このブログに辿り着いた人が
検索していたワードをご紹介します!


『天然女』
一体、何を調べたいのだろうか・・・。


『本物の天然女子』
『天然 見分け 女子』

・・・なるほど!魚と同じか。
養殖か天然かを知りたかったのね。


『美魔女 元彼 見返す』
やめておきなされ、
もう大人なのだから。


お前、美魔女になったな!復縁しようぜ!
(もしくは、美魔女になりやがって!俺、惜しいことをした!)
なんて男でいいのかね。


『美魔女nu-do』
落着いて変換してくれー


『友達の婚約指輪 自慢された』
聞いてやってくれ、
今夜の夕飯でも考えながら。


『俺は、医者だ』
・・・そうか。




『タワーマンションのパーティ チャラ』
検索の途中であったのだろう。カタカナ多め。


『タワーマンションのパーティ チャラい』
恐らく同じ人物がきちんと入力し直したようだ。
結果は変わらず、このブログに到着という悲劇。


『いい人の裏の顔』
もはやいい人ではなく
『いい人』の顔が裏の顔では。


『田舎のヤンキーでも婚活するのか』
私の故郷のヤンキーに限ってはしていない。
『婚活』という言葉ができる頃には、
2度目の結婚をしていた。
彼らは恋愛と結婚の天才である。


『立ち上がれ女性』
政党かい。


『結婚願望のない男性 時間の無駄』
丸め込むことも含め、婚活となる。


『名前覚えてくれ 異性』
では、存在感出してくれ。


『独り身が身にしみる』
色々思い出して、切なくなった。
特に11月から年末にかけてしみた・・・。


『不自然な服の破れ』
他人の傷の手当てのために、
破ったのかもしれない。


『既婚者 黙って合コン』
婚活界にはびこる害虫である。
成敗したい。


『デート斜めがけ男性』
両手が塞がっていては、
あなたを守れないではないか。
ナイトの装備である。


『婚活で男が足りない』
地上の人口と婚活界の人口が違うなんて・・・!


『蛾の知能』
蛾が肩に留まったことにより
『がーさん』と呼ばれ続けた友人がいる。
一度の着地が命取り。


『会社に 赤ちゃん 連れてくる』
地味に永遠のテーマである・・・。
赤ちゃんほど無理やりに
構わないといけない生き物はいない。


『どこで男性と出会えますか』
友人がいなくても
ネットやパーティもあるから、
出会うには問題ない。


『結婚したい』 『苦しい』

シンプルながら心に響いた。


 『サフランと間違えてソフラン』

確かに似ているー!笑


『お見合いまともな人』
『まともな男がいない』

昔、伝説のクソゲーと呼ばれた
RPGがあったのだが
最初の職業が『ふつうびと』であった。
スタート地点にすら立てない者が多いのだな。


『婚約指輪 買い直して』

そんなことをして、
婚約者にヘソを曲げられたら恐怖。
婚姻届に危険が及ぶのは困る。


またご紹介する〜

 

愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】