長年婚活中のA子の口癖は、
『(私が)好きになれるかなぁ・・・?


デートに誘われた、
何なら連絡先を聞かれただけの段階である。


・・・告白されてから悩んでくれい。


よくよく聞いてみると
男前とドキドキする関係でないと
先には進めないというのだ。


気持ちはわかるが・・・!!


本日はイケメン専門から
足を洗ったパイオニアをご紹介する〜。
 

5038148D-3911-4993-B466-9D6166D07C92


友人B子(当時大学生)は
自他共に認めるイケメン好き。


彼氏の写真を見せてもらうと、
芸能人ですか?というほどの美形。


彼の素行は最悪で、
最高で7股にまで及んだことも。


かくしてあだ名は『7股』となり、
長いことドタバタ劇を繰り返したものだ・・・。


私も当時は優秀で地味な学生よりも、
パリピなギャル男になびいていた。


なんと愚かな・・・
過去の己を往復ビンタだ。


原石を見つけて捕まえておけば
後々が楽になるぞと伝えたい。
 

1F0A26C9-B71D-4B91-AC5E-45B98D4C8010


・・・さて
7股案件を抱えていたB子だが、
ほどなくして股とは別れた。


その後もイケメンのみを視野に入れ、
好きこそ物の上手なれとばかりに
次々と付き合っていた。


そのまま彼女は就職・・・。


白メッシュを黒髪に染め、
原色のミニスカからスーツに変身。


同僚の男子たちは見たこともない、
真面目系ばかり。


すぐに拒絶反応を示した。


『こんな気持ち悪い人たち無理・・・!!って最初は思った!』


ここでB子、真剣な眼差しに。


『・・・でもね?仕事していたら、
そんなの全然気にならなくなった!!
男は顔じゃないんだよ!』
                                                                                                                                                                                          

・・・!!


『イケメンは緊張するから苦手〜!勘弁!』
のような前向きアンチではなく、


イケメンにしか人権を与えなかった
彼女が放つ『顔じゃない』に信憑性を感じる。


心ゆくまでイケメン界を泳ぎ尽くし、
隅から隅まで体験した末の結論だ。
 

02E57AC3-513E-4791-810D-D08A9BB2471C


開眼したB子のその後だが・・・、



社内の人気イケメンと恋愛結婚。



・・・結局、それかーい!
というオチである。


7股時代と違うのは、
目利きの商人と化していたこと。


ただ顔がいいだけでは
キャッキャしない心身を手に入れた。


完全体に変身した後は
どのような風貌の人間でも
平等視するように。


もう結婚15年ほど経つが、
夫を尻に引き平和な家庭が続いている。
 

9C1CA3E2-3C8C-43EC-975C-BDF9CEC7BE2C


危険なのは男前に枯渇した生活で出会う、
ぽっと出のチャラ男である。 


彼らはイケメン割引により特典を受け、
少ない労力でモテモテに・・・!


どうしてもイケメン!という信念があれば、
その世界を極めるくらいに関わりたい。


お腹いっぱいになれば
ちょこちょこ現れる美男ごときに
都度、心を奪われることもなくなるはず。