友人が息子に授乳をしていた。

幸せそうな彼の表情。

 

そうか・・男性の乳好きは

幼少の頃から刷り込まれているのだな。

 

たかが乳、されど乳。

婚活界に及ぼす、乳のパワーは凄まじい。

使いこなすのが難しいアイテムだ。

 

絶大なる力のため、

自身が滅びるキッカケともなる危険物。

 

乳、乳、連呼して申し訳ないのだが

私は大真面目である。

 

対極する2名の乳使いをご紹介する・・。

 

 

A子(20代)の場合

 

スレンダーな体に、豊満な乳を持つ彼女。

女性が憧れる体型である。

 

己の武器を存分に理解しているため、

深いV字の服しか着用しない。

 

その谷間に吸い込まれるような

乳間ネックレスをつけて、攻撃力は2倍。

 

男女問わず、彼女の胸元に釘付けだ。

もう、存在感は抜群である。

 

『そんな子いたっけ?』

忘れ去られることは絶対にない。

 

ところが彼女、外見を磨きすぎたせいか

全く喋らない&気遣いのできない女であった。

 

いかに己を美しく見せるかに注力し、

肝心のトーク力はゼロ。

 

華やかな外見なので、デートのお誘いは多い。

 

ところが身持ちはすこぶる固く、

完全に観賞用と化したのだ。

 

故に、いつも悩んでいた。

 

『二回目のデートに繋がらないのぉ~何でかなぁ~?』

 

乳に頼りすぎた結果、

他の武器が何もなかったのだ・・!

 

B子(20代)の場合

 

ボンキュボンの、峰不二子体型。

おいしそうな、ダイナマイトバディである。

 

性格は、A子と真逆のラテン系。

 

性に対しても奔放で、

『私が抱きたい時に、男を抱くのよ!』と能動的。

 

乳に男が食いつくことなど承知の上、

楽しんで利用している。

 

彼女と待ち合わせをした時に、

ピタピタのTシャツを着て登場した。

 

はち切れそうなバストが強調されており、

誰もが振り返るスタイルだ。

 

胸には、『SEXY』とデカく印字されている・・。

なんと勇気の要る文字を選んだのだ。

 

日本語の意味がわからずに、

謎の漢字Tシャツを着用する外国人とは訳が違う。

 

G難度のお洒落をキメたのだ。

本体が服に負けていない。

 

『ふふふ、使えるものは何でも使わなきゃね♪』

堂々たる風格、貫禄抜群である。


体目当てだろうが何だろうが、

出会いのキッカケに乳を利用しているだけ。

 

選ぶのはあくまでも私!

どんどんかかってきなさい!

強気なスタイルは人気を博した。

 

 

さて、対極なるA子とB子。

良くも悪くも巨大なパワーを持つ乳。

 

A子のように乳のパワーに振舞わされると、

婚活は遠回りし、かえって逆効果に。

 

B子のように乳のパワーを使いこなすと、

人生をどんどん広げているように見える。

 

これは本人の『器』が関わってくるのではないか。

大金を手にした時に似ていると思う。

 

使いこなせる器がある人間は、

うまく回してどんどん豊かになっていく。

 

使いこなす器がない人間は、

訳のわからぬものに散財して何も残らない。

 

これは乳に限らず、美貌でも財力でも同じ。

 

本体がしっかりしていないと、

せっかくの武器が足を引っ張る場合があるのだ。

 

大きな武器を持っている者ほど、

使い方は慎重に・・!

 


 すばる舎さんから本が出ました 
ヤバいよ 合コン 5分前!

Kindleアプリのダウンロード





ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓