友人A子(アラフォー)と茶をしていたら、
こんな要望が飛び出した。


『ねぇ、私をプロデュースしてよー!』


プロデュース・・秋元康プレイかい。
どうやら彼氏が欲しいのだそうな。


彼女はNOと言えない性格で、
超・肉食女子。


弱めな私とは住む世界が違う。


詳しくヒアリングしてみると
どうやら結婚を考えられる、
真面目な付き合いをしたいそうだ。



『あ、でも結婚はまだ、しなくてもいいや!』


 
大事なことを言い忘れたように、
付け足す彼女。


その心配はいらん。
 

結婚はしたいと強く願ったところで
簡単にはできないから大丈夫。

 
まだしたくないアピールを
相手にする必要はないと告げた。


やけに聞き分けのいい彼女は
紙ナプキンにメモを取り出した。
 

恋愛の助言は全くできぬが
いかに出会いを探していくか、
作戦を細かく立てた。


CB70F9F9-E365-42A9-B3EE-8A2EAA73F283


加えて、ダラダラ続くセ⚫レを切ること。
肉食が過ぎるので、少し落ち着いてみること。


付き合うことを重く捉えすぎているので、
つべこべ言わずに「まず」付き合ってみること。
(3人から交際を申し込まれている様子)


何てことはない、
並以下のコメントをした。


しかしメモを取る手は真剣そのもの。


『自分でやると決めると、
人の話ってスッと入ってくるよねー!
今まで周りに言われたって、
なーんにも響かなかったもの!』
 
 
・・・すまん、
大したこと何も言ってないがー。

 
自分のヤル気がないと、
他人の意見はただの雑音。
相談しているフリで、
ただ話を聞いて欲しいだけ。(女子の相談に多い)


あまりにも彼女のエネルギーが
激しいので釘を刺した。

 
『あくまでも私の意見だから、
鵜呑みにしないでくれ・・・』


我々は人種が違う、 
狩りの手法は同じとは限らぬ。
 

時すでに遅く、
燃えたぎった目はキラキラ。

 
『なんだか私、結婚したくなった!
よし、1年で決めるわ!』


いかん、情熱が大爆発である。

 
先ほどまで結婚はまだ
したくないと言っていたのは誰だー。


もう止まらないので放っておこう、
元気があれば何でもできる・・・。
 

更に彼女
周りの友人にも宣言しまくったようで、

 
『彼氏を作る!1年で結婚する!』


人に発表することで、
信念を確固たるものにした。


言葉通り、一年ほどで
相手を見つけて結婚・・・!


ーーー


後日談ですー。
先週、彼女とランチをしました。


家賃などの金策に追われ、
派手な飲み会に時間を取られ、
日々がパンパンだった独身時代。
ギラギラしていた。


今は自分がやりたいことだけを追求する
幸せな時間を過ごしているとのこと。
キラキラしていた。