こんばんは~♪


名著『うんこ漢字ドリル』から、
お気に入りの例文をご紹介しま~す!

うんこドリル かん字 小学2年生 (うんこドリルシリーズ)










『うんこを消しゴムの
代わりに使ってごめんなさい』

文字を消すという
目的は果たせたな・・・。 


『悪人が近づけないように、
うんこで壁を作る』
新手のピースバリアだが、
そんな子供騙しがきく時点で
もはやいい人である。 


『受話器の向こうから
「うんこ!」と叫ぶ声が聞こえる』
暗号で助けを求めている者がいる。
もしくは『うんこ』と
叫ぶ者を近くに抱えた、
電話相手のほうがピンチか。
 

『捨てたうんこが気になったので、
何度も振り返る』
振られた彼氏がこのタイプなら、
復縁もあるな・・・。


『クラスに「うんこ係」
がないのはおかしいと思う』
おかしいのは誰かね。


『決まった場所で
うんこをするのはつまらない』
将来は一か所に留まらない形にて
活躍しそうな彼だ。ノマド気質。


『相撲の対戦相手が、
まわしにうんこを付けている』
イエローカード!!
 

『全身にうんこを塗って、
相撲大会に出場した』
悪を倒すには、
さらに巨大な悪で飲み込むという
手法があったか・・・!
 

『うんこをチョップで
叩き割る訓練が始まった』
私も一発で割れる自信はある、
思い切った心さえあれば。


『上等な着物を着てうんこをする』
どれだけ高貴な方やアイドルでも、
うんこはするものだと感じさせる作品。


『うんこの形を綺麗に整える』
『うんこの塊を平らにのばして、
サラミを散りばめる』
ピザのレシピか・・・。


『手の平のうんこを洗ってくれないと、
手相が見られないよ』
手相は自ら書いて作れるというが、
うんこを用いた上級技かもしれぬ。
 

『相手がいないとうまくうんこができない』
気持ちがわかる・・・!
三重県出身だと告げると、
『三重弁喋って〜』と言われるんだが、
郷里の相手がいないと厳しいのと似ている。


『大臣は大量のうんこをもらしながらも、
会談を続けたそうだ』
なんというプロ意識の高さ・・・!
一つのことに集中し、
周りが見えなくなったな。


『手品のために、
うんこを口の中に隠さないといけない』
初心者にとっては鳩よりも口に含みやすく、
サイズ調整も可能なのでとっつきやすい。


『何を暗記しても、
うんこをすると全部忘れてしまう』
暗記パンのシステムね。

bag-casual-fashion-girl-Favim_com-5281608


『今日、一緒に放送室でうんこをしてみない?』
なんというデートの誘いじゃい。


『夏休みは伊豆半島へうんこをしにいこう』
お前もだ!


『ご馳走してくれてありがとう、
代わりにうんこをどうぞ』
・・・相手も似た者同士であったか。
 

『駅前のうんこ像の前で
待ち合わせをしよう』
携帯がない時代はリアルでこんなであった。


『冒険家がうんこでできた
山に登ろうとしている』
 
『冒険家がうんこでできた
島に上陸しようとしている』
 
『冒険家が命綱をつけて
うんこの沼をもぐっていく』
 
なんでもかんでも、
『冒険家』をつければいいってもんじゃない。


・・・が、
次の彼は格が違うようだ。


『冒険家がうんこを1ヶ月我慢して、
太平洋を横断した』
排泄ゼロのほうがインパクト大で、
偉業がまったく入ってこない! 


『王様のうんこは誰よりも大きかった』
君主たる者、こうでなければな・・・。


『王に仕える戦士たちのうんこを見よ』
戦士たちまでも・・・!
なんたる精鋭隊だ。 


『うんこを独り占めしていた
王様が追放された』
 
『王様が作物とうんこを
全て持って行ってしまった』
こんな暴君になってはいかん。


『全身うんこまみれの男に追われています』
追いかけられているではなく、
男のほうこそ助けを求めていたのでは・・・。


『立って里芋のような
うんこをする児童と覚えるのだ』
『童』という字の覚え方が記されていたが、
逆にわかりにくいぞ・・・。


『山本君から、
おもしろいうんこのやり方を教えてもらった』
息子が山本君のようになったら、どうしよう。


『うんこのスピードだけは君に負けたくない』
他、全部負けてるのだな・・・。


『今日のうんこは愛知県の形に似ている』
明日は三重県の形で頼む。


『どうして歯ブラシにうんこを付けているんだ』
まさか・・・使うのか。


『歯にうんこがつまったので歯科に行った』
ほれ、言わんこっちゃない。
 

『時々、うんこにも
命があるのかもと考えてしまう』
うんこドリル内では、
命あるものとしてリスペクトされている。


『うんこの中に血管は通っていない』
血が通った存在ではなかった・・・現実。


珍しく、日常会話でも使いそう!


『おかしなうんこが出たので、
医者にみてもらおう』
急に深刻!
 
 
『うんこが1日1回出るというだけで幸福だ』
当たり前の毎日に感謝! 

 
『君がかき混ぜているのは
納豆ではなく、僕のうんこだ』
衝撃のカミングアウト・・・!


『君がはしでつまんでいるのは、
大豆ではなく僕のうんこだ』
狸と狐の化かし合いである。


『君が球根だと思って埋めているものは、
僕のうんこである』
もう何を信じたらいいのか・・・。


『おばあちゃんが
僕のうんこを鉢に植えてくれた』
ソレとわかっていて使いこなす、
そういう人に私はなりたい。


『この薬を飲むと、
うんこがエメラルド色になるそうだ』
飲むと体臭&排泄物の香りが
バラになるというサプリがあったので、
色の変化くらい容易いかもしれぬ。


『石油王とうんこ王は
どちらがお金持ちなのだろう』
答えが明確すぎるため、
逆にひっかっけ問題ではないかと勘ぐる。
 

『ぼくの体内にうんこが宿っている』
カッコいい・・・まるで勇者なセリフ!
はっ、私の体内にも宿ってるわ。


『うんこの話ができるうちは平和だと、父が真剣な顔で言った』
・・・そうなのだ。
こんな本が発売されている日本、
読んで喜ぶ私・・・平和しかない。


52D84946-487D-42B2-B5FA-051B13BE210E

久々に買ってしまった・・・。
最近のうんこドリルは進化してます。





【↓他のシリーズも】


 

日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学3年生 [ 文響社(編集) ]
日本一楽しい漢字ドリル うんこ漢字ドリル 小学3年生 [ 文響社(編集) ]


【インスタはこちら】
33D513CE-50E0-495A-B832-4030F74FE7EA


愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】