人間の煩悩の果てしなさを考えさせられる、
駆け込み結婚相談所という番組。(テレ朝)

己の何がいけないのか?
自己分析とプロの指摘を擦り合わせるのだ。

●美容家  48歳の場合

年収1500万の美女が登場した。

『ここまで独身でいたからには、
譲る意味がわからない。』

彼女が掲げた条件は
年収2000万以上&韓流スターっぽいルックス。

『45歳までは結婚に全く興味がなかった。』

更年期を迎えて、
攻めてばかりはいられないと
守りの姿勢に入ったというのだ。

ところが、
何人お見合いを申し込んでも惨敗。

話も面白いし、正直で素直だし、
きっと周りからはこう言われているはず・・・。

『綺麗だし仕事もバリバリやっている。
何でうまくいかないんだろうね?』
 
C01E4479-12E8-422C-81CE-67A3D4905B5A

私の友人にもたくさんいる。
世渡り上手でやり手の美女たちが。

婚活界での生態系が崩れただけなのか?
謎に迫る。

審査員の方が聞いた。

『あなたの24歳の頃を100点とすると、
今は何点だと思いますか?』

彼女が答える。

『20点から10点ですね・・・』

控えめな点数だ。

『恋愛均衡説というものがあります。
あなたは20点の人としか付き合えない。
自覚はありますか?現実を直視できますか?』

あくまでも『婚活界』での点数だが、
ギョッとする彼女。

年収2000万のイケメンか・・・
100点の女でも手強い対戦相手である。

キャリア、財力、人間力などが
パワーアップしたはずなのに、
引き換えに『時』が経つという現実。

あの頃になかったものを手にしたのに、
あの頃に持っていたものがない・・・!!

・・・が!
審査員の方が救済策を提案した。

『あなたはまだ若い、シニア婚を狙いましょう』

確か55歳くらいまでを希望していた。

『年齢は最大のネック。
男性の年齢を60以上にすれば、急に若く見られます。
そのレンジに行くと、年収の高い人が増えます』

妥協するのは相手の年齢とのことだ。
 
6AF15219-8A07-4AB0-A7BF-313B12BC8AE5

・・・思い出した!

友人たちと、もし再婚活するなら?
という妄想をしたことがある。

全員が60歳以上か、外国人を狙うと言い、
同世代には挑まない!という結論を出したのだ。

無意識のうちにレッドオーシャンを
避けていたのだな・・・。

血まみれの戦いなんぞ、御免こうむりたい。

相談者の彼女だって
ちょっとターゲットを変更したら、
アッサリ終戦するのでは。

2番目&3番目に譲れない部分を
完全に捨てる作戦、効き目アリだ。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

プロフィール&連絡先(お悩み相談)は⇒こちらです

❤️三重県の愛用品Facebook Twitter