婚活時代に行なっていた習慣に
『検証』というものがある。

ルームメイトA子との恒例行事で、
まずはPCの大画面に己の顔を映す。

『眉間のシワが気になるな』
『頬のこの線はいらんぞ』

互いの顔を部位ごとに拡大し、
修正点を指摘&改善策を練り合う。
 
74860714-FD62-43BE-ABA0-83CF147C1AB5

婚活疲労がピークを迎えていた頃、
私の老化は爆発的に進んだ。(アラサー期)

睡眠不足、飲み過ぎ、ストレス。
考えられる要因は多い。

ついに目の下がボコッと窪むほどに。
『検証』にて浮き彫りとなった。

部位だけ見たら60代と言っても
過言ではないほどの大きな凹みである。

焦って駆け込んだのは鍼灸院。

美容雑誌に載っていた、
『痛すぎるが効く!』というスパルタ院だ。

歯まで到達するのでは!?というほど
深く鍼を刺しまくるため、顔中が内出血。

その姿、まるで惨殺死体。

真っ青になった顔面を見て、
『ピッコロ大魔王のようだった』と
当時の様子を語る友人。

・・・ところがだ。
リフトアップ効果が半端ない。

目視できるほど
みるみる老化が回復して、
基準値まで戻ったのだ。(当社比)

ピッコロ上等!
ナメック星人でも何にでもなる!
私は先生の虜となった。

芸能人も多数来店していた店で、
有名モデルがやってきたことがある。

いつもの半分も鍼を刺してないのに、
そそくさとモデルの元へ去っていく先生・・・。
一般人との扱いが露骨すぎた。

一度予約したら日程変更(直前じゃなくても)でも
キャンセル代がかかるオラオラ営業・・・。

それでも通いたい!文句言わない!
私に鍼を!ハリを!多くの女が押し寄せた。

・・・ところがある日突然、
鍼灸院が潰れたのだ。
(繁盛していたので、政治的な絡みかと・・・)

美への執念から我に返った。
ちょっとした宗教である。

失ってどこかホッとするのは
知らぬ間に依存していた証・・・!

2DD01C25-7505-4F2D-BE25-24CE813F437F

先生はいつもマスクをしていたのだが、
一度だけ外したことがある。

・・・言葉を失うほどの美女だった。

驚いたのはマスクの下に
多くの鍼が刺されていたこと。

24時間・串刺し状態とのことで、
芸術的なフェイスラインに貢献したいた。

『努力!』

自身の顔(鍼)を指差して
短く放った美女・・・。恐れ入る。
 
先日、
25歳に見える40歳の美女に出会った。

肌は陶器のようで、
どうみても20代のハリツヤ美肌。

美容医療に頼りまくっていると言う。

『恋愛と同じで浮気せずにちゃんと続けると
効果はついてきますよ♪』

あの日の先生がフラッシュバックした。
美も努力の継続なり。
 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

プロフィール&連絡先(お悩み相談)は⇒こちらです

Facebook Twitter スタンプ