私の生きがい、
バチェラージャパンも終盤に・・・!


20人の美女が1人の完璧な男を奪い合う、
戦争ドキュメンタリーである。


どんどん人数は削られ、
生存者はたったの5名に。


さっきまでラブラブした女性の目の前で、
次の女性とデートに出かける彼。


日常生活だったら血を見るシーンだが、
バチェラー界では
『行ってらっしゃい♪』の世界である。


まるで源氏物語・・・。


バチェラー自身もはっちゃけてきたのか、
4名の女性と結婚写真を撮るという
デートを提案してきた。


一人一人のドレス姿を見て、
結婚のイメージを・・・とのことだが


これ、嫁に選ばれなかったら
どんな思い出として消化したらええんじゃい。

 
6EC3D6C3-14B1-44AB-B416-E87D14499812


さらに4花嫁の中から
お気に入りの女性を選んで、
続きのデートを楽しむ光源氏。


タキシード姿のままプールに飛び込み、
君も飛び込みなよ!と促すのだ。


ウェディングドレスのまま
ダイブしたことを高く評価し、
本当に来てくれた!とご満悦な彼。


彼は所々で水に飛び込むことを
試験として取り入れる癖がある。


人間界の話であれば、
クリーニング代が!!
と躊躇するがここは戦場。


濡らしても無料!


むしろ飛ぶだけで
査定がアップするのも知っている。
私なら秒でダイブするぞ、点数のために。


飛び込んだ岩間さんは
第一印象がNo. 1であったが、
しばらく際立った出番がなかった。


『あなたのこと、どういう好きか模索している』


彼に揺さぶりをかけながらも
王者の強さを見せつけて、
暫定1位(三重県目線)へと輝いたのだ。


8D0A0567-C950-4943-BAEC-84C0FB1417D5


我が推しメンの野原さんも
安定した強さを見せている。


ドライブシアター(なんじゃそりゃ)
にて今までの思い出の映像を振り返る。


何故か彼が涙を流すという
謎のシーンも散見された。


帰り際には勝利のバラを受け取って
生き残り確定を掴んだ彼女。


暫定2位(三重県目線)かな・・・。
どうか頂上に立って欲しい・・・!!


7F737477-A5A6-49FC-B58E-98B79F4E7B82


さてここで痺れを切らしたのが
個性派の中川さん。


金髪の可愛子ちゃんである。


明らかに分が悪い戦いとなり、
一か八かの賭けとでた。


『二軍でグズグズしているのは辛い。
ハッキリとしてくれ』的なことを告げる。


一軍、二軍なんてないんだぜ、
君は大事な女性さ♡


・・・とはならず、
『ほなバラは渡せません!』
バッサリと切られたのだ。


ここはしんどいが、
堪える山場であったか・・・!


ドレスダイブした岩間さんは
『あなたのことが好きかどうかわからない』
と揺さぶったものの、見事なV字回復を成した。


揺さぶりをかけてうまくいくのは
絶対的立場のある者のみ・・・!!


自分、弱めだな・・・という時期に
私に決めるの!?捨てるの!?
二択な賭けに出るのは成功率低し。


前に出るのも勝負だが、
厳しい北風に耐え春を待つのもまた勝負。
どちらも精神力が必要となる。


DBBB8805-3A15-401F-94AE-7694E4903439
 






⇨バチェラー関連の記事はこちらから