『知り合いかも?』

 

Facebookを眺めていたら、
見たことがない美形男子が現れた。
 
これは・・・!
幼稚園で同じクラスだったA男である。

彼は幼い頃から荒くれ者で、
ヤンキーへと変貌を遂げた・・・。
 
田舎のチンピラ臭が濃すぎるが、
顔面だけ見たら芸能人のようなレベルだ。
 
すぐさま、スクリーンショットを
幼馴染B子に送りつける・・・。
 
no title
 
『美形のままだねー!首の鎖はいらんが!』
 
秒速で返事がやってきた。
~ファッションチェックと共に。
 

『ヤンキーを範囲に入れると、

このレベルのイケメンが存在するのね~』
 

彼の美貌を大絶賛の我々。

高校生までしか知らないが、
アラフォーになっても面影はある。
 
『もし彼がマトモに働いていたら、
大人気になっただろうねーー!(なぜか無職設定)』
 
稼ぎ頭であれば、タワーマンションで
夜な夜なチャラいパーティをしていそうだ・・・。
 
勝手な推測にて、盛り上がる我々。
 
婚活目線ではチャラついた
ヤンキーなど範囲外であるが、
彼らからも選ばれることがないであろう。
 
この感覚は
超美形のホストでも見ているよう。
 
顔が綺麗なのは理解できるが、
全く興味はない。

そしてあちらからは、
さらに興味を持たれない図式である。
 
『あらためてハイレベルね・・・顔が・・・』
 
ぽっと出の同級生から、
顔面の威力を教えてもらった。

婚活でイケメンを狙うことに、覚悟が必要なことも・・・!
 

ヤンキーでも相手にされないのだ。


マトモに仕事をしているイケメンが
いかに人気なのかは想像に難くない。

 no title
 
『九相図』という仏教画がある。
 
美女が死に、肉体が腐って土に返る姿を
9段階のグロい絵で表現したものだ。
 
死んだら皆、同じだよ。
美しさに惑わされるな!という戒めの意味もある。
 
不安定な時代ですら、
異性への煩悩を捨てるために
こんな絵までこしらえられたのだ。
 
平和な世では、
そりゃ美女・イケメンは人気であろう・・・!


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・

プロフィール&連絡先(お悩み相談)は⇒こちらです

Facebook Twitter スタンプ