『私って、ブスで可愛くないからさ・・・』

高校生のとき、
友人A子が真剣な顔で呟いた。

困ったことに彼女は
ミス○○高校の美女。

社会的に保証されている
『ブスではない』称号をお持ちなのに、
ランクインすらしていない私に言うかね。

ブスどころか可愛いでしょ!と
お決まりのセリフで乗り越えた・・・。

『私ってブスだし』は
以降、聞かなくなって久しい。

本当に自分を何とかしたい者は
陰でせっせと勤しんでいるのだ。

メイクにヘアに、ファッションに・・・。
 
BD3902DE-0EB5-4DEB-A0BD-ADA22FC0FB67

たかがブス、されどブス・・・。
扱いが難しい、ブスという言葉。

興味深い話を聞いた。

アジアン・隅田さんに向けて、
婚活指南が行われた。

『結局、俺とお前は金を稼ぐしかない!』

フットボールアワー・岩尾さんから、
このようなお言葉が。

『隅田と俺は一緒。
身も心もブスな人間に男が寄ってくるはずがない』

絶望的な前置きをかまし・・・、

『死ぬほど金を稼いで、
それに寄ってきた異性と付き合うしかない』

『金目当てなオンナは嫌だ!
敬遠するよりも、清々しい・・・!
努力の証・財力である。

『開き直って『ブス』で金を稼ぐ、金に換えるしかない』

蓋をするではなく、
逆に出し切って金に変える・・・。
覚悟が感じられ、心に響いた。

若槻千夏さんが
容姿をけなされて落ち込んだものの、
ギャラが入った通帳を見て、

『これに変わったんだな・・・!』と
気持ちを切り替えた話を思い出した。

偉大なるマネーの力、
腹を括った者は強い・・・。

ところがブス商法は『イヤです』
頑なに否定する隅田さん。

一般OLはブスを換金できないので、
芸人ならではのチャンスなのだが・・・!

ここで相席スタート・山崎さんからの
アドバイスも素晴らしかった。

『メガネをかけるとブスが散って、
ブスの子がメガネの子になる』

目から鱗・・・!

どうにかこうにか、
盛って盛っての足し算であったが、
散らすという発想はなかった。

『髪を長くして巻くのも効果的、
オシャレ風もブスを散らすのにいい』

髪の毛がバッチリ決まっていて
服装がオシャレだと、いいオンナに見える・・・。

隅田さんが試しにメガネをかけて
髪型を変えてみたところ・・・、

えらい可愛くなったのだ。

完全に散っている・・・。
恐るべし、ヘア&メガネの力よ。
 
F3501261-DB7F-4052-ACB5-5665F762E84E

婚活時代、ずっと同じ髪型で
同じメイクをしていたな・・・。

魔法のアイテムを取り入れて
別人になる作戦、悪くない。

ちなみに私は帽子をかぶっている時に
容姿を褒めらることがあった。

今思うと、人間離れした巨大なデコを
帽子というアイテムで散らしていたのだ。

残念ながら、
合コンなどの屋内イベントでは
使用できずに丸腰だったが・・・!

関連記事↓↓
 美人のお得度

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

プロフィール&連絡先(お悩み相談)は⇒こちらです

Facebook Twitter スタンプ