友人A子の実家に、女が乗り込んできた。
腕には赤子を抱えている。


女はA子の父親の愛人だと名乗り、
認知せよ!金を出せ!と暴れた。


突然の隠し子に、驚く家族たち。


直感的に父親の子ではないと判断し、
赤子の唾液がついたコップを奪い取ったA子。


それを返せ!と怒り狂う女。


・・・鑑定の結果、
親子関係は認められなかった。


父親は高齢者であるのに、
壮大なスペクタクル・・・!


日本のDNA鑑定事情は
明るい空気など一切持たないのだ。


59466DCC-9CD3-4624-A5E5-11CC2952E87F


えらいものを見てしまった・・・!(レディース有吉)


誰の子かわからない子どもの父親を
DNA鑑定するというのだ。(ブラジルの番組)


養育費の請求が目的であり、
該当者と思しき男性たちが登場。


全員に応援者(友人・家族など)が加わり、
向かい合う姿は圧巻・・・!


『養育費払えよ!!コラァァァ!!』
『俺の子じゃねぇわぁァァ!!!』


汚い言葉で罵り合う姿は
格闘技のマイクパフォーマンスよろしく。


怒りでモノを投げ合っていても、
どこか明るい雰囲気なのはお国柄か。


番組観覧者たちに至っては
派手な衣装で総立ちとなり、
手拍子しながらリズム取っとるがな。


まるでライブ会場・・・!


番組のワイプから声が飛んだ。
『裁判でやってくれよーw』


・・・た、確かにーーー!!


日本で同じことがあっても
テレビ番組になるだろうか・・・否。


伝説の神回と呼ばれた放送なんて
父親候補が二人出てきたにも関わらず
どちらの子でもないとう結果に。


司会者は楽しんでいるのか、
リズムよく鑑定結果を発表。


『あなたたちは・父親では・・・ありませぇぇーーんっ!』


クイズ番組かーーっ!!


二股交際ではなく、
三股交際というオチであった。


笑い事じゃないのに笑ってまう。
こりゃ、癖になりそうだ・・・。


全体的にかつてのミリオネアの
明るい版なイメージである。
みのさんの方がよほどシリアスよ。


この番組なんと、
20年も続いているらしい・・・!


さすがラテンな国だ。
不謹慎文化な日本とはえらい違いである。
 

16CEA961-78C7-4F1D-BF7D-C2B73BCF4A05


昨今の日本では浮気調査で
DNA鑑定を依頼する女性が急増中。


浮気で・・!?
どうやって調べるのだ。


洗濯前の彼のパンツと歯ブラシ(男女)にて
二人以外のDNAが混入しているか
鑑定可能とのこと。


パンツを冷凍してクール便で送り、
費用も1枚(1日分)で45000円也。


歯ブラシの鑑定と報告書の作成費もあり、
なかなかのお値段にはなる。


参考までの情報であるが
利用することない人生を願いつつ、 
本日はお終いとする・・・。



 
フォローしてくださると嬉しいです♪
↓↓↓↓



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;