘が鳴る。
最後に謎のタメ口だけを残し、去っていった。

特に悪い人がいたわけではないのだが、
体力も気力も目一杯に使い、翌日は寝込んだという・・。

元々、酒場での出会いに強い社交的な彼女。
登山婚活だと、地上戦の5倍は労力が必要だろう。

そのエネルギーがあれば、
パーティや合コンに何件か行けたはずだ。

 

しかもその日、
フランステレビ局の密着取材が入ったようだ。

婚活の様子が、フランスで放映されてしまう!
女性からはチラホラと苦情が出た。

『大丈夫です!フランスしか流れませんから♪』
強引に丸め込まれる。そういう問題ではない。

セリフもフランス語に訳されるのだろうか・・。
よりによって、汗だくの登山婚活が流れるとは・・。

『私は、そういう星の元に生まれたのよ』
友人は振り返って語る。

彼女は普段、ほとんど婚活はしていない。
たまにデカい行事をブチ込んでくるもんだ。

変わりダネは地上戦を普段こなした上で、
箸休めに投入したらいいのではないか・・。

一見、自然な出会いに見える登山ではあるが
組織に仕組まれた行事である。

初心者はまず、スタンダードからこなすが吉・・。


 すばる舎さんから本が出ました 
ヤバいよ 合コン 5分前!

Kindleアプリのダウンロード





ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓