本日は読者のA子さん(アラサー)から
お便りをいただきました!ありがとうございます!


『私の悩みを聞いてください。

周りの既婚者の方からの
アドバイスが押し付けのように
感じてしょうがないことです。

彼氏も3年ほどおりませんでしたが
婚活を開始し、彼氏ができました。

彼氏は婚活パーティで知り合い、
私もパーティでの出会いに不安があったり、
人と付き合うというのが久しぶりで

結婚の話というのはできていませんが、
うまくいけば結婚したいなと思っており、

現在の付き合いとしては
順調にいっていると思います。(交際半年)

(念のため、合コンや紹介はしてもらうようにしています。)

私にしばらく浮いた話がなかったため、
彼氏が出来たという報告に周りも喜んでくれました。

すると「結婚するの?」
という質問ももれなく受けます。

私の思いを打ち明けると周りは、

「まだ結婚の話をしていないの?なんで?」
「そんな話をできないなんて、別れた方がいい。」

など、様々なバッシング?をうけ、
常にストレスを感じます。

結婚しても離婚する確率や仮面夫婦となる
確率はそれぞれ3割ずついると言われている中、

そのような意見を言ってくる既婚者達も
離婚危機を何度も迎えているので
すんなり受け入れられない自分がいます。

でも、じゃぁ、逆の立場で、

「夫婦仲悪いのに何で離婚しないんですか?」

と言われたらどう思うでしょうか。

私はもちろんそんな事言いませんが、
やってる事ってそれと同じくらい
デリカシーないことのように思えるんです。

だいたい、そのような意見をいう人は
言い方もキツイです。

飲んだ席だとより語気も強くなり
一種のパワハラだなと感じます。

三重県さんの意見はどうでしょうか?

この問題をうまく切り抜けれる
対処方法があれば教えていただきたいです』

354D209B-44BC-4480-904A-A2EAC903EC2C

友人B子は病んでいた。
彼氏が結婚してくれないと言うのだ。

『どうしたらいいと思う!?』

周りの人間に聞き回っていた。

明らかに妙な関係だったので、
彼女の恋を応援する者は皆無。

現実には薄々気付いてはいるが
背中を押してくれる人を探すが如く、
友達という友達に相談を続けるB子。

人の意見を取り入れる気はゼロで、
恋は何年も膠着状態が続く。

・・・ある日、事件が起こったのだ。

最も相談を受けていた女たちが
『B子大丈夫?その後どうなった?』
進捗を何気なく尋ねた瞬間・・・、

『放っておいてよっ!!!』

急に怒号をあげたB子。
穏やかな彼女が激昂し、一同、唖然。 
(彼氏があまりに煮え切らず、ストレスMAXだったそうな) 

・・・前置きが長くなったのだが、

『自分から』相談をしてくる女ですら、
人の意見を疎ましく感じるものだ・・・。

相談者A子さんのように
求めていない者にアドバイスするのは
難易度が高すぎる・・・!

FC049B81-61B7-42A8-8CD9-47074FECB898

『独身は楽しそうでいいな〜』的な
社交辞令を既婚の友人からもらい、
 
婚活時代の私は
尖ったナイフよろしく荒れた・・・。 

婚活女子には豆腐メンタル期があり、
ちょいとつついただけでガラガラと崩れ去る。

全人種のなかでも
超・特級クラスに気を使わねばならんのだ。 

地獄の婚活を駆け抜けた女たちは
豆腐の扱いに非常に慣れており、

これ以上はやめておくか・・・
と引っ込めるタイミングに長けている。

湿度、空気、表情を肌で感じる姿、
まるでベテランのパン職人。

まだまだ私も
修行が必要だと感じさせられる。

相談者A子さんもパン職人系の
友人とだけ付き合っていくか、

『放っておいてくれ!』と切れキャラを演じ、
周りを黙らせるのもひとつの手。