36歳でナンパ塾に入会、
10年通って3万人に声をかけ、
持ち帰った女性は100名。


そんな男性(御歳50)を以前ご紹介した


元々、彼女いない歴=年齢
ということもあって
恋愛の仕方がわからず、
チャラスタイルに落ち着いたのだ。


ところが急に結婚し、
完全引退したという。


ナンパに狂った10数年が、
いとも簡単に方向転換。


人が変わるキッカケとは何ぞや?
理由をご紹介する〜。
 


①罪悪感

両親の位牌が並ぶ姿を見て、
申し訳ない気持ちになった彼。


お嫁さんを見せられなかった・・・!
今後は結婚を視野に入れたい。


孝行したい時に親はなし、
目覚めの瞬間である。



②地球温暖化の影響

なぜ・・・!!


ナンパのベストシーズンは春か秋だそう。


出会いの夏!なイメージがあったが、
専門筋では見解が違うようだ。


『台風ばっかりきて、やってられない』


そんなにしょっちゅう、
来ないぞ・・・。


『遠くにいるターゲットを
追いかけるのが辛いし、
汗でろれつが回らないんです』


季節というよりは50歳問題・・・、
猛暑ダッシュはキツかろうに。


ナンパも命がけのスポーツである。
ろれつが回らないのは汗ではなく、
重篤な病の危険。


BGMの選定が天才的で、
TMレボリューションの曲が・・・!


こ〜ごえそうな〜きせ〜つに君は〜あ〜いをどうこう言うの〜♪


・・・夏も冬も辛い!
やはりベストシーズンは春秋だ。


『ただ、オジさんがナンパ辞めたって話ですね!』


地球温暖化の影響という
壮大なタイトルから、
シンプルに修正されていた。

 B9E26CF6-D0EA-4076-8DD6-DB90192273F1


③勘が鈍った

乳が大きいミニスカ女子をナンパ成功。


彼女のほうから『うちに来ない?』
と言われ、ノコノコついて行くと・・・。


男性が料理を作っており、
フライパンがいかに素晴らしいか
説明をしてくるではないか。


『騙されたーーっ!』


急に仕事が入ったと、逃げ出す彼。


『惚れさせてもいない女の、
「うちにこない?」は裏がある!』


辞世の句を残し、
引退の運びへ・・・。


C1C909A5-2872-4F77-BEBA-C4343F45D992

フライパン事件のすぐあとに
女性を紹介された。


気乗りしなかったが思いの外に
盛り上がって、次のデートへ。


『明日には誰かに奪われてしまう!』
プロポーズを決意した彼。


返事がどうであれ、
最初で最後のプロポーズだ。


『はい、もちろんです♡』
快諾してくれた彼女・・・。


撃沈したらナンパ教室の
終身コースに入ろうとしていた彼。

 
申し込むのが恥ずかしいネーミングよ


これで親孝行ができると
涙がこみ上げてくる・・・。
彼も人の子であった。


イケイケな者でも、弱る瞬間は来る。
その時に目の前にいられることがご縁。   


地球も味方をしてくれた、
温暖化が一人の男を救ったのだ。


関連記事↓↓↓
ナンパ教室に通う驚きの結果



【愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】