職場には年頃の女性がたくさんいる。
彼女たちの身分格差は大きい。
 
正社員だと20代でも年収1000万近くあり、
その他の福祉も充実している。
 

契約社員、派遣となると年収は300万弱。

 

雇用期間もキッチリ決まっており、

永遠に働くことはできない。(私は派遣)

 

いつクビを切られても、おかしくない身なのだ。
 
今のうちに婚活しておかねばならない!
とにかく合コンに励んだものだ・・。
 
私と同じような焦りを持っているのは、
収入がある若い正社員女子だ。
 
狭き門を突破して入社してきたはずだが、
いつでも退社する覚悟が見える。
 
『仕事も結婚も、歳を取ってからでもできるわ!
でも子供は、今しか生めないのよー!』
 
私が年収1000万あったら、
こんな考えができたであろうか・・。
 
相手はゆっくり探そう~♪
何より今が楽しいし!と、キャリアに走るな。
 
ところが彼女たちは、
長期視点で人生設計をしていた。
 
今しかできないことは何だ!?と
冷静に考え、婚活の手を止めることはない。
 
さて対極にいるのは、
私と同じアラフォー派遣女子たち・・。
 
『今すぐ結婚して、子供が欲しい!』と
強く希望しているのは同じだが、
出会いの場にすら行こうとしていない。
 
『いい歳だから、もっと働こうかな~!』
と言っては、激務の部署を希望して異動していく・・。
 
しかし我々は、働ける年数が決まっている。
仕事に慣れた頃には、さようなら制度だ。(正社員登用制度は一切なし)
 
何を望んでいるのか、謎の行動である。
 
結婚したいならば婚活を、
キャリアを求めるならば職業選びを・・!
 
欲しいものを手に入れるには、
『正しい方向』で努力しなければならない。
 
 
全てを持つ者 > 一部を持つ者 > 何も持たざる者
 
手に入れたいものを一つに絞る必要はないが
どれも手に入れていないのならば、
優先順位1番のものから全力を尽くしたい。
 

欲しいものは人それぞれ違う。

 

何がしたいのかわからなくなった時は、
第1希望が何であったか思い出したい。
 

 






ランキングに参加中です(^-^*)/
クリックしていただけると、嬉しいです!
↓↓↓↓