『おしゃれは細部に宿る』


ファッション誌などで
よく見かけるフレーズである。


 
この言葉を間に受けてはならない。
意外に深い意味が隠されていたのだ・・・。
 
 
明らかに健康を害しているだろう、
過度に肥満した同僚がいた。
 
 

ところが彼女、
お洒落へのこだわりは人一倍。

ブランド物の服、靴、小物・・・。

 
そのお金をライザップに投下すれば、
健康体が手に入るのに・・・!
とは誰も言えなかった。

 
ネイルもいつも美しく施している。
まさに細部までこだわった美なのだ。
 
 

ところが総表面積から算出すると、

爪10本の割合など宇宙のチリに等しい。

 
人間は面積の大きなものから
順番に目に入る。

 
どんどん細部が判明していて、
最終的に爪が目に飛び込んでくる。
 
 

 
 

私は大昔、
エステで働いていたことがある。

ボディに脱毛、何でもアリの店だ。

 
そこも過度な肥満のせいで、
健康状態が心配なお客で溢れていた。

 
彼女たちは痩身コースに通っていたが、
脱毛も同時に行っていた。
 
 
『私、この毛が本当に許せないんです!
見てください、汚いでしょ!?』

 

裸体でベッドに転がる彼女が、

腕を上げて脇を晒している。
 
 
毛抜きでも処理できるくらいの
薄ーい脇毛がチラリ。
 
 

よーく見ないと見えないレベル、

これも細部までこだわった美。
 
 
この小さな毛を許せない感覚を持ちながら、
本体のサイズに心配はないのか!?
 
 
・・・とは、
口が裂けても言えぬ。(お客)
 
 
 
 
『細部に宿る美』問題、

婚活界でも同じ現象が起きやすい。


 

うまくいかない一番の問題は、
コミュニケーション能力が低いことだと仮定する。

 
それには気付かずに(蓋をして)、
やれネイルだ、前髪の長さだと
小さな項目の得点上げに奮闘しがち。
 
 
大きな部分から整えていったほうが
自分にとってもお得で、
時短&省エネとなるはず。


モノには順序というものがあった。

 

【サブブログ】育児編はこちらです↓↓
8EAF5E37-503D-47B4-9522-625E55E223EF


【愛用品シリーズはこちらにまとめてあります♪】





【書籍情報】