何で出会ったか忘れたが、
男性と食事をすることになった。


初めは不審な点もなかったが、
急にスイッチが入りだした。

 
『君、美容について、興味あるよね?』

 
素晴らしいエステについて語りだした。
・・・しまった。なんたる不覚!!
 
 
マルチな人間であった。
イケメンにつられた己を恥じた。


ちょっと疲れていたのかもしれない。
最近、婚活が続いていたからな・・・。

 
今までダラダラ世間話をしていたのも、
勧誘に繋げるための前座だったのだ。

 
彼の演説は勢いを増すばかりで、
素人の力では止められそうもない。


顔つきもガラリと変わって、
何かにとりつかれたような形相だ。

 
・・・いかん、
まずいことになった。

 
こいつはイケる!カモ到来!
と思ったのだろう。

 
愛想よくしていたことを悔いた。

 
一息ついたと思ったら、
『今から、美顔器を試させてあげるよ?』
とほざき出したのだ。


いやいや、結構です!
言うも聞かず、
延々と美顔器を勧められる。
 
 
『こんな素晴らしいものを、
試さないでどうする!』

 
『君は人生を無駄にしている!』

 
彼に美顔器の霊が
憑依してきたようだ。

 
・・・もう、
誰にも止められない!
 
 
『顔の半分だけ、試させてあげる。
効果がすごいわかるから!』

 
1回使えば目で見てわかるほど、
小さな顔になると熱弁。

 
半分だけ痩せたら、
顔の歪んだ人間である。
 
 
強行突破するしかない。

 
『そんなすごいなら、
自分の顔に使ってみて、
私の目の前に現れてくれ!』
 
 
彼は怒りの表情を浮かべた
俺の可愛い商品を、お前は疑うのか!?
と言わんばかりに。
 
 
商品というか、お前が怪しい。

 
『大丈夫。あなたの輪郭はよく覚えた!
劇的に小顔になるのを、
楽しみにしている!』

 
急に諦めたのか、
彼のほうから帰ろうと言い出した。
引き際のいい男であった。

 
・・・あぁ。疲れた。
また無駄な時間を過ごしたシリーズか。
 
 
あんなに怒っていた彼だが、
食事代を出してくれたのが救いであった。

 
婚活中は結構、
出会ってしまう人種:マルチ。


レーダーを張り巡らせて、
早い段階で排除したい・・・。

 
本当に時間の無駄であった・・・。
 
 
彼らは人間界に紛れて生活しているので
一見わかりにくいのが難点。

 
やたらと『お茶しよう』と言うのは、
マルチ確立80%か。


出会ってしまったら、
一目散に逃げるが勝ち。


C478E551-A7F4-4352-B41A-E36DDFDE3BE5
 


この彼を数年後に街で見かけたが、
顔の大きさは同じであった・・・。


美顔器、効いてないやんか。

 
 
 



【日常ブログ】
98120573-C622-4D74-A52A-6846BBE4159D


愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】