ヒエラルキーの頂点に立つのは、美しい女。
この信念を貫いている友人A子がいる。

 
彼女自身もモデルのような容姿をしており、

外見磨きに余念がない。

 

磨く場所もいよいよなくなってきたのか、

身体の細部まで隈なくピッカピカなのだ。
 
ところが、何年も彼氏がいない・・。
 
一方で容姿は普通だが、モテまくるB子がいる。

美至上主義のA子には、どうしても理解できないようだ。

 
『何でB子は、あんなに人気があるんだろう・・?』
純粋な疑問をぶつけてきた。
 
B子に人気があるのはよくわかるのに、
うまいことA子に説明できない・・!
 
そんな時、言語化してくれる書物に出会った。
こちらである。(作者:ひろんさんのブログはこちら♪
 

『これを婚活中に読んでいれば・・!』

過去の自分に、タイムマシンで送ってやりたい。
 

世の中のモテる女たちは、

この本に書いてあるような振る舞いを
『自然に』やっているのだろう。
 
ほんの一部だけ、ご紹介させて頂く・・。
 
 
恋のキッカケを作るシーンでのテクニック。
 
食事をしている最中に、満面の笑顔とともに・・。
『一緒に食べると美味しいね!』
 
可愛いではないか・・!
 
はたして現場では、通用するのだろうか?
試しに、男友達に聞いてみた。
 
『そんなの言われたら、男でも好きになっちゃうよ~!』
 

性別をも超えた・・!

嬉しいに決まっているそうな。

 

さらに、こちらの例も・・。
 
お手洗いに立つ際には、小声でこう言いながら・・。
『あ~楽しいな~』
 
相手を楽しませようとしている男性に、
こちらが楽しんでいることを伝えるのだ。
 

自分が言われたら、嬉し涙が出そうだ・・。

もう一つ、こんな例も。
 
『⚫️⚫️君の話ってすごく面白いな~』
まるで独り言を言っているかのように、
空中にむかって呟いて褒める。
 
本音がポロっと溢れちゃった感に、グッとくる。
 
わざとらしく褒めらるより、心に刺さるではないか。
見事な演出である。
 
また、他の女性と差をつけるテクニック・・。
褒めるを超えて『ねぎらい』を極めよ!部分もシビれた。
 

一例として、男性がお店を予約した時は・・。

 

『このお店、⚫️⚫️なところが素敵ね!予約を取るのが大変だったんじゃない?ありがとう!』
 
男性によって褒めてもらいたい部分は様々なので、

そこは各自、野生の勘で突き止めてほしい。

 
男らしさを、具体的にねぎらう。
 

巻き髪やネイルに命をかけるよりも

磨くべきポイントはこちらであったか・・。

 

ちょっとした気遣いで、
デートの空気はガラリと変わるのだ。
 
 
どの話も簡単なテクニックのように感じるが、
実行している女性は少ないだろう。
 
目の前の相手に、気分良くすごしてもらう。
対・異性に限らず、大事な心構えだ。
 
他者に対するホスピタリティが学べた。
婚活中の内面磨きに、適した書物である。
 
旦那に言われた。
 
『何でこの本を読んでいるのに、
実生活で生かそうとしなかったの?』
 
うっ・・。
残念ながら、この本を手にしたのは2016年なのだ。
 
現役時に活用していれば、
婚活の期間が短縮されていたであろうよ・・。

 

 






ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓