『私、男を見る目に自信がない・・・』
友人がボヤいていた。


致命的な欠点はないものの、
この男性でいいのか・・・?
迷えるアラサー婚活女子である。


ここで口を開いたのがA子(アラフォー)。
 『私に会わせてよ!15分話せばわかるから!』


 


15分・・・!


そんな短時間で何がわかると思うが、
思えば最初の15分で得られる情報は大きい。


就活の面接だって、
同じくらいの時間だな。

 
それ以上話しても、
評価は変わらないのだろう。


15分間イマイチな印象の人物が
30分話して覆ることは稀だと聞く。


恋愛でも同じ現象が起こる。
最初の印象が案外、
当たっていることがある。 


『そう言えば、出会った時からあんな人だったわ・・』


別れた後に、
自分と合わなかった要因に気付いたりする。
どこかでシグナルが出ていたようだ。


例えは少々違うのだが、
食べ歩きをライフワークとしている男友達がいる。


高級店からB級グルメまで網羅。


彼が美味しい店を評する際に、
必ず言うセリフがこちら。


『違和感がない』


料理が美味いだの、サービスがいいだの、
そんな細かいことは一切なし。


食事中に僅かでも
引っかかることがない。


結果、気持ちよく食事ができるそうな。


確かに、これ美味しいな〜と思っても
接客が微妙だ、胃もたれする(これは自分が悪いか)
など探せば多少の問題点は出てくる。


ところが一流のものには
『違和感がない』 のだ。


このセリフが我が家で大流行し、
美味しいモノに出会うと
『違和感がない』と評するようになった。


最高の賛辞である。


さて、冒頭の15分話せばわかる!と言ったA子。
彼女は人格者の男性と結婚している。


旦那さんのどこが好きなの?と聞かれると、
いつもこのように答えている。


『嫌なところが本当にないの。
こんな性格の人間になりたい!と私が思うくらい』


おお・・・これは、
人間版『違和感がない』ではないか。


引っかかる部分、ゼロ。
最高の賛辞・・・!
 

 


恋愛と結婚の違いを無理やり探すならば、
この違和感の有無ではなろうか。


恋愛ならば、顔が、体の相性が、財力が・・・!
強烈に惹かれる1項目だけあれば、しばらく楽しい。


結婚となると大切なのが
違和感がないこと。
(※細かい短所は除く)


トキメキは一瞬の花火、
違和感がないは一生の宝。
 

彼らはわかりやすい派手さを
持ち合わせていることは稀で、
『トキめかない』と見過ごされることも。


ひっそりと人間界に紛れ込んでいるので、
見つかり次第、捕獲されて消えていくのだ。