本日は読者のA子さんから、
心の叫びをいただきました!

ありがとうございます!
ご紹介しまーす♪

『私は現在37歳です。

付き合って3年になる彼がいるのですが、
彼が結婚に向けて一向に行動をしません。

一年半前に母が病気になり
余命短いと知った時に、実家に出向き、
私と結婚を考えているという事を母に伝えました。

その後母は亡くなってしまったのですが、
そんな事があったもんだから、

喪が明けたら具体的に動きがあると
思って期待していたのですが、

喪が明けて今現在半年経ちますが、
彼から結婚についての話しが出た事は一度もありません。

私も最初の頃はいつ籍を入れるか?
とか聞いていたのですが、

「喪が明けてから〜」とか
スマホでゲームしながらほざいてばかりでした。

だんだん私ばかりが言うのもアホらしくなり、
向こうから何か言動に表して欲しいと思い、
この半年程何も言わずにいたらこの有様です。

もう、そこから彼に対しての不信感がハンパないです。

思えば、あらゆる面において決断力や行動力が
ないという悪い面ばかりが目についてしまい、
今は彼といる間は終始私の機嫌が悪いです。
(いちおう、彼とは同棲しています)

もうこんな状態では別れたほうがいいのでしょうか?

けど、私の大事な、恐らく結婚できるかもしれない
最後のチャンスであったこの30代後半の年齢が
無駄になるので、彼に再度結婚についての
話を蒸し返した方が良いのでしょうか?』

この状況・・・!
私ならば婚姻届を書き始めたい気分ですね。

生前の母君に約束したぐらいです、
適当な嘘ではないという前提でいきましょう!
 
4D431EF0-F6C5-4737-A1C1-B21AE522BDE2

私の話をさせていただくと・・・、
 
酔いどれた夫(当時は彼氏)が
『ほな、結婚しようか』と突然口走った。

おそらく側から見たら、軽い冗談レベルとも捉えられる。

一世一代のチャンスとし、
『この瞬間(とき)を待っていたー!!』
とばかりに目が光るワタシ。

(それまで、結婚の『け』の字も発したことはない)

『・・・いま、言ったよねっ!?』

胸ぐらを掴みそうな勢いにて確認。

酔いどれた彼は、
もちろんだよ〜♪と上機嫌。
よし、このまま畳み掛けようと決意。

翌日からすごい勢いで走り出す私。

『結納は来月のこの日はどう?』
⇨サクサクと日程をセッティング。

『ご両親が泊まるホテル予約しといたよー』
⇨あれこれを全て予約。

質問も『YES、NO』で答えられるものにし、
サクサク進める。

『結婚するのは決まりましたから♪』
という顔で堂々と・・・!

あくまでも相手からの
結婚しますか発信があるのが条件。
無理やり言わせた系では使えぬ技。

また、発信はあったものの
本当はする気がない者までは動かせない。

『いやいや、まだちょっと・・・』
と必ずストップが入るはず。

本心を知れたということで、
その時は腹を括るより他なし。

私の夫もA子さんの彼同様に、
自分『から』動くことを一切しないので
待っていたら来世は確実。
 
9C486171-D4A9-45E4-9B36-37AB86EC97B7

『あの頃、やけに親切だなぁ!と思ってたんだよ!』

婚活の仕上げに集中しただけだが、
夫は何も気付いていなかった。

今でも本当に動かないので、
結婚式も新婚旅行も彼に任せていたら
何もなかったと断言できる・・・。

A子さんの彼が動かぬ石タイプなのか
実は結婚したくないのかは、
事を進めていけば見えてくるはず。

石を転がせることを祈る・・・!