どんな経験も無駄にはならない。
人生において何らかの意味がある・・!!
 
本日は意味がないどころか、
知らない方が幸せだったケースをご紹介する。
 
~~
 
昔々・・。
 
アルバイト先に、
ものすごい美女・A子が入ってきた。
 
彼女の本業は芸能活動であったので、
素人とは格が違う美貌であった。
 
男たちが一斉にザワつき出す。
 
誰もが彼女に注目し、
激しい争奪戦が始まったのだ。
 
言い寄る男たちには興味を示さず、
彼女が気に入ったのは冴えないB男であった。
 
彼はA子に仕事を教える立場で、
優しい指導が彼女の心を掴んだようだ。
 
美少女からの愛の告白・・。
1000年に一度の、感動物語である。
 
競馬なら万馬券クラス、
超・大穴の奇跡的な勝利であった。
 
B男は突然の幸運に我を失い、
空から降ってきた天女に夢中。
 
あぁ、真面目に生きていたら
報われることもあるんだな・・。
 
彼の幸せが続くことを願った矢先、
B男はアッサリと振られた。
 
A子が仕事に慣れてしまったのだろう。
頼りになる先輩に見えたB男が、
大したことはないと気付いてしまったのだ。
 
交際期間は定かではないが、
1ヶ月くらいだったのでは・・。
 
彼女はあっさりと、
別の男に奪われてしまった。
 
こうなるとB男の落ち込みが半端ない。
仲の良かった私は、彼の悩みを聞いた。
 
『あんないいオンナはいなかった・・』
 
このセリフを聞いたときに、ヒヤリとした。
なんて罪なことをしたのだ、A子よ・・!
 
交際期間が短すぎることが、マズかった。
 
長く付き合っていれば、
彼女の悪い部分も見えてくるだろう。
 
あまりにも短命すぎたために、
いい思い出『だけ』が残ってしまった。
 
億万長者にでもならない限り
手に入らない美女と、接点を持ってしまったのだ。
 
この思い出は、強烈に脳に刻まれる。
 
夢だと割り切れていればいいが、
最高の元カノとして歴史に刻まれたのは
話を聞いて明らかであった。
 
誰か、彼の記憶を消してやってくれ・・!
世の中には知らない方がいいこともあるのだ。
 
宝くじ1億円を当てたものの、
50万円ほど使ったところで
『あれは間違いでした!』と返金するのと同じ。
 
一瞬の奇跡を体験しただけ。
せめて5000万円くらい使えたら、諦めもつくが・・。
 
 
これは婚活でも同じことが言える。
 
体の関係を持ちたいだけで、
軽い気持ちで近寄ってくる男も多い。
 
うっかりいい男と接点をもってしまい、
彼を基準に世の中を見てしまう。
 
それは前述のB男と同じ現象で、
いい所だけを知ってしまったに過ぎない。
 
『あの人は最高だった』と言うには、
最低でも悪いところもセットで
じっくり関わってからにしたいものだ。
 
15年ほど経ったがB男がまだ独身でなので、
ふと思い出したエピソードであった・・。
 

 






ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓