お見合いパーティで婚活中のA子。

 
男性とカップルになり、
食事に行った。


この時はまだ知る由もなかった。
 
 
大人しそうな彼だと思っていたが、
歴史に残ることになろうとは・・・!


no title

 
食事自体は非常に盛り上がりに欠けた。
とにかく会話が続かない。
 
 
どこをどう頑張っても糸口は見えず、
完全にお手上げ状態。
キャッチボール不能!
 
 
もはやここまで・・・。
二度と会うことはない予感。
 
 
お会計の時間がやってきた。


彼は紳士的に全額を払った。
ここは僕が奢りますから・・・と。
 
 
お釣りを待つ時間、
気まずい沈黙が流れた。


何を思ったのか、彼は一言。

 
『僕と付き合ってください!』

 
この冷え切った空気で、
よくぞ言えた・・・!


どこからどう見ても、
うまくいってないのに。

 
彼女は仰天し、石化。
出会って2時間での出来事である。
 
 
『いや・・・ちょっとまだ考えられなくて・・・』


しどろもどろになり、慌てた。

 
『何でダメなんですかっ!?』


語気を荒げる彼。
 
 
にっちもさっちもいかない所で、
お釣りを持った店員が登場。

 
彼は急に表情を変えた。


『付き合ってくれないなら、5000円払って!』
(合計金額10,000円)

 
せ、セコイ・・・!


付き合うなら奢るが、
付き合わないなら割勘とは。
ネタにされてしまうぞ。
(すでにネタとなっているが)

 
彼女は怖くなり、
5000円を叩きつけて逃走。


しかし、恐怖はまだ続いた・・・。


『何で付き合わないの?』
『何がダメなの?付き合おうよ!』



彼からのLINE攻撃が止まらない。
手切れ金、全く意味を成さず!
 

無視を続けると、
さらなる暴挙へ出てきた。


『お前の事を調べ上げて、見つけてやる!!』


・・・危なすぎる男ではないか!


彼女は冷静に、
そのままシカトしたそうな。


o0750055013684342392


この話には続きがある・・・。


別のパーティに出かけたら、
なんと彼と遭遇してしまったのだ。


LINEでは悪態ついてきたが
彼女を目の前にすると、
目すら合わせてこない。


指先だけ威勢がいいタイプであった。


あろうことか、
彼女の連れを気に入ったようだ。


女2人で帰ろうとしたところ、
奴が突如、すり寄ってきた。


『僕も混ぜてくださいよー!!』


どの面下げて、
仲間入りできるのだ。


秒殺されたのは言うまでもない。


勇気を出すのは、
そこではなかった・・・!






【日常ブログ】
98120573-C622-4D74-A52A-6846BBE4159D


愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】