『私結婚できないんじゃなくて、したくないかも!?』
そんな女が、半径5メートルにて急増中。
 
シリーズ2人目は、
アイドル狂いのB子(アラフォー)をご紹介~!
 
 
東方神起が兵役に出向いた頃から、
周囲で変化が起き始めた。
 
彼らの追っかけに命を賭けていた女たちが
主軸となる活動を失い、我に返ったのだ。
 
『気付いたらこんな歳だわ!婚活しなきゃ!』
現実を受け止めて、慌てて活動する者あり・・。
 
『退職して、人生1から考え直します・・』
あまりの絶望に、全てを捨てる者あり・・。(本当に退職した)
 
アイドルの存在というものが
ファンの人生に及ぼす影響を感じた。
 
さて、私の友人に強烈なオタク・B子がいる。
 
彼女も韓国アイドルに夢中。
日本国内はもちろん、世界中を飛び回る。
 
彼らの来日時は、空港で待機してお出迎え。
寝ても覚めても、応援で手一杯だ。
 
これだけ情熱を傾けていながら、
彼女は稀に見るモテ女でもある。
 
いつの間に出会った!?と
聞きたくなるほど、常に彼氏はいる。
 
さらに、取り巻きの男も多数・・。
 
アイドル活動をしながら、
自身の出会いもこなす器用さは一級品。
 
B子の1番すごいところは、
惚れさせ力の高さである。
 
彼女に少しでも会いたいがために、
何時間でも車を走らせる男たち・・。
 
どんな遠い場所にいても、
彼らの方から喜んで迎えに来るのだ。
 
従順なる男たちを差し置いて、
アイドル活動を最優先する彼女。
 
結婚願望はもちろんゼロ・・。
そんなB子に、変化が現れた。
 
新しい彼氏が、
彼女の影響で韓国にハマり始めたのだ。
 
アイドルオタクということは
男性には内緒にしていたが、
彼にだけは打ち明けたようだ。
 
少しでもB子と趣味を楽しみたい彼は、
ハングル語まで習い出した。愛の力は偉大なり。
 
『好きなだけ、韓国に遊びに行ってもいいよ!』
彼はとことん、彼女を自由にさせた。
 
すると、心が動いたようだ・・。
 
どれだけプロポーズを受けても、
決して首を縦には振らなかったB子。
 
『彼なら結婚してもいいかな・・と思うようになったわ』
 
なんと・・!
B子の口から、結婚してもいいというセリフが。
彼女を知る誰もが、驚いた。
 
『これで心置きなく、韓国活動できるわ~♪』
 
足場がさらに固まったようで、
ますます活動がパワーアップしそうだ。
 
 
主軸の活動を思い切りできる!という動機で
結婚に踏み込む女もいる・・。
 
オタク女子を陥落させるのは、
結婚後も保証された自由であった。
 
これは男性でも同じか・・。
 
趣味に夢中すぎて結婚を渋る者は、
邪魔されない保証を明確に提示すれば、
何らかの動きがあるのだろう・・。
 

 






ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓