友人A子が同窓会に行くと、
電撃婚したB子が言った。


『うちの旦那、イケメンだから!』


写真を見せてもらうと確かに、
俳優のような美男子である。


彼はもともと、
モデル風の美女が好みだったとのこと。


実際に歴代の元カノたちは
スレンダーな美女ばかり。


対するB子は
自他共に認めるオカン型で、
人種がまるで違う。


女子というよりは
やり手のシニア力を有し、
安定感は半端ない。


なぜ、
モデルからオカンへ着地したのか?


『とにかく安心する!!』
溺愛されてのスピード婚。


美女にコテンパンに振り回され
命尽きる寸前、
オカンに救われたのであろうか・・・。


ご縁とはタイミングである。 




友人C子の夫もまた、
スレンダーなモデル系が好み。


痩せていれば痩せているほどよく、
自身もすらっとしていた。


ところが結婚したのは
グラマラスな妻・C子。


夫に体重がバレるのを恐れ
妊娠時に母子手帳へ記載する体重を
少なめに申告した結果・・・、


『体重が増えすぎているー!』と
医師から注意を受けてしまい、
『最初の体重はウソです!』とも
言いにくい、ややこしい事態に。
(良い子は真似しちゃいけません)


細いモデルが好みと言いながらも、
妻の好物・ケーキに餅にデブ食を
どんどん買い与える彼・・・。


結婚してしまえばこんなもので、
元々の好みはどこへやら。


より己と相性のよい
伴侶と結ばれる結果となった。


FDB5BCC5-2C2C-434C-88D0-53606E7513BC



どうしても譲れない異性の条件があれば、
気が済むまで該当者と絡むのがよい。


好みのタイプと心ゆくまで
交流しておけば、
『・・・そこじゃないんだな!』
という境地に達する。
(やっぱり好きだー!という発見かもしれない)


好みのターゲットと
接点すら持てないようならば、
そもそも手が届かぬので
作戦の洗い直しからとなる・・・。


 





 【愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】