友人A子(アラフォー)の一言に、衝撃を受けた。
 
『すっごい紳士なの!サラダとか取り分けてくれるんだよ!』

彼女は男性に人気がある。
よく告白されているし、
デートのお誘いも絶えない。

エスコートなんぞ、
いくらでもされているはずだ。
 
サラダの配膳ごときで、
喜ぶタマでもあるまい・・・。

 

この謎はすぐに解けた。

彼女は無類のイケメン好きなのだ
それも、性格の強烈な人物・限定。

オラオラ&俺様系とばかり関わり、
人間界の男にはすっかり興味を失った。

それが40歳を手前に開眼し、
イケメン界から足を洗うことができたのだ。

そのキッカケとなる夜を、ご紹介する~。

イケメンB男と合コンを開いたそうな。
彼のルックスは、彼女のどストライク。

そんな彼が連れてきた、
友人C男がマトモであった。

誰に対しても平等に話を振り、
料理の取り分けから、飲み物のオーダーまで
気遣いを隅々まで発揮させた。

・・・いや、オトナの男女ならば
この程度のことは普通にこなせるぞ。

それが、A子にとっては衝撃的であったようだ。
いつも自分が率先してやっていることを、
男の人がやってくれているなんて・・・!

実際に、イケメンB男はというと
つまらなそうに携帯をいじっている。

そうだ、彼と飲む時は必ず
王様扱いをしてやらねばならないのだ。

食べ物は全て取り分け、ご機嫌を伺い、
お会計になると、
『好きなだけ出して、全額でもいいよ!』
と言われる始末。

そんな男に慣れていたら、
C男を紳士と呼ぶのもわかる。

どちらかというと、
世の中はC男タイプの方が多いのだが・・・。

さて、オラオラのイケメンはというと・・。
女性陣のルックスが気に入らないご様子。

『よく、こんな可愛くない人を連れてきたね!』
 
合コン中にクレームを入れてきたのだ。
驚いたA子は、フォローした。
 
『でも、彼女はモテるし、あの子も人気あるし・・・』

『いや、そんなのどうでもいいし!』
 
話の途中で、バッサリと切られた。

ようやく彼女の目も覚めてきて、
こいつは顔だけなんだな・・・遅ればせながら理解する。

ほどなくして、まとも男Cと交際を開始。
現在は彼と結婚している・・・。
 
14366A66-74C8-4127-8F9B-C761B679B1F6

『やっと、イケメン界から脱出できたわ・・』

長年の呪縛から解放され、
男の中身を見ることが可能になったという。

いくら沢山の男性が寄ってこようとも
自分のことを粗末にする男ばかりを選んでは
ドキドキはできても、ヒヤヒヤを生む。

世の中で人気があっても、
彼氏から迫害されては意味がない。

全然モテなくてもいい・・!
一人の男性から大切にされたならば、
平和で幸せに暮らすことができる。
 
やはり周りの恋愛上手な女達を見てみると
自分のことを大切に扱う男だけを、引き寄せている。

こうして、いつも大切にされる
恋愛スパイラルが回ることになるのか。

逆に、負のスパイラルには気を付けねばならぬ・・・!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

プロフィール&連絡先(お悩み相談)は⇒こちらです

Facebook Twitter スタンプ