誰か、医者を呼んでくれー!!!
重症患者が現れた。(駆け込み結婚相談所・テレ朝)

夢を支えてほしい役者志望、
44歳、年収250万、エキストラのバイトが現れた。

医者などのお金持ちで、
55歳までの女性を結婚相手として希望。

『お金はあればあるほどいい、
・・・ぶっちゃけヒモですよね!』

・・・おい。
ヒモには才能が必要なのだぞ。

一般企業でのし上がるのとは違う部分の
資質が問われる職種である。

さらにヒモ希望を前面に出すのに、
家事は苦手だという彼。

料理も掃除も得意ではない。
では、お前の売りは何なのだ・・・。

『オススメの漫画を教えてあげられることです』

・・・いらーん!!
44歳の男性にそんなもの1番に求めない。

知る人ぞ知る名作を
出してくるならともかく、
『彼岸島』を推す彼・・・。

私ですら聞いたことがあるぞ。
超・メジャーじゃないか

唯一の特技が
特技ではなくなった瞬間である。

養成所にも事務所にも入らず、
エキストラ会社からの仕事を待つ彼。

『大成する可能性は20%ですね』

自己評価が高いんだか低いんだか
わからぬ、20%という数字。

結婚できない理由は
『経済的に支えてくれる女性と出会えていない』
と自己分析した彼。

プロの面接官たちも呆れており、
辛口コメントが並んだ。

『怠けるな楽して人生楽しめず!』

『20点が90点を狙っている!
20万円持っていて、90万円の品物買えますか?
ギブするものがなくて、テイクばかりは無理です』

わかりやすい・・・!
絶対に手がとどかない品物。

『立派な俳優になられた後に
結婚を考えられてもいいのでは?』

そうか・・・、
強盗するより他なしと思ったが、
自身が90点になるのが最良の策。

ところが彼、乗り気ではない。

『1つの手ですよね・・・』

間髪入れずにプロが突っ込む。

『絶対の手です』

心に刺さる、絶対の手・・・!
 
87AF6920-958D-41F3-9A09-077DA6E41E3F

この番組(駆け込み結婚相談所)は、
婚活界の問題をあぶり出している。

誰もが陥りそうなうっかりを
アホな出演者と見せかけて
大げさに演じてくれている。(と信じたい)

『こんな人がいい!でも、出会えない・・・』

現在、出会えていない異性には
これからも出会えることはない、
自分から上っていかない限りは・・・!
 
ということを教えてくれた。
彼の犠牲を無駄にはしない。