友人A子からLINEがきた。


『同僚47歳のB子さん、
結婚相談所で知り合った
49歳彼ともうすぐ交際1年。

そろそろ結婚の話してもいいよね?
交際は順調で毎週末デートしている』


・・・!


見たことも聞いたこともない
B子さんだが、
何ともいいお話や〜。


『47歳!
間違ったアドバイスはできないと思い、
事前にあなたに相談したわ』


確かに22歳の恋愛とは違う、
こりゃ慎重に進めたいよな。


しかし相談所で出会って
結婚を渋るような相手では
そもそもうまくいかんだろうし、
サラッと話しても良さそうな・・・。


『ですよね。B子さんにアドバイスしたく
昨夜、婚活回想記を読み直したわ!』


ええー!友よ、ありがとう。
すまんが参考になりそうな情報は
全くなかったはずー!


私は結婚の意思を1ミリ確認した瞬間から、
さり気なく話を進めたな・・・。


両親への挨拶⇨紙(婚姻届)。
スケジュールを敏腕秘書のように
サクサクと組んだ。


指輪、結婚式、新婚旅行に新居、
金のかかりそうな話は飛ばした。


僅かでも懸念点を見出され、
白紙にされたら困るからだ。


紙を入れることに水面下で命をかけ、
他はどうでもよかった。


実際、入籍してからあれこれ決め、
子が7ヶ月になるまでは
一人暮らしのマンションに
ひしめき合って住んでいたものよ・・・。


7627D04C-ACAC-488B-8DC7-537F0C0596D1


『たくさんの人とお見合いしたけど、
今の彼に決めた理由は一番普通だったって。
婚活しているとよく聞くフレーズよね。
普通の人、なかなかいない』


普通の人・・・!


最近、
的な記事を書いたが、
まさにこの記事のA子のことである。


しかしA子の夫は財力あり、
かなりの人格者、若者、
すでに普通ではない気もしてきたが・・・。


女の普通は『立派なお方』の可能性大、
きっとB子さんの彼も普通ではないはず。


『B子さんが婚活を始めたきっかけは、
同時期に産休に入った女子が3人もいて、
B子さんに全ての仕事が集中して激務に。
このままではいかん!と急に思い立ち、
すぐに登録に行ったそうな』


おお・・・それはハードすぎる!!
しかし重なったおかげで人生
考え直すキッカケが出来たのなら、
それはそれでヨシ。


続報がきたら勝手にお知らせする〜。
きっとうまくいくでしょう。



 








 【愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】